こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

デカ盛りハンターという番組で

大食いメニューで有名という俵屋という店の主人がこれは食べきれないだろうというデカ盛りメニューを考案し、フードファイターに挑戦させて勝負のようなことをうやっているのですが、なぜこういった店はもっとぶっとんだことをやらないのでしょうか。

今どきのフードファイターは4キロ5キロは当たり前で、今回紹介されていたメニューもその程度でした。
これでは勝てるわけがありません。

私が考案するのは単純な勝負でいうなら、100キロの量を出すとか、めちゃくちゃまずい飯を出すとかがいいと思います。

他にも堅くて食べられるわけがないかつお節をまるまる1本入れるなどすればいいと思います。

なぜこういったことをやらないのでしょうか?

投稿日時 - 2020-05-22 21:11:09

QNo.9751879

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

絶対に食べられないというのは商品としても番組の企画としても成り立たないので
一般人ならほとんどの人が無理で大食い番組に出るような人なら食べれて
視聴者が見て面白いと思えるぐらいの量にする必要があります。

同じように激辛も絶対に食べれない辛さにしてしまうと商品として成り立たなくなります。
車ならマッハで走れる車や核に耐えれるような車を市販しても商売として成り立つような数が売れないのと同じです。

投稿日時 - 2020-05-23 09:07:22

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

「めちゃくちゃまずい飯を出す」
こんな事したら、客が来なくなるのが分かりませんかぁ??

投稿日時 - 2020-05-23 14:55:29

補足

紹介されているのは大食いで有名な店であり、味がそれなりに良いことはすでに証明されています。
番組だからといって、いや番組だからこそここでいたずら心を出してこうなったんだな、と理解するのが「真っ当な視聴者」です。

投稿日時 - 2020-05-23 15:25:35

ANo.5

結果食べられなかったのではなくって、

「こんなにたくさん食べられたのだ。」という成果を番組が

収めるにはかなりの量で かつ 食べられる量しかないでしょう?

投稿日時 - 2020-05-23 06:09:50

ANo.4

デカ盛りハンターという番組はちゃんと見たことがないのですが、最近デカ盛りを完食するような番組と言えば、有吉ゼミという番組があります。ギャル曽根とゲストを何人か並べて完食を目指すようになっていますが、あのギャル曽根でも完食時間は設定の1,2分前という綺麗に収まったような時間で終わります。

そこにヤラセがあるのかどうかは知りませんが、食べ切るにしてもいけるかどうかを視聴者がドキドキして見れるような設定は必要だと思います。食べ切れないやろ、と思われた時点で番組は面白さが何十分の一にもなりますし、おっとこれは強敵か?!と思わせる展開(間に意外な食べ物が挟まっているとか)があると興味をそそり、面白さが増します。

テレビ的には後者のように仕掛けがありつつ、食べ切れそうなギリギリの量を食べてもらうのが、一番いいという訳です。

投稿日時 - 2020-05-23 01:13:53

ANo.3

できるかできないかの境界線を彷徨うのがいいんですよ。アンパンマンもそうでしょ。大人になって、面白く無いのは勝つのが分かってしまうからです。

投稿日時 - 2020-05-22 22:44:15

ANo.2

お店は商売なので、儲からないと意味がない。
ぶっとんだメニューにすると
誰も挑戦しない。

お店としては、番組を宣伝に利用するのだから
いっぱい人が来るような仕掛けが必要。

ぶっとんだメニューには誰も興味がないのだから
僕にも完食できそうだ!
なんてことしないと、逆にお客さん減っちゃう。

投稿日時 - 2020-05-22 22:10:34

ANo.1

所詮は「やらせ」だからですよ。視聴者の多くは店主が度肝を抜かれるところを期待しているのですからフードファイターが負けてしまったら番組として成り立ちません。

投稿日時 - 2020-05-22 21:17:07

あなたにオススメの質問