こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

東京地震

火災にまきこまれないで逃げる事は可能ですか、
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2019-12-08 00:03:58

QNo.9687508

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

同じ東京でも場所によるでしょう。東京の中心部に近い、狭い路地の両側に木造住宅が密集しているような場所で、安全な避難場所まで距離があるようなところでは、倒壊した住宅で狭い道路がふさがれ、あちらこちらで火災が発生するでしょうから、安全に避難することは相当難しいだろうと言わざるを得ません。普段からハザードマップに目を通して、避難場所だけでなくそこへ至るまでの安全な避難順路を複数確認しておき、状況に応じて選択するなどの対策をとるほかないでしょう。

逆に郊外の広々とした(急斜面などでない)住宅地で、住宅と住宅の間隔があり、周囲に農地が広がっているような場所であれば、安全に避難できる可能性が高くなると考えられます。

大正12年の関東大震災のあと、当時の東京市の住宅密集地で被災した人の中には、当時は田園地帯だった東京市外の多摩地方などに移住した人がいて、東京郊外に住宅地が拡大する大きなきっかけとなりました。

関東大震災当時と比較すれば、住宅の耐震性や耐火性、消防力などはもちろん向上しているはずですが、人口の増加や市街地・住宅密集地の拡大など、逆に不利な面も多くあります。また高層住宅(タワーマンション)や高層ビルなど百年前にはなかった環境もあります。

こうした環境の変化に対応すべきであるのは当然ですが、「しばしば大地震に襲われる土地に大勢の人が密集して居住している」という東京の根本的な問題点は江戸時代から変わっていないことも、忘れてはならないでしょう。

余談ですが、回答者の祖母は関東大震災の経験者で、乳児だった息子(伯父)を背負い、幼児だった娘(伯母)の手を引いて、急いで安全だと言われていた竹林に逃げ込んだと昔話をしていました。その3人とも故人となってしまい、こうした体験談をそれぞれの家庭で話す人がいなくなったときに、次の大地震が来るのかも知れません。

投稿日時 - 2019-12-08 05:57:41

お礼

生きたまま焼かれたく無いな、有り難うございます。

投稿日時 - 2019-12-08 08:45:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

住宅密集地や、人が多い所では、車は渋滞で動かないし、道路には人が溢れてるし、また、火災が発生すると、炎や熱い煙が降りかかって、人間は逃げ惑うので、どの方向が安全が分からなくなります。
すると、「人なだれ」となって、人間が押し合い状態となり、折り重なって圧死となるかもしれません。

「人なだれ」とは
https://www.google.com/search?sxsrf=ACYBGNREEXvVtmtdoPkmrSvgqAK1tqH-gw%3A1575765017203&ei=GUTsXdntC8Xm-Abr86_IBQ&q=%E4%BA%BA%E3%81%AA%E3%81%A0%E3%82%8C%E3%80%80%E3%81%A8%E3%81%AF&oq=%E4%BA%BA%E3%81%AA%E3%81%A0%E3%82%8C%E3%80%80%E3%81%A8%E3%81%AF&gs_l=psy-

投稿日時 - 2019-12-08 09:40:29

お礼

有り難うございます。

投稿日時 - 2019-12-08 20:23:43

希林さんと隣組で、焼け残り派
神保町は大空襲で焼けなかった
雑司ヶ谷も然り
安全度が高い地域にすむ、陛下とお友達に
なっておくのもヨシ

投稿日時 - 2019-12-08 06:39:46

お礼

有り難うございます。

投稿日時 - 2019-12-08 08:46:02

あなたにオススメの質問