こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【水位警報装置の電気的回路についての質問です】長短

【水位警報装置の電気的回路についての質問です】長短4本の金属棒が垂れ下がっているタイプの水位警報装置ですが、

1番長い棒がプラス極として

2番目に長いのがポンプの停止

3番目に長いのがポンプの動作

1番短いのが警報ですか?

それとも


1番長い棒がプラス極として

2番目に長いのが警報

3番目に長いのがポンプの停止

1番短いのがポンプの動作ですか?

警報が先でポンプが動き出すのか、

ポンプが故障して水位が上がったら警報が出るのでしょうか?

投稿日時 - 2020-03-09 17:06:01

QNo.9721537

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

長短4本であれば、上限感知方式ですので
1番長いのをプラス極とするなら
2番目がポンプ停止
3番目がポンプ作動
4番目が上限警報ですね。(質問者様の最初の例ですね)

下限の警報も設置したいのなら
2本同じ長さにして設置する。
金属棒が水に触れず
通電が切断されれば警報が発報するようにすればよいと考えます。

尚、上限警報が発報するということはポンプ自体が故障している可能性がある
と判断して、ポンプのサーマル等が落ちると発報する装置も設置したほうが
良いと思います。

投稿日時 - 2020-03-09 17:41:57

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2020-03-09 22:46:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問