こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

キリスト史観が成ったんだって!  おおーい! 

0. 経験合理性から飛躍した思惟があることをお断わりします。

§1. イエス・キリストは モーセやアブラハムより先にいた。

1. 聖書記者の述べるには こうです。
▲ (ヨハネによる福音 1:1-5 ) ~~~~~~~~~~~
http://bible.salterrae.net/kougo/html/john.html

はじめに ことばがあった。
ことばは かみとともにあった。
ことばは かみであった。
このことばは はじめにかみとともにあった。
すべてのものは ことばによって成った。
成ったもので ことばによらずに成ったものは何ひとつなかった。
ことばの内に いのちがあった。
いのちは 人を照らすひかりであった。
ひかりは 暗闇のなかでかがやいている。
くらやみは ひかりをとらえ得なかった。

▲ (マタイによる福音書 13:16-17) ~~~~~~~~~~
http://bible.salterrae.net/kougo/html/matthew.html

イエスは言った。
《・・・
しかし あなたがたの目は見ているから幸いだ。
あなたがたの耳は聞いているから幸いだ。
はっきり言っておく。
多くの預言者や正しい人たちは
あなたがたが見ているものを見たかったが
見ることができず
あなたがたが聞いているものを聞きたかったが
聞けなかったのである》。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
2. ヨハネのほうは キリスト・イエスについて語っており マタイのほうはイエスがみづから語った言葉です。これにしたがうと イエスは キリストなる神(《ことばである神の子》)として モーセやアブラハム(《多くの預言者や正しい人たち》)よりも前にいたことになります。
 
3. その正否をうんぬんする前に すべては表現の問題であるというようなかたちです。その表現の歴史としてでも 世界は動いて来たというひとつの主題です。

§2 イエス・キリストを俟ちのぞみつづけた歴史

4. アブラハムは 七十歳をすぎているのに この神から――あたかもお告げがあるかのように――《故郷の地を去って 行きなさい》と言われ そのようにしました。

5. その子孫としてモーセは その神に名を尋ねたとき

   《〈わたしはある〉 それが わたしである》
    (エフィエー アシェル エフィエー。)
             (出エジプト記 3:14 )

という答えを得たと言います。
 

6. さらにそのあと 伝えによると ダヰデという人は或る日

   《きょう わたしは おまえを生んだ》(詩編 2:7 )

という言葉を その神から聞いたそうです。
 
7. イザヤという人に到っては 《主なる霊が わたしに臨んだ》と表現する歴史に到りました。

   これは主がわたしに油を注いで 
   貧しい者に福音を宣べ伝えることをゆだね 
   わたしを遣わして心の傷める者をいやし 
   捕らわれ人に放免を告げ・・・(中略)・・・るためである。
              (イザヤ書 61:1-3 )

§3 俟ち望まれたキリスト・イエスの登場。

8. その後 時は飛んで――アブラハムから二千年でしょうか――イエスという人が出たというわけです。

9. イエスが 《自分の育ったナザレに来て いつものとおり安息日に会堂に入り 聖書を朗読しようとして立ち上がった》時のことです。
   
   すると 預言者イザヤの巻き物を渡され 開くと次のように書い
   てある箇所が目に留まった。

     主の霊がわたしに臨み
     油をわたしに塗った。
     主がわたしを遣わしたのは
     貧しい人に福音を伝え
     捕らわれ人に解放を・・・告げ知らせるためである。
         (つまり イザヤ書 61:1-2)

   イエスは巻き物を巻き 係りの者に返して席に坐った。会堂の人
   びとは皆 イエスに目を注いでいた。そこでイエスは 

    ――この聖書のことばは 今日 耳を傾けているあなたたちに
      実現した。

   と話し始めた。
        (ルカによる福音4:17-21)


