こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

iPhoneとiCloudのストレージ容量の違い

教えてください。
iPhoneストレージが46GBあるのに、
iCloudバックアップすると9GBになりました。
アプリは全てバックアップオンにしています。
何故でしょう。
ちゃんとバックアップできているのか不安です。
明日には機種変更予定です。。。

投稿日時 - 2020-04-24 07:24:58

QNo.9739502

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

バックアップ最終日時を確認して、正常終了していれば大丈夫です。

iPhoneストレージにおける「App」の部分には、アプリごとに、
(1)アプリ本体
(2)アプリがダウンロードしたデータ(破棄可能)
(3)アプリがダウンロードしたデータ(破棄不可能)
(4)アカウント情報・個人データ
が含まれます。

(1)アプリ本体 は、App Store から再インストールされるので、バックアップに含まれません。
(2)と(3)のアプリが自分のサイトからダウンロードしたデータには、破棄可能(再ダウンロード可能)であるかどうか、アプリ自身でマークを付けてあります。
破棄可能なデータは、再インストール後にダウンロードすればいいので、バックアップに含まれません。
ですから、消えると困る(3)と(4)のデータだけ、バックアップされているんです。

例えばオンラインゲームなんかでは、Appとして数GBほどあっても、それはゲーム本体とゲーム内容のダウンロードデータがほとんどで、個人データとしてはアカウント情報一つだけ。そして個人ステータスのデータはゲームサーバーの方に入っています。
なので、バックアップデータ分としては1MBも無かったりするんですね。

その様にiCloud容量を無駄に使わないようになっているんですが、機種変更後、大量のアプリ再インストールと、アプリを起動すれば動作用データの再ダウンロード、という大容量の通信をすることになるので、Wi-Fi環境下などで復元作業をするようにしましょう。
(Wi-Fi環境下でも数時間かかったりするので、外出予定の無いところを見計らってやりましょう…)

投稿日時 - 2020-04-24 10:02:34

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

iCloudバックアップのバックアップでは、
「アプリは全てバックアップオン」にしていても、
アプリのアプリケーションデータのみでアプリ本体はバックアブされません。
そのためiPhoneストレージ容量より少ない容量でバックアップされます。

機種変更でiCloudバックアップから復元する場合は、
AppStoreからアプリ本体のダウンロードが発生して、
アプリのアプリケーションデータはiCloudバックアップから自動的に復元されます。

そのため、現在AppStoreで配信されていないアプリは復元できなくなる可能性はあります。

投稿日時 - 2020-04-24 10:30:20

あなたにオススメの質問