こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

折り返し階段に体形に合った手すりを付けたい

折り返し階段に手すりをつけようとしています。
すでに手すりが付いた階段を参考に上ってみましたが、特に違和感なく登れました。
手すりの取り付けパターンは写真のようになっていました。

しかし、下るときは、手すりに手が届いたり届かなくなったりして、手すりとしての働きが出来ていないと感じました。
我が家に手すりをつける時は、手が届かないところが発生しないように、もう少し高く付けてほしいと業者に相談したところ、写真の赤丸の部分にブラケットを追加して高さを細かく設定しないといけないと言われました。

ブラケットを追加すると標準仕様ではないので高くなるそうです。

質問1
ブラケットを追加しないと、本当に適切な高さに出来ないのか?
ブラケットを追加しなくても、それが標準なら適切な高さに出来るのではないか、私としては、手が届かないところが生じないようにしたいだけなのです。
下りを優先したくて、登りの高さに違和感があってもそれは犠牲にしようと考えています。

質問2
ブラケットを追加すれば適切な高さになるのか?
当然、追加しただけの改善は見込めますが、それでも高すぎたり低すぎたりしてしまうものでしょうか?
業者いわく、私の希望を満たすには、手すりを階段状に細かく折り曲げないとできないと冗談でいっていました。

投稿日時 - 2020-05-10 05:24:39

QNo.9746584

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

手すりを補助具にして階段を昇降するのなら、昇りと下りの手すりが必要です。
下りは高めの位置に設置します。
2段構えの手すりになります。

投稿日時 - 2020-05-10 10:29:53

お礼

回答ありがとうございます。
2段が必要なのですね。

投稿日時 - 2020-05-10 13:42:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

直線になっているところを折れ線にする(真ん中を少し上げる)だけ。
別にいらないと思います。
同じ状態で 高さを上げるだけでいいと思います。

投稿日時 - 2020-05-10 15:21:27

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2020-05-12 02:37:51

ANo.5

赤丸のところだけ というのが意味不明。
建売住宅で 同じ設計の家を量産しているメーカーなのかな。
高さを上げるのは 全体でしょう。全体をそのままの形で 少し上に移動するだけ。
壁の中の構造体が ブラケットをとりつけることができる柱のようなものが通っていない ということかな。

質問は 高さを上げるだけで料金が違ってくるのは不当ではないのか という質問ですか?
同じものばかり作っている会社にとっては セミオーダーということになって
そのぶん割高にするということでしょうか。

投稿日時 - 2020-05-10 11:19:10

お礼

回答ありがとうございます。
質問は折り返し階段ではブラケットを一つ追加するとより快適な高さに調整できるかということになります。それともブラケットなしでも全体を上げればいいころ合いになるのかです。

投稿日時 - 2020-05-10 13:40:07

ANo.4

一般人 親の介護のために自分で設置した程度ですが
最初の設計段階で折り返しもストレート(基本設計)で計算していると仕様変更は追加料金になってしまいます
付けてみないと分からない事ではありますが 最初の商談しだいですね

折り返し部分の各段が均等な高さではないのでは? 段の広さもまちまち
各段ごとに傾斜角度がバラバラなので高さの不具合が起きてしまいます

各段差と広さに合わせて傾斜を替えて行かないと使い易いものにはならない
冗談ではありません 真実です 継ぎ接ぎでウネウネにしないと使い易くならないです
https://www.naka-kogyo.co.jp/products/neo-qunetto.html

広めの段は手摺の先を持ちたい 降りる時は横を持ちたい 難しい部分です

個人的には 赤い部分にフレキシブルジョイントを追加して「へ」の字型にする事で対応できないか?ですが
簡単に見えて補習や部品交換と手間と費用が掛かるものになってしまいます

私だったら 降りる時の折り返しに左手を使う仕様にします 右手から左手に持ち替え
中央の階段壁端に何か付けて左手で掴めるように部品を追加する
今は良くてもこの先どうなるか分からないので大きな変更にお金を掛けない
足腰を痛めたり片手が不自由になると またやり直しですから

もう一つは赤丸の上に短い手摺りを追加してしまう

投稿日時 - 2020-05-10 11:13:06

お礼

回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

投稿日時 - 2020-05-10 13:42:06

ANo.2

ストレートバーのみなら難しい

投稿日時 - 2020-05-10 09:53:35

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2020-05-10 13:43:27

ANo.1

階段手すりを持つときは、手を、体の前方にしたり、後方にしたりして、
持つようになります。

その原因は、階段は、水平に取り付けられているのに、
手すりは、斜めに取り付けられているために、
人が立つ位置で、常に高さが違うからです。

階段を降りる場合は、手すりを強く握り、
一段おります。
手すりを握り替えて、
また、一段おります。

それができているのでしょうか?
上がるときに、手が届いて、下りるときに、手が届かないのは、
あなたの使い方が悪いからでしょう。

手すりは、反対側の壁に取り付けることもあります。
距離が短いので、安くつきます。

投稿日時 - 2020-05-10 07:50:12

お礼

回答ありがとうございました。
>階段を降りる場合は、手すりを強く握り、一段おります。手すりを握り替えて、また、一段おります。

折り返しの階段のためだと思うのですが、”手すりを強く握り一段折ります”この手すりを強く握るの動作が出来ません。なぜなら手すりが低すぎて手が届かないからです。

単に手すりが低すぎるだけな気がするのですが。

投稿日時 - 2020-05-10 08:11:23

あなたにオススメの質問