こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

機械化されたビジネスは衰退する?

機械化されたビジネスは衰退する?

ほとんど人を使わなくなって機械化することが出来るようになったビジネスは誰でも機械さえ揃えたら要は資本力さえあれば誰でも参入することが出来るようになるので産業は拡大しても大企業は生まれなくなる。中小企業でも作れるようになるから。

吉野家とか牛丼チェーン店に行くと従業員が少ない。で、いっぱい同じ牛丼チェーン店ができて儲からないビジネスになった。

お菓子メーカーの工場も人がいない。で、お菓子産業は衰退した。

車も機械化されて人が減った。すると新興メーカーだらけ。テスラ、中国自動車メーカーオンパレード。トヨタはこれ以上成長しないで衰退していくだろう。

倉庫も人が少ない。倉庫ビジネスももう乱立して儲からないビジネスになるだろう。

人がいないイメージのビジネスって他に何がありますか?

本屋もレジが無人化している。本屋ももう終わりだろう。

銀行も行員がいない。もう終わりだろう。

ガソリンスタンドも人がいない。セルフスタンド。もう終わりのビジネスだろう。

投稿日時 - 2019-11-14 22:00:42

QNo.9678982

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

同じ仕事を行うのにより少ない労働者で行えるようになることと、その産業の繁栄・衰退とはまったく別のことです。

例えば、江戸時代に街中で人を運ぶ運送業として駕篭屋がありました。1人のお客さんを運ぶのに最低でも2人の駕籠かきが必要で、交代要員を含めると3人、4人が必要な非効率的な乗り物でした。

これが明治以降、人力車が使われるようになると1人の客を1人の車夫で運べるようになりました。同じ人数のお客さんを運ぶのに必要な労働者の数は明らかに少なくて済みますが、駕籠かきだった労働者の多くは人力車の車夫に転職し、駕篭の台数をはるかに上回る人力車が走るようになりました。「人を運ぶ運送業」が衰退したわけではなく、逆に繁栄したのです。

現代の最大の問題は、明治初めに駕籠かき労働者が人力車夫になったような、労働者にとってハードルが低い転職が、これからもずっと可能であるかどうか、ということですが、これは最終的には「その時が来るまでよくわからない」というのが現実ではないかと考えます。

投稿日時 - 2019-11-15 06:08:58

お礼

みんなありがとう

人力車の人、もういないじゃん

投稿日時 - 2019-11-15 21:30:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

>お菓子メーカーの工場も人がいない。で、お菓子産業は衰退した。

どこが?

>人がいないイメージのビジネスって他に何がありますか?

これからはコンビニ産業が危ないかなと思います

100円ローソンでセルフレジが置かれました

投稿日時 - 2019-11-15 08:20:54

ANo.3

こういう問題はすべて状況次第でしょう。状況の想定というのは意外に穴があるものです。いわゆる想定外というものです。その時、その場になってみないとわからないことがほとんどなのでは。

投稿日時 - 2019-11-14 23:40:28

ANo.2

根本的な部分で何か勘違いされていますね。
自動化と機械化は同じですがその事とビジネスの衰退は全く違うものです。
従業員が少ないから衰退するのではなく衰退したから従業員を減らさなければならなくなったと言う実態です。

機械さえ揃えれば誰でも参入出来る?
それは参入出来るだけの話であってビジネスとして成り立つと言うほど単純なものは地球上では存在しません。
お菓子メーカーが衰退したと言う事実はありません。
あるのは少子化で需要と供給のバランスが崩れてこれまでの子供向けの商品が売れなくなっているだけです。
それに気づいた各メーカーは大人向けの商品を供給して回復傾向にあります。
老舗の店舗で通販に対応している所は伸びていますが対応していない店舗は立地条件に大きく左右されています。

車や家電の製造が機械化されたのは50年以上前の話です。
車や家電の需要が少なくなったのは新興メーカーが原因ではありません。
人の生活様態が変化したからです。

本屋はネットでの販売に変わった事で店舗に足を運ぶ人が少なくなったと言う事です。
銀行なども同じです。
実際の店舗を維持する経費を考えないネット銀行が延びていますから各銀行はそちらにシフトしています。

倉庫は衰退するどころか物流自体増えていますからどんどん成長しています。
Amazonはその典型的業態になります。

ガソリンスタンドが衰退しているのは車の燃費が良くなってガソリンの供給過多になり始めた時期とガソリンスタンドの大規模メンテナンスの時期が重なり廃業したり他の業態にシフトしたりしただけです。
近年は数千万円以上する高級車が売れ行きを伸ばしています。
ガソリンスタンドもそう言う人達をターゲットにした店舗に変わっていくと思われます。

投稿日時 - 2019-11-14 23:31:49

ANo.1

 雇用と消費の両立が出来る産業は拡大し、消費だけで雇用が無い産業は消費を失って衰退するのでしょうね。市場が拡大する政策をやらなければ、消費が伸びないのは昔からの問題です。

 労働者が増えなければ消費が伸びないのは、少し考えてみれば誰でもわかる問題で、労働力の削減を続けて消費が伸びるわけが無いのであって、そこがわかっていながら、競争原理に負けているのでしょうね。

 もっとも、無人化の最先端である自動販売機は、大量に普及しても労働力が要らなくなるようにはなりませんでした。自動販売機に商品を入れたり、メンテナンスをおこなう労働力が必要不可欠で、労働力が要らない自動化では無かったからです。

 自動化が進んだからと言って、配送やメンテナンスが無くなるわけでは無いので、機械化が進んだビジネスは衰退しても、労働力が要らないビジネスにはならないでしょうね。

投稿日時 - 2019-11-14 22:28:34

あなたにオススメの質問