こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今のアメリカ大暴動

なんか、今日LINEニュースでアメリカで黒人の方が殺されて
大暴動になっているとなっていました。
殺した方は警察らしいのですが。
そもそも暴動をとめるためにやむなくではないのですか??
黒人とか関係なしに、暴動を起こしたから警察に取り押さえられる際に
誤って窒息させたとかでは??

過去にもこのようなことがあった気がするのですが。
なぜ今回のは警察署やパトカーに火をつけるレベルの大騒動になっているのでしょうか。

わかる方、教えてください。

投稿日時 - 2020-05-30 16:09:00

QNo.9755014

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ミネソタ州のミネアポリスで、白人警官が黒人容疑者に手錠をして拘束し、抵抗できないにも関わらず膝で黒人の首を圧迫し、黒人が息ができないと力なく訴えるのを聞かず首を圧迫しつづけ結果的に死にいたったと言う事件があり、それを周りにいた人がビデオに取ってインターネットに公開したのがきっかけです。他に3人警官がいたけれど止めなかった。インターネットでの騒ぎが大きくなると、ミネアポリス警察は即刻4人を解雇したのですが、罪が問われず抗議デモが暴動化しました。直接手を出した警官はその後、殺人罪で逮捕されたのですが他の3人は逮捕されていません。
抗議デモは全米各地に広がり、暴徒化した一部の人たちが街に火を放ったり小売店に押し入って強奪を働いたりすることになり、ミネアポリスでは州兵まで投入してデモ隊を鎮圧しようとし、また警官は催涙ガスなどを使って街に繰り出すデモ隊を暴力的に抑えようとしています。
アメリカのメディアでは、同時に起こった犯罪はともかくとして暴動そのものに同情的なものが多い様に思います。と言うのも、警官による無抵抗な黒人の殺害は後を立たず、トランプ政権になってからも同様の事件で"Blac Life Matters" (黒人の命は重要だ)と言うスローガンのデモが全米で起こっているし、多くの白人も参加しているのですが、その後も一向に治る気配がない中で今回の事件が起こったから。トランプも最初の段階では、FBIを使って事件を捜査させると宣言し、早期解決を促したのですが、その後暴徒化が拡がるとTwitterで、デモ隊を「悪党、略奪者」と決めつけ、「略奪すれば、撃つ」と武器を使って鎮圧することをほのめかしたため、Twitterの内部規定で、書き込みが暴力を助長するものだと言う注意書きをクリックしないと見れなくしたのですが、アメリカ市民の怒りを助長しています。
放火や強盗はもちろん許されるものではないのですが、本来犯罪を取締り市民の安全を守る警官に簡単に殺されてしまう人たちに取って、警察はもはや正義ではないとしたら国や社会に対してどう言う行動を取ったら良いのかと言う、非常に大きな問題だと思います。
ちなみに、この抗議デモには白人も多く参加していると言うことは見落としてはいけません。元々白人と黒人では社会的に差別、被差別の関係はあるし分断もされているけれど、お互い多くの友達もいます。それを今のアメリカの政治が分断しようとしていると言う事実も背景にあると思います。

投稿日時 - 2020-05-30 18:22:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

アメリカの悩める、社会構造が、生み出した構造ですね、貧富のさが、今の日本にも当てはまりますが、広がり、政治は昔の白人主義的な社会構造に、戻りつつあります、これは、トランプ政権になつてから、ひどくなつているし、アメリカの雄大、寛大な精神がもはやなくなっていると、思います、アメリカ大統領をトランプ氏を、選んだ時から、時代は逆戻すになつているかんじです、過去の成功者にすがつた、為に起こっている、出来事では無いかと思います、現代の成功者ではないと、思います、
ただ、各国にごり押し、無理押しつけ、アメリカオンリーを実行しているに、みえます、偉大なアメリカ大陸は今やみる影も無いように思われる、

投稿日時 - 2020-05-30 21:43:40

ANo.5

Wikipedia日本語版におそらく英語版の翻訳があるようですが、

偽札を使おうとした容疑がかかっていたジョージ・フロイドを警官が死に至らしめた事件です。フロイドは何度も息ができないことを訴え、様子を撮影して投稿した目撃者も警官に危険性を訴えていたにもかかわらず、8分以上も抑え続け、亡くなった後もなお押さえ続けていました。

事実関係の確認は難しいでしょうが、普通の人にとってはビデオから警官の過剰な行為は明らかです。
翌日、警官は解雇されましたが逮捕されませんでした。おそらくはその対応の悪さのせいで、暴動にまで発展。

投稿日時 - 2020-05-30 18:20:31

ANo.4

武漢ウイルス蔓延後アジア系の人だというだけで暴力を振るわれた事件もありました。必ずしも中国系とは限らないのですが、それでも差別の対象になるのでしょうね。こういうことが日常茶飯事なのがアメリカという国です。

投稿日時 - 2020-05-30 17:52:49

ANo.3

ミネソタ州ミネアポリスで白人警官デレックチョービンがジョージ・フロイド氏を偽札偽造の疑いで逮捕、手錠の後に道路でジョージ氏の喉元を膝で8分抑え続け窒息死させました。息ができないと訴える彼の姿をとらえた映像がネットで流れ、それが人種差別の不満に火をつけ暴動につながったものとみられます。白人警官はその後解雇、異例の早さで第3級殺人罪で起訴されました。誤って窒息させたのではなく、意図的にやったと人々の目に映ったのは無理もありません。手錠をかけられ丸腰の相手をわざわざ8分も膝で踏みつけるのは既に人権無視、殺意以外の何物でもないからです。コロナの経済不安や長年の警官の黒人に対する威圧的かつ差別的態度など、今まで鬱積していた問題が爆発するきっかけになっただけだと思います。

アメリカンドリームはもはや存在しないようです。ひどい格差社会の中で白人も貧しくなりました。裕福層はほんの一握り、それ以外はどんどん経済が悪化しているらしいです。コロナで更に貧しさが加速し不満爆発、人々の心も荒んでいるのかもしれません。まして銃社会ですからどうにもなりませんね。

投稿日時 - 2020-05-30 17:33:11

ANo.2

先進国の中でも、とくに、政治、経済、軍事、そして、自由という全ての分野に関して世界をリードしているアメリカ合衆国。

しかし、現実には、とある日の朝に一人の白人が、ただ、街角ですれ違っただけの黒人に銃口を向け射殺する。

彼が警察に拘束され、事件の動機を問われたときの答えが「鳥獣を駆除しただけだ。」。

先進国でありながら人種差別においては、今尚こうして肌の色だけで人間を差別し、現実の社会の中で自然なかたちで黒人を殺してしまう。

トランプを含めて、人種差別主義者にとっては、黒人など鳥獣に過ぎないという現実が、今も普通に社会に浸透している。

それが、アメリカの持つ一つの真実ですよ。

投稿日時 - 2020-05-30 16:28:38

ANo.1

黒人が死んだのは暴動の前です。

投稿日時 - 2020-05-30 16:25:31

あなたにオススメの質問