こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

権力者達の貴族趣味について質問です。

共産国家や軍事政権、一党独裁国家の権力者達の貴族趣味や贅沢な暮らしについて質問です。

ナチスの党幹部であるヘルマン・ゲーリングは、貴族的な趣味、「貴族趣味」を嗜好する人間であったそうだが、ここで以下の質問です。

1.ナチスの党幹部であるヘルマン・ゲーリングをはじめ、過去の歴史に存在した旧ソ連や東欧諸国、さらにはイラクのサダム・フセイン、北朝鮮の金正恩などの金王朝、中国を支配する中国共産党などの、独裁者達及び官僚や軍人は常に貴族趣味というか、貴族的な暮らしといった贅沢な生活を送っている。
なぜ共産国家や一党独裁国家、軍事政権の権力者達は、専制君主制の貴族や王族、皇族のような贅沢な暮らしをしたくなるのでしょうか?

2.旧ソ連などの共産国家などの一党独裁国家は、国名には「共和国」という呼称が付いているのに、専制君主制体制下の支配階級ごとく、国内を統治している。
そして権力者達は、搾取した国民の金で、貴族趣味に直走る。
なぜ彼らは、国民を見下すように貴族趣味に走る理由は何なのでしょうか?

投稿日時 - 2019-10-31 18:19:56

QNo.9673291

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私見です。
マルクスは共産化の過程としてプロレタリア独裁を予測しましたが、それがソビエトではレーニンの共産党一党独裁を正当化しました。一党独裁のリスクは最高権力者の考えと違う人たちを反動主義、修正主義と糾弾して権力者の意向で粛清してしまう事を可能にする事と思いますが、そうなると権力者自身が権力と自分の命を守る方法を確立する必要が出てきます。そのためには軍隊と警察を掌握する事と、忠実な側近を揃える事。忠実な側近を維持し続けるためには特権と褒賞を与えなければなりません。そのためには権力者自身が莫大な資金を握る必要があります。個人資産か国のお金かはともかく自由になる莫大なお金を握っている事そのものが権力の象徴であり、その分け前に預かれるから忠誠心のあるスタッフで権力基盤を作れるのではないでしょうか。貴族趣味かどうかは別として、その莫大なお金の中心に権力者として自分を置いておくことがシステム上必要なのだと思います。どんなに思想が優れていて、リーダーシップがあって、国民から好かれても、清廉潔白で質素な暮らしをして、一生懸命協力しても何の特権もお金もくれない人は民主主義国家でない限り権力を握れないと言う事でもあると思います。
封建体制と同じ理屈ではないでしょうか。
金正恩は3000-5000億の個人資産を持っていると言われていて、3500億くらいのトランプと同じかそれ以上の可能性があります。あの超貧乏な国のGDPが2兆円弱ぐらいと言われている中で、軍事費がGDPの20%超と言われているので、それと同じくらいの資産を持っていることになります。おそらく、権力維持のために使うお金、自分と家族を守るためのお金、いざと言う時に海外逃亡できる備えなどもあるのでしょうが、これだけあったら噂されている毎夜の酒池肉林の乱痴気騒ぎなんかはごく一部でしょう。

投稿日時 - 2019-11-01 00:10:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問