こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

私はお節料理には断固として否定的な立場なんですよね

私はお節料理には断固として否定的な立場なんですよね。
あんな冷え切った見栄えだけの、虚栄心の塊のような食文化は断固として拒絶しますよw
そんな私が毎年の元日に何を食べるか教えてあげましょう。
それはカレーライスなんですよ!
もうここ数年いつもコレですw
いいものですよ元日の朝からしみじみとカレーを煮込むのはw
いつもより少し良い肉を使って、大鍋一杯に作りますw
2日目3日目とたつに連れて、カレーに何とも言えない深みが出てくるのが実感できる三が日になりますw
どうですか三が日カレーw
なかなか良いアイデアだとおもいませんか^_^

投稿日時 - 2019-12-07 00:29:48

QNo.9687116

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

一晩寝かせたカレーには要注意!!夏も冬も気を付けたいカレーの保存
https://housefoods-group.com/activity/e-mag/magazine/30.html

一晩寝かせたカレーには菌が増殖する、というのをどこかでチラッと聞いたことがありました。
検索してみると、やっぱり…。

あなたはもちろん知っていて対策しているのですよね。
3日目のカレーの深みは「菌の出汁」かもしれませんねw

投稿日時 - 2019-12-07 14:52:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.15

誰が何を食べようが自由です。
3日間、カレーを食べたかったらそれでもいいでしょう。
私は、ウェルシュ菌の食中毒の心配が嫌ですけど・・・

投稿日時 - 2019-12-13 07:13:39

ANo.14

正月に女性の料理の手間をなくすために重箱入りの保存食が作られましたが現在は何の意味も持ちません。習慣として年越しそばを食べて正月にはおせちとお雑煮という家庭なら日本文化の継続という意味でそれでもいいでしょう。

我が家はクリスマスも正月もないので、いつもと同じです。カレーは大して好きでもないので買ってません。何かな、暇だったらデザート作りをしたいです。

それで友達を呼んでハイティーとかしたいかな。

投稿日時 - 2019-12-10 11:45:15

ANo.13

全然思わない。

投稿日時 - 2019-12-08 09:56:55

ANo.11

お宅は、それで、良いんじゃないですか?

うちなんかで元旦からカレーなんか出したら「ふざけてんの?」って言われますよ。
しかも同じもの続けて食べるなんて絶対、無理って。

それに、おせちって言っても、その家、それぞれ違うし、冷えた物だけ
食べる訳じゃ無いし、ずっと、それだけ食べてる訳でも無いし。
その都度、おせちプラス食べたい物リクエストされるから関係ないです。

投稿日時 - 2019-12-07 10:44:10

ANo.10

店で毎日カレーを仕込んでいるので、正月くらいは日本料理の意味あるおせち料理をゆっくり食べたい!一つ一つに意味があるなんて素晴らしい文化!温かい物はお雑煮があるし、お酒もあるし。あー幸せ!
4日かけて作るカレーは好評ですが、毎日味見するのでねー。流石に三が日は遠慮したい(笑)

投稿日時 - 2019-12-07 10:06:50

ANo.9

最近の高く売ってる既製のおせちを考えているから見栄だとか言ってるのだと思いますが、自分で作ればそうでもないですよ。卵焼きにしても黒豆にしても蓮にしても。昆布巻きも要するに佃煮ですし。
妙に凝ったネタは高く売るために奇をてらったもので別に伝統でもなんでもないです。ただし年末は忙しくなりますがそれもまた楽しい。
いろいろ準備して餅も買って遊んで過ごす正月はまた格別です。餅も焼くだけですから。
「正月にしみじみと」この感覚ですよ。それがわかっていらっしゃるのですから「正月はカレー」もお節のうちだと思います。
もちろんカレーも正月のうち一回は入れますよ。
でもカレーのライスを餅にして香辛料を控えたような物を既に雑煮として食べているではないですか。
お節は雑煮や餅のおかずとか酒の肴です。

季節行事にともなう料理は季節感や節目を実感して日常性に埋没している生活を客観的に観る機会として悪いもんじゃないです。変な高いだけの既製品を買うだけなのは私もおもしろくもさしてうまくもないと思いますし本来のものではないと考えます。
カレーを正月のお節と考えるならそれもいいと思います。もし年末に作り置きしてるならそれがおせちの感覚です。
そこに季節の要素や普段入れないものを考えればさらに好いと思います。

投稿日時 - 2019-12-07 09:02:07

ANo.7

お節に飽きたらカレーって、昔どこぞのレトルトカレーのCMのキャッチコピーになってましたね。

昔は年末年始は1週間くらい商店がお休みで食材が手に入らないし、年始の挨拶などで沢山の来客があるのが普通だったので、保存の効く料理を沢山準備する必要がありましたが、今は大晦日だろうが元旦だろうが買い物できる時代ですからお節に拘る必要は無いでしょうけど、お節くらいでしか食べないような料理を正月に楽しむのもいいんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2019-12-07 07:19:42

ANo.6

おせち料理の目的を承知の上でのご発言でしょうか?

投稿日時 - 2019-12-07 06:40:59

ANo.5

貴方の意見表明は要らないです。
誰も、おせちを食べることを強要していませんが。

投稿日時 - 2019-12-07 02:49:16

ANo.4

なかなか良いアイデアだとおもいます

投稿日時 - 2019-12-07 02:03:20

ANo.3

我が家では一年に一度だけ手に入る美味なお餅を2枚買い込んで角切りし、お雑煮を作ります(お餅は冷凍庫で一年保ちます)。日本古来のおせち材料は値上がり気味だし、ふんだんに自作出来ません。主な自作品は煮豆(黒豆・白豆)、栗きんとん、お屠蘇でしょうか。

投稿日時 - 2019-12-07 01:42:20

ANo.2

おせち料理って、保存食としては案外実用的ですよ。

今から40年以上昔の年の暮、大学4年生で下宿暮らしだった私は田作りや数の子、昆布巻き、黒豆など何種類かのおせち料理を大量に作り、餅もたくさん保存しました。提出期限が迫っていた卒業論文の清書(当時はワープロや実用的なパソコンがない時代で、原稿用紙にペン書きが義務付けられていた)をしなければならなかったため、郷里に帰省もせず正月の5日間、ずっと四畳半の下宿にこもって、おせち料理と餅(雑煮)を食べ続けて原稿用紙百数十枚と格闘しました。

1月5日の夕方に、ようやく論文の清書を終えて下宿から出て銭湯に向かったときには足元がふらつきましたが、何とか5日間頑張れたのは、おせち料理と餅のおかげだと思いましたね。今のようにコンビニもなければ、正月3が日に営業している店もほとんどなかった時代でしたが…。

もちろん学生時代にはカレーを大量に作って食べ続けるのもやりましたし、おでんもやりました。カレーライス→カレーうどん→カレーパン→カレースパゲティ。おでん(ごはん)→おでんうどん→おでんパン→おでんスパゲティー→おでん雑炊。どちらも目先を変えて3,4日は十分いけましたが、お正月はやはり「おせち料理と餅」です。

投稿日時 - 2019-12-07 01:38:20

ANo.1

昔は正月といえばその家に生まれた人が大挙して押し寄せるという習慣でした。
なので、女性は料理の担当でお正月気分も味わえずに台所で働いていました。

今は正月に帰る人も減ってはいますし、出来合いのおせち料理も売っています。

投稿日時 - 2019-12-07 00:41:51

あなたにオススメの質問