こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

みなし残業有の企業への転職

現在、転職活動をしております。

内定をいただいた企業と、エージェントを介して給与交渉をしているところです。
みなし残業を含めた年収の考え方について教えて下さい。

現在、基本給+賞与で年収600万円いただいておりますが、内定をいただいた企業から、みなし残業40時間を含み年収650万円が提示されました。

私の考えとしては、仮に現在の年収である600万円をベースとしても、以下のようになるものと考えていたため、提示された額では実質的なマイナスでは、考えております。

この考え方に誤りがあるのでしょうか。
みなし残業を取り入れた企業で勤めたことがないため、教えていただければと思います。

1). 年収から月収を計算し、残業単価を計算
600万円÷12ヶ月=50万円
50万円÷168時間(月の平均的な稼働時間)×1.25(残業代掛け率)=3,720円

2). 試算した残業単価に、みなし残業40時間を掛け合わせ月の残業代を計算
3,720円×40時間=148,800円

3). 月当たりの残業代から年額を計算
148,800円×12ヶ月=約178万

4). ベース年収に残業代を加算
600万+178万円=778万

778万円がみなし残業40時間を含めた年収になるかと思いますが、いかがでしょうか?

---
エージェントから、
「この企業はみなし残業を設定しているものの、今はほぼ残業がない。」
と言われ、むしろ得をするというトーンで言われていますが、将来的に残業時間が増えた場合は説明になりません。
そもそも、なんの根拠もなくこのようなことを言うエージェントの質も疑っています。

現在の年収をベースとした、みなし残業を取り入れた場合の計算について、成否を教えていただきたく、お願いします。

投稿日時 - 2019-10-29 20:50:10

QNo.9672598

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

外資系企業で部下持ち管理職をしています。

あなたの計算はあっているように見えますね。

ただ、私は新卒の時から「残業は無能な人間のすること」って
思っていたので、残業代で稼ぐという発想がなかったですけど。
あなたのケースだと、650万円が年収って思うだけです。

ところで、ストックオプションがあると言っていましたが、
仮にあるのなら、なぜ内定もらった会社からストックオプションの
話がないのですか?採用の時にないなら、入社してから
もらえるということですか?それも変な気がしますけどね。

私自身は、すでに何社も外資系を転職していてずっと年棒制です。
採用されたときと、今でも毎年にわたり株
(RSUでストックオプションではない)をもらっています。
以前の会社では、RSUかストックオプションを採用時にまとめて、
さらに毎年にわかって株をまとめてもらっていました。

>微妙な比較をするぐらいなら、
>もっと違うステージなどを考えるべきですね。

もっと年収が上がるのを希望するなら、
最初からもっと高い目標の方がいいです。

私は20代で1000万円、40歳までに2000万円の
年収が目標でしたが、クリアしました。
今は40代で4000万円弱です。
「残業代でどうのこうの」っていうのでは、このレベルには
達成できませんん。
発想の転換が必要です。

もちろん、未上場の会社に入り、上場を狙うのも1つの手です。
私も以前にそれを経験しました。
でも、そんな会社って簡単に見つけるとは思えないし、
見つけても入るタイミングとか、そもそも採用されるかどうか。

ただ、私は会社に依存したくないので、20年くらいリーマンと投資家を
しています。富裕層で、会社を辞めてもこれからの生活は困らないです。
これも、「投資家になる」という発想があったからできたことです。

投稿日時 - 2019-10-30 12:41:40

お礼

私もこれまで残業代で稼ぐという発想はありませんでした。
いざ、残業代込みの年収を提示されるとその値が適切なのか分からなくなってしまった次第です。
ストックオプションの有無については、会社の情報を調べている時に出てきたので知った次第です。(株主向けの情報です)
今もなお、会社から説明は受けていません。

こちらから聞かないと出てこないものが多いので、本当にストックオプションがあるのか怪しいところです。

やはり、数百万で悩むことが馬鹿らしいですね。
発想の転換します!

ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-10-30 14:38:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

うちの会社なら見做し残業を選ばないなんてバカです。

大企業は今年の4月から、中小企業は来年の4月から年間残業時間360時間を超えるのはとても難しい。
もちろん超えるための手続きはあるけれど。

うちは見做し残業が30時間です。
見做し残業に満たなくても見做し残業分の残業代が出ます。
見做し残業時間を超えた場合は、超えた分が残業時間として別途残業代が出ます。

得することは有っても損する事は無いです。

見做し時間を越えても残業代を払わないのは違法です。
もちろんこの世にはアウトローな会社が有るので、絶対とは言えません。
もしも合法な会社ならエージェントの言っていることは正しいです。

投稿日時 - 2019-10-29 23:26:13

ANo.4

まったくご質問への回答ではありませんが。

年収/月収ではなく収入のことを考えるなら、未上場企業で上場の意志があるところを選ぶことをオススメします。
上場資格を満たすために、社員に自社株を配ったり安く買わせたりしたあと、上場すると、場合によってはフロア全体が億万長者ばかりになったりします。
冗談ではなく、経験談です。

微妙な比較をするくらいなら、この手の要因を確認されておくことをオススメします。
ただ、タイミングを逸すると、億万長者だらけのフロアにふつうの金銭感覚の転入者が迷い込んでいるなんて状況もあり得るのですが。

投稿日時 - 2019-10-29 22:10:59

お礼

回答ありがとうございます。
そうなんですよね。微妙な比較をするぐらいなら、もっと違うステージなどを考えるべきですね。

投稿日時 - 2019-10-29 22:43:40

ANo.3

計算手順はあっていますが
基準を基本給+賞与の600万としているところが間違っています。

投稿日時 - 2019-10-29 22:00:04

ANo.2

そもそも、みなし残業とは、毎月規定の残業を行うことを前提として、給与を支払うシステムです。

なので、みなし残業40時間とは、既に提示された年収である年収650万円に残業代が含まれています。

絶対に
> 778万円がみなし残業40時間を含めた年収になるかと思いますが、いかがでしょうか?
にはなりません。

勿論、規定の残業時間である40時間以上を超えた場合には、超えた時間数だけ残業代が発生します。

但し、みなし残業を採用している企業はこれから株式上場を目指している企業が多いので、賞与額などを低く設定し、賞与の代わりに、新株予約権(ストックオプション)付与がされる可能性も考えられます。

投稿日時 - 2019-10-29 21:41:29

お礼

基本給をベースにするとのことで理解しました。
対象の企業は現在、マザーズに上場しております。
少し調べたところ、ストックオプションを導入しているそうです。

投稿日時 - 2019-10-29 22:53:23

ANo.1

計算は基本的にはその通りなのですが、「現在の年収である600万円」というのは、賞与も残業も各種手当ても含まないものなのでしょうか?
残業計算の元になるのは基本給ですから、元々の年収計算が賞与や残業込みのものならば、それを元にしなければおかしい事になります。

投稿日時 - 2019-10-29 21:36:40

お礼

賞与も含めた上で、自身の価値と思っていたため、基本給+賞与の年収額を基本としてしまいました。
あくまでも基本給をベースに考えるべきということですね。
大変ためになりました。

投稿日時 - 2019-10-29 22:47:07

あなたにオススメの質問