こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

全部事項証明書に地番が複数記載されている意味

法務局で土地の全部事項証明書を取得したところ、2筆の地番の記載がありました。
ひとつは田、もう一つは宅地と記載があります。

表題部の上には、所在と宅地の地番を合わせた所在地が記載されていますが、なぜ田の方は宅地と同じ不動産として登記されているのか、よく理解できません。

登記するときに、別々に登記せず、一つの不動産として登記したというだけのことでしょうか。また、田の部分が現実にどの土地であるか、分からないのですが、一つ不動産として登記されている場合、宅地と隣接した土地と考えて間違いないでしょうか。


素人のため基礎知識がなく、知識のある方にお伺いしたいです。

投稿日時 - 2020-05-16 11:21:33

QNo.9749224

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

詳しくは専門家でないとわからないと
思いますが

考えられるのは、田を宅地として使用するには
用途変更の特別な許可がいるはずです
一つの田として登記されている部分の
一部を宅地として使用し、登記して
残りの部分を、そのまま田として
残していると考えられます
そうであるならば、隣接地になります
田として登記されているなら
住宅・倉庫・駐車場などは作れません

投稿日時 - 2020-05-16 19:13:38

お礼

田の一部を宅地に変更している可能性が考えられるということですね。

よく見ると、面積が同じだったので、もしかすると田をすべて宅地に変更した履歴なのかもしれません。

いずれにせよ、隣接地もしくは同一の土地であることが分かれば安心です。
地番が全く違っているため、飛び地なのか不安だった次第です。

投稿日時 - 2020-05-16 23:42:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

現状、田んぼになっているのでしょうか。
造成した時点で、地目変更がなされ、住宅用地なら宅地に変えます。
https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/tochi/tochi_knowhow/chimoku/
公図の地番と現況を照らし合わせてみればわかると思いますが。
公図は法務局にいかなくとも、ネットでも請求できますし、土地のある役所の資産税課でも取ることができます。

投稿日時 - 2020-05-16 17:04:51

お礼

用途変更という観点がありませんでした。

面積が同じなので、過去に田として利用していて、用途変更して宅地として登記した履歴が残っているのかもしれません。(読み方分からず確証ないです。)

用途変更のこと、おしえていただきありがとうございます。

投稿日時 - 2020-05-16 23:38:41

あなたにオススメの質問