こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

α6400のAFについて

α6000で遊園地の回転ブランコに乗る子供の写真を撮りました。
回転するたびに連写で撮ったので、全部で100枚以上撮りました。
結果から言うと、ピントがあまい写真ばかりで、10回転の内、2回転くらいはなんとか合ってる感じです。

カメラの設定は、
フォーカスモード:AF-C
フォーカスエリア:ワイド
で撮影しました。

α6400だとこういう撮影に強かったりするのでしょうか?

また、別件になりますが上記のような撮影の場合、置きピンで撮影はできるのでしょうか?
(空中?になるので事前にピントを合わせる対象が無いと思われます。)

※OKWAVEより補足:「ソニー製品」についての質問です。

投稿日時 - 2019-10-24 22:36:20

QNo.9670804

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

シャッタースピードはなんぼのもんでございましたでしょうか。1/125だったりすると被写体ブレの可能性もあると思います。
ピントが甘いと、特に初心者の方は「カメラが悪い」といいますが、そのほとんどは被写体ブレだったり手ブレだったりとカメラマンの問題です。

止めて写したいなら、シャッタースピードを速くすることです。動感を出したいなら、流し撮りです。どちらの写真(一瞬をしっかりとらえたいのか、写真に動きを出したいのか)を撮りたかったのかをはっきりさせることだったと思いますね。

置きピンの場合は、勝手にAFが動くとマズいのでAFを切ってMFにするのが鉄則です。

投稿日時 - 2019-10-25 12:55:24

お礼

回答ありがとうございました。
シャッタースピードを1/320で、シーンセレクションのスポーツモードでした。

AF-Cでピント合わせが、子供に合ってなくて最新機種ならそんなことないのかと思ってましたが、技術的な事かもしれませんね。

他の方からもアドバイスがありました、流し撮りに関しては、今まで乗り物系に使うとばかり思ってましたが、今回のシーンでもよく考えればできるのでしたね。

大変参考になりました。
他の方も回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-10-25 22:45:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

α6000には狙った被写体にピントを合わせ続ける「ロックオンAF」があるようですね。
https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-6000/feature_2.html
見本の写真は子供が一人ですね。

回転ブランコだと他の人物も次々にフォーカスエリア内入っては出ていくので他のカメラでもAFでは難しいでしょう。
置きピンで狙いの場所に来る少し手前から高速連射で撮影ならピントの合った写真が撮れる可能性はあるでしょう。
絞り優先モードで絞りを絞り(F値を大きくして)ピントの合う範囲(被写界深度)を広げてた方が無難でしょう。
https://www.sony.jp/support/ichigan/enjoy/photo/word3.html

お子さんの前の席に乗り、振り返っ撮影か
140~150度ぐらい前の席に乗り、横を向き撮影されてはいかがでしょう。
映画の1シーンですが参考に
https://www.youtube.com/watch?time_continue=9&v=JHHENNIHK2k

投稿日時 - 2019-10-25 17:43:13

ANo.3

何度も撮影チャンスがある場面ですから、こういう時こそ「流し撮り」を経験しましょう。
流し撮りは、スポーツモードとは逆に、シャッタースピードは落としますが、その分被写体はくっきり、背景は流れると言った見栄えの良いものが撮れるはずです。多少の慣れは必要でしょう。
肝心のピントですが、被写体の動きを追随するモードってありませんか?

投稿日時 - 2019-10-25 10:28:20

ANo.2

未使用機ですが

高機能ゆえの弱点でもあるのかな?という印象です
https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-6400/feature_1.html
AUTO撮影では難しいでしょう(風景撮影になっていたかも知れない) SCNでスポーツモードに固定の方が合っている

構図によっては動くもの全てなので前後の椅子や吊り鎖にもフォーカスが移動してしまう フォーカスを合わせようとする対象物が多過ぎた結果かも知れません
フォーカスエリアは狭い方が良さそう

置きピンは「シーンに合わせて使い分けられるフォーカスモード」にマニュアルフォーカスがあるので可能だと思います
https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-6400/feature_1.html

自分の目が頼りですが 繰り返し椅子が表れるので調整できる回数は多い
三脚を使った方が楽と思います
ただ 回転速度に応じで広がる椅子 人が乗っている椅子と空の椅子では広がりが違う 慣れるしかないかも知れません

投稿日時 - 2019-10-25 07:38:06

ANo.1

 
回転ブランコでは対象物(子供)が奥に隠れてしまうのでAFで追従はできません。
α6400にはマニュアルフォーカスがあるので、事前に手動でピントを合わせておき連写するのをお勧めします。
 

投稿日時 - 2019-10-24 22:45:18

あなたにオススメの質問