こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

不動産事業と認められる規模

戸建て貸家を3件、40台収容の駐車場(会社に一括貸し)を賃貸し白色申告してきました。収入は約400万円、税・維持費全など経費が90万円)です。
ある方から、事業者となり青色申告した方が良いのではと言われました。
この様な規模でも事業者になれるのですか。
事業者になった場合のメリット、デメリト、どこに申請、相談すれば良いか教えてください。

投稿日時 - 2019-11-27 09:19:22

QNo.9683698

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

おそらく、可能と思います。
不動産賃貸業の場合、貸家5軒以上、アパート10室以上、駐車場50台以上のいずれかに該当すれば事業認定をされます。ただし、合わせ技が使え、駐車場10台で貸家1軒と見なしますので、駐車場40台なら貸家4軒と換算し、計貸家7軒ですので、条件に合います。

青色申告のメリットは65万の控除が大きいですし、場合によっては家族専従者に給与を払い、所得の分散も出来ます。

将来的に、貸家や駐車場から賃貸マンションの経営まで視野に入れるのならば、個人事業主で青色申告をしておいて、事業が拡大するならば資産管理会社を設立し、法人化をする方法もあります。

投稿日時 - 2019-11-27 10:15:58

補足

有難うございました。早速青色申告会に出向き開業したいと思います。
個人事業主の場合、所有の土地や建物は相続財産としてどう評価されるかご存知ですか。
法人化する方が有利ですか。
詳しそうなので追加質問ですみません。

投稿日時 - 2019-11-28 07:05:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問