10. このとき――さらには十字架上に去って行ったそのときに――言わばキリスト史観が完成したと思われます。

§4 神と人間との関係の歴史が――人間のことばによる表現上――ここまで 及んだのだと捉えられます。
 
11. それは まるで千年も二千年もの時間をかけて あたかもことばをもてあそぶかのように。

12. そして もし成就したのなら キリスト史観は もうそのイエスまでだと考えられます。あとは 余韻のみではないかと。

13. キリスト史観から オシへを取り出し掲げる神観ないし神学をみちびくのではなく――ましてや その考えるべきオシへを 何を錯乱したか 無条件で受け容れなさい(つまり 信じなさい)と説く組織宗教をでは断じてなく―― 哲学としての神論ないし人間論をかたちづくりたい。

§5 キリスト史観は 理論としては 存在論である。

14. 《存在》――《わたしは ある(エフィエー。 I am. )》――をめぐる理論としては この命題で 完成だと言ってよいのではないでしょうか。

15. 《わたしはわたしである》という自己到来とその――そこから逸れたときにはわれに還るところの――自己還帰すなわち 自己(存在の数として一(いち))の自乗(冪)を繰り返す生活動態。(1^n=1)。


§6 アブラハムやモーセや ダヰデやイザヤらは このイエスの登場を待っていたと どうして言えるのか?

16. むしろイエスの退場の仕方に焦点が当てられる。
 
(あ) イエスは磔にされたまま 人間として去って行った。その意味は もし《神の子なら そこから降りて来てみろ》とあざける声を承けて神として十字架から降りて来ていたなら それは神の力による奇蹟であろう。だから そんなことは 人間には出来っこないと人びとは思ってしまう。

(い)  けれども人間としてだけではなく 神として去った。その意味は もし人間としてだけならば それは単なるひとりの殊勝なしかも目立ちたがり屋の人間がやったことだ。で済んでしまう。

(う) つまりその暗闇の中でかがやく光は ただ人間のちからとしての道徳や信念やあるいは科学の光に終わってしまう。

(え) あるいはひとりの奇特なやからの一編のパーフォーマンス(芸術作品)だと見なされて終わってしまう。

(お) すなわち確かに闇を照らす理性の光あるいは感性の輝きとして世界を明るくしたかも知れないが そこまでである。闇そのものを晴らすことは出来ない。

(か) われらが心の底なる深い闇そのものに光をあて照らしただけではなくこれを晴らし イエスはみづからがキリストなる神として わが心の燈心に火をともすことを成した。

(き) それは 人間にできることではない。神・その霊のみがよく成し得る。と示した。

(く) しかもこれらすべては 大ウソである。一編の虚構である。

(け) この虚構が 虚構ゆえにも 世界史上ただひとつの特異点であり核反応である。


§7 ペテロや弟子たちも イエスが去って行ったあと初めてキリスト・イエスだと分かった。

17. 生前には――イエスは みづからが神の子であると自称さえしていたが―― ペテロらは 分からなかった。《虚構――イエスの大嘘――》を捉え得なかった。

18. なぜか?

▲ (出エジプト記 33:21-23) ~~~~~~~~~
更に、主は言われた。

  見よ、一つの場所がわたしの傍らにある。
  あなたはその岩のそばに立ちなさい。
  わが栄光が通り過ぎるとき、
  わたしはあなたをその岩の裂け目に入れ、
  わたしが通り過ぎるまで、
  わたしの手であなたを覆う。
  わたしが手を離すとき、
  あなたはわたしの後ろを見るが、
  わたしの顔は見えない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というふうに 生前のイエスについては 弟子たちの目は覆われており イエスの正体が分からなかった。死後やっと キリストの背面を見ることが出来た。《顔――真理そのもの――》は なお見えない。
 
 
§8 あらためて《表現の問題》という問題

19. というふうに 言わば《ことばの民》にとっては ことば・ことば・ことば・・・として歴史が推移すると捉えられているものと考えられます。
 
20. この虚構が なかなか捨てがたいようだと思われ 受け容れられたのでしょう。どこまで分かったのか・どう解釈されたかを別としても。

21. ことばを《実質である事の単なる端として捉え 言の葉としゃれて表わす民》にとっては このキリスト史観をどのようにあつかうのがよいか?

