こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「アルドノア・ゼロ」について

アニメ「アルドノア・ゼロ」のヴァ―ス帝国の地下都市の建物の材質と地下都市のデザインについて質問です。

TVアニメ「アルドノア・ゼロ」のヴァ―ス帝国は、火星の地下に存在しているという描写があり、さらに皇族が住まう宮殿は、石か、コンクリート(第5話のシーンで)で作られているように思える場面があるのですが、ここで以下の質問です。

1.火星の地面の地下で、都市を建築する場合、内部がドーム状とアリの巣のようなトンネル状、火星の地下で築く地下都市を建築し、永住する場合、どちらが一番適していて、合理的なのでしょうか?

2.火星の地面の地下で、内部がドーム状に掘削する場合、どんな建築物のデザインが一番適しているのでしょうか?

3.2の問いで、内部がドーム状で、高層ビルから平屋の建築物を建造する際、火星の資源を利用しながら、レンガやコンクリート、セメント、モルタルを製造する場合、どんな製造技術を用いれば、建築資材が生産可能なのでしょうか?

投稿日時 - 2019-11-19 20:21:08

QNo.9680826

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1 手間暇とか技術的にもトンネル型ですね。
元からドーム状の空間が有った設定かもしれないけど。

2 素人だから分からないけど崩落を考えるとtwンプのような柱上の
建物がいっぱい欲しいですね。
ドーム内にも空間がないと閉塞感で死にそうだから地球の外っぽい作りにして。

3 記憶は曖昧だけど、すでに高度な文明を持った宇宙人が
火星の環境を整えてて、くれた設定じゃなかったかな。
既に年の形やドーム空間、製鉄や採掘の工場などあとから来た地球人が
使ってるだけじゃないかな。
だから未知の技術で、と思ってる。

投稿日時 - 2019-12-01 09:20:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問