こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

比較級について

My brother has ( ) good books than I.

1.much more
2.many more

という穴埋め問題なのですが、比較級を強調するのはmuchだから1としたのですが正答は2でした。解説には「比較級の前には差を表す名詞を置くことができ、manyはその名詞の役割を果たしている。(この名詞は副詞的に機能している「副詞的対格」)したがって答えは2。」とありました。これに関する例文も載っていて副詞的対格の理解は出来たのですが、ではなぜ1は誤答になるのでしょうか?4択ですからより良いものではなく、一つが正答でそれ以外は何かしらの間違いがあるはずですが、1についてはどこがダメなのか分かりません。アドバイスよろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-09-04 21:44:03

QNo.988802

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.3の者です。

補足でおっしゃっている「more自体がmanyの比較級として機能しているから、muchは単独でmoreのみを強めると考えてはダメなのか? 」ということですが、

My brother has much more good books than I.

(もしこの文が正しいとして)この文に関して、「muchは単独でmoreのみを強める」と言いたいのですよね?でも、この文ではそれは無理なのでは?

moreは、ここでは「many books」という固まりの一部なので、やっぱり「books」(可算名詞)のことも考えてやらないといけないのでは?

だからmoreだけにmuchをかけたい!というのは、この文では無理かと思いますが。

"He knew much more than me"

こういう文であれば、「muchは単独でmoreのみを強める」と言えるかとは思いますが、、、。

なんだか説得力のない説明ですみません。
その前に、話がずれていたらごめんなさい。

投稿日時 - 2004-09-06 16:51:06

お礼

納得できました!
確かにおっしゃるとおりです。文法ルールのみにとらわれて他の語の関連を甘く見ていました...ありがとうございます!

投稿日時 - 2004-09-06 21:45:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

#2の69gouです。

much moreで「よりよい」と言う意味でなぜいけないのか?ということですね。

その場合は
My brotherとIの持っている数を比較しているのではなく、bookの内容の比較ですから、
 
 My brother has much more good books than
 mines.

となると思いますが・・・

投稿日時 - 2004-09-06 14:34:48

お礼

「よりよい」という意味ではなくmoreを強めた(くどく言えば「もっともっと多くの」)という意味にならないのか?ということでした。質問の意図が伝わりにくく申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2004-09-06 21:43:15

ANo.3

こんにちは。
文法書によると、どうやらrockman9さんが言われている「比較級を強調するmuch」のmuchと、この問題の「1.much more」のmuchは、ちょっと違うようです。下の説明をどうぞ。


◎比較級を修飾する語句
(1)比較級の前につけて、強調したり程度を表す語句
much, far, by far, far and awayなど

(2)many[much]more+名詞
 「ずっと多くの~」の意では「many more+複数名詞」、「much more +不可算名詞」の形をとる。この場合のmany、muchは「多さの程度」を示す。

だそうです。
わたしも勉強になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-09-05 00:20:30

補足

muchがbooksにかかるのではなく、muchがmoreを強めるとしてはどこが間違いなのでしょうか?more自体がmanyの比較級(可算名詞に使う)として機能していますから、muchは単独でmoreのみを強めると考えてはダメなのでしょうか?

投稿日時 - 2004-09-06 13:01:18

ANo.2

rockman9さん、ずいぶんむずかしく英語の勉強してるんですね。

>比較級を強調するのはmuchだから
とおもってらっしゃるようですが、もっと簡単に

「more=もっと」
そしてmanyもmuchも「多く」です。

使い分けは
manyは数を数えることのできないものを比較
muchは数を数えることのできるものを比較

ということだけです。

「tree,pen,dog,bird」の数を比較するならmany
「happy,sad,far,heavy」の程度を比較するならmuch

ということですね。
今回はbookという、数えることのできるものの比較ですから、manyでないといけません。

投稿日時 - 2004-09-04 22:11:32

補足

可算名詞・不可算名詞については分かっております。ではmuchがbooksにかかるのではなく、muchがmoreを強めるとしてはどこが間違いなのでしょうか?more自体がmanyの比較級(可算名詞に使う)として機能していますから、muchは単独でmoreのみを強めると考えてはダメなのでしょうか?

投稿日時 - 2004-09-06 12:58:21

ANo.1

「many」は可算名詞の前に,「much」は不可算名詞の前につきます。

booksは可算名詞ですので「many」が正解になります。

参考URL:http://www.eigodaigaku.com/archives/000035.html

投稿日時 - 2004-09-04 21:48:46

補足

はい。それについてはもちろん分かっております。
manyがbooksにかかるのではなく、muchがmoreを強めるとしてはどこが間違いなのでしょうか?more自体がmanyの比較級(可算名詞に使う)として機能しいますから、muchは単独でmoreのみを強めると考えてはダメなのでしょうか?

投稿日時 - 2004-09-06 12:51:36

お礼

すみません。補足の中に間違えがありました。「manyがbooksにかかるのではなく…」→「moreがbooksにかかるのではなく…」です。

投稿日時 - 2004-09-06 13:00:53