( a ) たぶん 辻褄は合っている。か。

( b ) 二千年四千年ものあいだ 語られたコトバを追って 人びとの歴史がいとなまれたと言われても こたえようがない。か。

22. 世界は このキリスト史観を受け容れたのだろうか? ユダヤは イエス・キリストをみとめていない。ヨーロッパ人は あらためてどのように受け容れたのか? 

23. ただしその実質的な内容は 人びとに元気をあたえること。人びとが元気になること これだけであると考えられる。俟ち伸びわびた史観が成就したのであるからには あとは すこやかさだけである。

投稿日時 - 2020-06-18 05:07:44

QNo.9762254

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

私は人類最悪の裏切り者。
仮面ライダー「最速の臆病者」だ。
卑怯な連中がこぞって私の裏切りをなじるのは実に愉快なんだよ。

投稿日時 - 2020-06-24 23:19:40

ANo.3

ここは学問研究の場として狂人のたまり場なので、他者の質問と無関係な喚き散らしを歓迎する伝統がある。
さてと「19世紀の宝石の姫様」これは、ミカエル。
長年係争したアンノウンコード リッチモンドスター「ひときわ輝く星」コイツを20世紀のキリスト役だと考えてきたんだけど、消息不明なところがある。
要点その1、
あぶりだした「ローマの白い羽」がパンツを脱がしたらラファエルだったという事実。長年の私闘の実行犯の領袖だ。どちらかというとこちらが20世紀の担当ではないかなあ。
要点その2
リッチモンドスターの確認には9.11が絡んでいる。
それは世麗美もかかわるからいらぬ勘違いをされたんだ。
ただし引き続き21世紀に入ってからのリッチモンドスターの仕事の一部を世麗美は肩代わりしていて、双子関係どころか、世麗美が産み落とした子供という買感覚がある。
要点その3
リッチモンドスターはガブリエルに相当しない。
なぜなら天使であることを放棄した「自称本物の宇宙人」であるからだ。
世麗美との類似項から推定して、常々から19世紀でキリスト教は終わった。
今のキリスト教徒は、実質的に宇宙人実在信仰を宗教化した宇宙人教だと考えている。

キリスト教が少しはマシな収まり方をするとなると、この天使による輪番制度回復に、実質的に「イエスの乳母」であるウリナルを名誉復権と絡めるといいだろうと、イエスがどうでもいいならウリナルもどうでもいいから無視して引き続きリッチモンドスターを見守っているけど、近親憎悪的な言い争いは今も起きるんだよね。ほぼ、人間存在である私は現在蚊帳の外で世麗美が交渉している。
ミカエルは、大切にせっする誠実な姿勢を評価してチラチラと気配を教えてくれるようになった。
ラファエルは捕虜同然なので、手厚く看護療養中。

投稿日時 - 2020-06-24 23:06:11

お礼

哲学ぢゃないよ。

投稿日時 - 2020-06-25 00:33:01

ANo.2

カントの英訳の単語を調べよとしたら
画面下の広告がnecとか例文がくれ時とカードだとか
営業力が高くナチ無理な感じ英たが、
変化といえば所業務上の仏教的な感じなのでしょうか。
自民党のもやウィンが進化論を誤用しているようで
ニュースになってm下が、

ところで、エヴァンゲリオンがgoodとエンジェル
伝令間dと減るメス
主田路と
亜種とレト
カーリーdと印度だ異種たるエステル時と黒い
レト=ルト=エステル=八魔
田路とは
金星ですからヒカキンも。セイキンも。
ゲーム実況者づ視まとめてしまったようです。

投稿日時 - 2020-06-22 23:39:48

ANo.1

加奈妹にも元ネタは有るのでしょうkれえどね。
生めば地層の誤変換は勉強になりました。これは驚きですね。

投稿日時 - 2020-06-18 23:15:59

あなたにオススメの質問