こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

経済格差は経済恐慌の引き金になるのか

10年ほど前の古い記事ですが最近見つけました。以下です。
http://ecolocalizer.com/2010/04/12/plutocracy-reborn-wealth-inequality-gap-largest-since-1928/

The greater the disparity in wealth between the very rich and everyone else, the more unstable an economy becomes. Our nation has now created a larger gap in the distribution of wealth than the massive chasm that helped fuel the Great Depression. In 1928, one year before the global economic collapse, the wealthiest .001% of the U.S. population owned 892 times more than 90% of the nation’s citizens. Today, the top .001% of the U.S. population owns 976 times more than the entire bottom 90%. This is not sustainable, and makes for a very volatile economy. It would appear that the American empire is about to crash.
超富豪と他の庶民との間の富の格差が大きければ大きいほど経済はより不安定になる。大恐慌を引き起こす事に寄与した巨大な深い裂け目よりも大きな富の配分の格差を我が国は今作り出してしまった。世界的経済崩壊の1年前の1928年、アメリカ人口の0.001%である最も富裕な人口はアメリカ人口の90%の国民の892倍もを所有していた。今日アメリカのトップ0.001%の人口は90%の米国民の976倍以上を所有している。此れは全く維持出来ない状態であるり極端に不安定な経済を作り出す。米帝国はもう少しで崩壊してしまいそうに見える。
%%%%%%%%%%%%%%%

英語は余り得意じゃないので、リンク元の記事は全部は読んでないのですが、確かに、the massive chasm that helped fuel the Great Depression. つまり、巨大な経済格差が先の(1929年の)大恐慌に火をつけることに寄与したと書いています。

今まで、経済格差は人道的な観点から論じられて来たように思います。この格差は将来民衆の暴動になって帰結するとか、そのように言ってるアメリカ人識者もいました。格差そのものが経済的に不安定状態で、恐慌の引き金になるという議論は初めてです。この議論・主張は経済学上で存在するのですか?それとも経済学上の常識なんですか?
日本人でも外人でもいいです。誰がそういう主張を述べているのか、単なる記者の記事ではなく経済学者の主張があれば知りたいです。
とすると、今回の経済危機は単なるコロナによるものというより、既にそういう可能性を孕んでいたということになりますから。
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2020-04-23 04:34:01

QNo.9739042

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

とりあえず、トマ・ピケティの著作を読んどけ。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/トマ・ピケティ

投稿日時 - 2020-04-23 23:22:16

ANo.2

経済格差が直接恐慌を引き起こすと言う事は無いのでは無いでしょうか。
添付の記事は経済格差と経済的な不安定性の関係に対しては詳しく説明しておらず事象として引用しているだけの様に思います。確かに経済格差が大恐慌の拡大に寄与した"helped fuel the great depression" とは書いてありますが、大恐慌の原因とまでは書いてないと思います。
言って見れば病気にかかる原因は金融経済システムだったり金融バブルだったりするけど、現れる病状が経済格差で、それが現れているから警鐘を鳴らしていると言う感じでは無いでしょうか。
ただ直近ではリーマンショックが、直接の原因が経済格差の中で、通常信用調査が通らない貧困層にサブプライムローンを組ませて家を買わせ、銀行の債権を証券化して、色々な投資商品に潜り込ませリスク分散した上で高値で売買したことなので、経済格差が逆に高利回りの証券として悪用されたとも言えます。でも今の金融資本主義では、経済格差が無くても実体経済とかけ離れた金が金を産む錬金術見たいなことをやっているので、やはり金融経済の不安定は経済格差が引き起こすと言うよりは、経済格差は禁輸経済の不安定のバロメーターの一つと言うニュアンスの記事じゃ無いかと思います。

投稿日時 - 2020-04-23 12:39:07

ANo.1

「誰がそういう主張を~」
…それは調べてないのですが、

昔の事を少しだけ知ってるので参考までに。

私がガキの頃に親父が見ていた古い新聞に、
いま思えば大恐慌直前と思われる記事が載っていたのを見た記憶が有ります。

大雑把な内容は、
「今で言う低所得者が経済的な不安が現実味を帯びてきたことから、銀行が潰れそうだという噂を切っ掛けに少ない貯金財産を引き下ろしに銀行に殺到して、
その結果実際に銀行の現金が底をついてしまったことから、噂が現実となって銀行が潰れた。」というもので、
富裕層とは明らかに違う服装の、多数の庶民が銀行の窓口に押しかけている写真付きでした。

現在のようなヤラセの嘘情報を流すような時代ではなかったので、多分間違いないものでしょう。

たしか、あの時代の恐慌はアメリカの不景気に端を発した失業による貧困層増大から始まったと記憶してるので、
その辺りが議論、主張の根拠かと思います。

「大恐慌直前」「日本の銀行取り付け騒ぎ」で検索してみれば、質問に繋がる具体的な情報も見つかるだろうと思います。

質問の本題主旨「誰が~?」とは少し逸れる回答内容なので、
あくまでも参考回答です。

投稿日時 - 2020-04-23 05:47:23