こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

verbとverbalの違いは?

動詞はverb
準動詞はverbal
となっているんですが、なぜ動詞の形容詞の形?のverbalが準動詞という意味になるのでしょうか?

投稿日時 - 2020-05-29 13:29:16

QNo.9754540

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 なぜ動詞の形容詞の形?のverbalが準動詞という意味になるのでしょうか?

 これは、verbalが名詞だからです。意味は下記などをご覧ください。
  https://eigo-box.jp/grammar/verbal/

 他の例で言えば、edible が下記のように「食べられる」という意味の形容詞と、「食料品」という名詞があるのと同じです。
https://eow.alc.co.jp/search?q=edible

投稿日時 - 2020-05-29 14:35:55

お礼

ありがとうございます
準動詞と動名詞と分詞の説明の記事面白かったです

投稿日時 - 2020-06-01 19:52:21

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

以下のとおりお答えします。

接尾辞-al は、「~に関する(こと)、~の性質の(もの)」という意味の「形容詞や名詞」をつくります。

それで、verb は、「動詞」そのもですが、verbal は、「動詞の性質のもの/動詞の性質を持つもの/動詞に準じるもの」、すなわち、「準動詞」となります。

verb と verbal を対にして使う場合、verb は「定形動詞」を意味し、verbal は「非定形動詞」を意味します。定形動詞は、簡単に言えば、「活用する動詞」で、非定形動詞は「活用しない動詞」です。

つまり、「準動詞」またの名「非定形動詞」とは、不定詞・分詞・動名詞を総称する名称です。

投稿日時 - 2020-05-29 23:58:51

お礼

ありがとうございます
定形動詞について調べました また新たな見方ができて面白いです

投稿日時 - 2020-06-02 10:54:44