こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

賃貸物件における方の収入証明に関して。

現在、法人登記されず、個人事業主(個人)の方から、賃貸物件の希望がありました。

そこで、本人(代表者)の前年度の所得を証明するには源泉徴収票以外にどのような書類がありますか?
公的機関等が発行できるものなど・・・

また、課税証明書って、収入の証明になりますか?

お詳しい方、教えてください!

投稿日時 - 2020-05-17 21:44:35

QNo.9749848

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

課税証明書が一番分かり易いでしょう。
住民票がある自治体から徴収される住民税の計算根拠となるので、前年の収入額が記載されています。
ただ、法人登記していない個人事業主の場合には、ここを誤魔化して課税額を下げていることが多いので、実収入とは乖離している場合があります。
しかし、賃貸の入居審査と言う事であれば、公的な証明は課税証明なので、入居させても大丈夫だと判断出来る収入以下なら断れば良いでしょう。

その他だと最低でも白色申告はしていると思うので、税務署の押印がある申告書の控えの写しでも良いと思います。
この場合は事業としての収入(売り上げ)が記載されているので、実際に入居される方の収入が幾らになるかまではわかりにくいかと思います。

投稿日時 - 2020-05-19 09:33:38

ANo.3

課税証明書というのは住民税が課税されていることを証明するもので住民税の課税額だけでなくその根拠となる所得額も記載されています。したがって所得の証明書として利用されているのです。
名称は「課税証明書」とは限りません。市町村ごとに発行するものですから市町村ごとにそれぞれの名称となっています。「非課税証明書」かもしれませんし「所得証明書」かもしれません。
なお,個人事業主の場合に他の書類で所得の証明として使えそうなものは,確定申告書の写しとか,納税通知書とかもあります。

投稿日時 - 2020-05-18 14:05:17

ANo.2

課税証明書
昨年1年間(昨年1/1~12/31まで)の所得に対して課税される住民税の総額を証明する書類になりますが、所得金額も記載されているため、所得証明書の役割も果たします。
前年の課税証明書は6月以降に発行されます。
5月までは前々年の課税証明になります

投稿日時 - 2020-05-18 03:45:40

ANo.1

普通には課税証明書を使います。

投稿日時 - 2020-05-17 22:34:31

補足

返信ありがとうございます。もう少し詳しく教えてくれませんか?

投稿日時 - 2020-05-17 23:48:59

あなたにオススメの質問