こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

接続した新しいwi-fiにリスク検出の表示が!

今までバッファローのルーターを使用していました(スマホにも入れています)。スマホに入れているウィルスバスターに使用しているwi-fiにリスクが検出されました、との表示が出ました。同じwi-fiを使用しているPCにも不具合が出たため今回エレコムの製品に交換しました。
が、やはりスマホのウィルスバスターに、使用しているwi-fiにリスクが検出されました、と表示されます。
ちゃんと接続したのにどうしてなんでしょうか?

※OKWAVEより補足:「エレコム株式会社の製品」についての質問です。

投稿日時 - 2020-08-06 16:34:04

QNo.9781920

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ウイルスバスターモバイル(Android):Wi-Fi接続の安全性チェック
https://helpcenter.trendmicro.com/ja-jp/article/TMKA-20072/
を見ると、
・暗号化されていない
・暗号化設定が弱い
などの場合に検出されるようです

質問者様が、新旧のルーターにおいて、
どのような暗号化設定で運用されていたか不明ですが、
たとえば新ルーターを、WPSボタンなどで設定して、
特に管理画面から暗号化設定を変えていないのであれば、

お使いのウィルスバスターのバージョン
(定義ファイルではなくて、ソフトウェアじたい)が古い可能性があります。
古いウィルスバスターですと、本来、十分な強度があるにもかかわらず、Wi-Fiの暗号化が弱いと誤検知するケースがあるようです。

ウイルスバスター モバイル (Android) の「Wi-Fi接続の安全性チェック」で安全なWi-Fiが検出される
https://helpcenter.trendmicro.com/ja-jp/article/TMKA-09653

なので、もともとのBuffalo社のルーターでよかったと考えられます。
個人的にはルーターはBuffaloかNECを推奨します。
※当然、ファームウェア(本体の制御プログラム)は最新に更新してください。

新旧ルーターの型番が不明ですが、
中継器や子機として使える機種であれば、
スペックが上位のモデルを親機に、
下位のものを子機にして、テレビやレコーダーなどの
有線LANのみの機器をネットにつないだり、
または中継器にして活用されるとよいと思います。

投稿日時 - 2020-08-06 22:23:15

お礼

ありがとうございました。
なんとか解決致しました。

投稿日時 - 2020-08-23 16:48:06

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

私は、エレコムの関係者ではありません。
M-05 さんのこの質問は、下記の参加企業の質問サイトからですね。
https://okbizcs.okwave.jp/
この質問が、M-05 さんの操作により、エレコムの質問サイトの中にあるQ&Aコュニティー「OKBiz」から、外部の質問サイトの「OK WAVE」にも接続・表示・公開されました。
Q&Aコュニティー「OKBiz」には、外部の質問サイトへ接続という表示が無いし、また、この回答は、エレコムのサポート担当などからの回答ではありませんので、誤解されませんようお願いします。
「OK WAVE」とは、世界中のインターネットから、誰でも閲覧・投稿が出来る一般に公開された質問サイトです。
私の回答は「OK WAVE」からです。




可能性の一つとしての回答です。

最近のセキュリティ対策ソフトは、WiFi無線機器に設定の、「パスワード設定」の有無と、「暗号化方式」のレベルも見ている様です。

パスワードの設定は当然しているでしょうから、もしかして、暗号化方式のレベルで、WiFi無線の暗号化の方式で、暗号化を「設定していない」とか、「低レベル」のものを設定していませんか?


● 暗号化を「設定していない」なら、暗号化を設定しましょう。

● 暗号化が低レベルなら、高レベルの方式に設定をしましょう。

暗号化方式の一覧です。
https://eset-info.canon-its.jp/malware_info/special/detail/200227.html

↓ 暗号化方式の記号の説明に、混乱しないように。

最近のWiFi無線機器には、暗号化方式にはレベルが一番高い「WPA2-PSK/AES」の機能もあります。
機器によっては、2番目のレベルの「WPA-PSK/AES」と、前記の自動一番高いレベルとの「自動切り替え」になる機器もあります。

したがって、再下位レベルの「WEP」に設定していたら、設定方法を変更しのしょう。

2~3年前に、暗号化方式「WEP」で、暗号化が破られたとのニュースがありました。

WiFi無線に接続している子機(PC/スマホ/タブレット/アイパツド/ゲーム機/プリンタ 等々)の製造年代によっては、暗号化方式が設定出来なかったり、また、暗号化方式が「WEP」だけで、他の高レベルの暗号化方式に対応していない場合です。
ルータのESSID(SSID/無線ネットワーク名)は、複数あるはずです。
そのSSIDごとに、使用目的や、暗号化方式がも設定できるはずです。

SSIDの使用目的別とは、通常接続用、訪問客・ゲスト用の一時的な使用、キッズ・子供用の各種制限が可能、製造年によって高レベルの暗号化設定に対応していない、等々。

WiFi無線に接続している子機がどの様な暗号化に対応して稲化によって、SSIDの使用目的別に接続設定をしてみましょう。


セキュリティ対策ソフトがから出る警告が、暗号化設定レベルではなかったら、私の回答は無視してください。

投稿日時 - 2020-08-06 17:27:10

ANo.1

ウイルスバスターをいったん削除して、再度インストールしなおしてみてはいかがでしょうか。
一時期、誤検知するバージョンが出回ったことがあるみたいです。

投稿日時 - 2020-08-06 17:26:06

あなたにオススメの質問