こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

人身事故の加害者側が無責任すぎる

人身事故の加害者側が無責任すぎて困っています。

私は同乗者で、自分だけが前身打撲、肋骨骨折等の怪我をしていて、車同士の事故の割合は向こうが8、彼氏が2になり、私の場合は向こう側が加害者になると相互の保険会社が言われています。
警察には診断書を出して被害届?を出したため、人身事故扱いになっています。

加害者側は私が救急車に運ばれているのをしっているのに、私の様子を心配するわけでもなく、名前や連絡先も聞かず、言い訳ばかりをして、物損事故だからお互いの保険でいきましょうと彼氏に警察が来るまで言っていたそうで、彼女が怪我をしているんだ!と向こうに言っても知らないばかりだったそうで、保険会社にも物損事故を起こしたので、と本人が言っていたそうで、私からの連絡で相手側の保険会社が人身事故だと知ったとの事でした。

結局彼氏から相手側の名前、保険会社からようやく相手側の名前を書いた書類がきただけで、私自身、加害者側の顔も知らない、相手側の謝罪もなく、警察も私が被害者なのに個人情報なので教えられないとのことで、周囲から聞くだけで、轢き逃げにあったような気にもなります。

加害者側が自分が起こした人身事故だと思っていないような感じがします。

彼氏側の保険会社からお見舞い金?みたいな保険金が払われます。
まだ治療中なため、向こうの保険会社とはまだ何も始まっていません。

(1)被害届を出した場合、彼氏も加害者になりますが、どんな罰則があるのでしょうか?
(2)今は無職で、当分リハビリ等しないといけない、肋骨骨折は自力で治さないといけない等です。治療費は一部建て替え金以外は、保険会社が負担しています。
この場合、どのくらいの慰謝料が貰えるのでしょうか?以前後ろから当てられた時は数万円程度でした。
(3)彼氏側の保険金が割と高額だったため、加害者側の慰謝料の方が少ないのではないかと心配しています。
(4)加害者側に人身事故だと警察から連絡が行くのでしょうか?
保険会社にまで物損事故だと言うくらいの無責任すぎる加害者が未だ人身事故だと言う事がわかっていないのではないかと心配です。

確かに怪我はひどくはありませんが、未だ痛く通院もしなくてはならず、無責任な加害者に悲しくてたまりません。どんな人に怪我をさせられたのかもわからず、被害者なのに、個人情報だからと教えてくれない警察、保険会社も半月後に相手側の名前を書いた書類が届く始末で、私はただ大丈夫ですか?の一言、相手側が自分のことを名乗ってくれたら少しは気が楽になるのですが、相手側が彼氏に保険会社に任せてるから一切連絡してくるな!と最後に言ってきたそうです。

謝らない加害者側がほとんどなのでしょうか?
加害者側の慰謝料が彼氏側の見舞い金?より少ないなら踏んだり蹴ったりです。

今後どうすればいいのでしょうか?

投稿日時 - 2019-10-14 10:27:32

QNo.9667041

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

私が相手の保険会社及び見方だったらの話をします。
先ずは幾ら相手(加害者)に良心があり、「見舞いをしたい!」と相談を持ち掛けられても阻止します。 何故なら、対面して当然口を開くとロクなことがないからです。 後で解釈の違いで「言った言わない!」のトラブルに発展しかねないからです。

そもそも、交通事故だからと言って互いに常識ある人との関わり合いということはありません。 これが、通り魔殺人事件だったら、旦那の同僚で揉め事の末の殺人事件だったら、、、貴方は身内として犯人から自宅を訪ねて欲しいですか?電話連絡で謝罪して欲しいですか?

逆に貴方から加害者へ直接連絡をした場合、私は直ぐに「恐喝」として警察に「被害届」を出すように勧めます。 保険会社、つまり相手側の弁護士的立場の代理人が動いているのに、それを無視して電話を掛けて金銭を強要することは、立派な「恐喝罪」(刑法)です。

ここからは、公平な立場で話をしますが、、、物損と人身の取り扱いは同じ保険会社の中でも別々に扱われます。 「物損」車両の損傷に関しては、彼氏の修理代の8割が相手の保険会社から支払われ、不足分(2割)は車両保険に入っていなければ自腹、附帯加入していれば自分の保険が適応されます。
そこで車両(物損)の示談が成立します。

一方、人身保険の適応は、警察に診断書を提出した時点(後先でも構いませんが)で、相手の強制賠償保険(車検更新時に車屋さんに代行して貰う国の保険)から傷害の場合は、最高130万円まで下ります。 交通費や後々の慰謝料等の請求に於いて足りない場合は、相手の対人賠償から下りて来ます。
ただ、貴方が今現在無職ということなので、休業届等の収入源に支障を来していることが認められなければ、過剰請求は難しいでしょうね。
私の知る限りでは、肋骨、鎖骨等の自然治療の場合は3~6ヶ月の治療期間となると思いますので、相手保険会社の人身担当者と詰めていくしかないでしょう。
(保険会社には、素人社会人の範囲内で何を言っても構いません。但し、相手も人間ですから敵対するよりも「無理な相談」を持ち掛けるようにフトコロヘ入って行った方が得策です。)

投稿日時 - 2019-10-16 09:06:30

ANo.6

交通事故の場合、
怪我をした人を被害者として区別しますが、
刑事事件の加害者被害者の関係とは異なり
互いに責任の割合が存在するだけで一方的に相手が悪だというわけではありません。
被害者に責任の大部分がある事故もあります。
相手のある事故の場合、過失割合によって損害総額を当事者間で分担することになるので
休業損害・逸失利益・入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・医療関係費・交通費などすべての項目に過失割合は影響します。
慰謝料などは入通院の日数によってほぼ決まっていますので
相手がどうこうということではありません。

投稿日時 - 2019-10-15 14:43:27

ANo.5

>相手側が彼氏に保険会社に任せてるから一切連絡してくるな!と最後に言ってきた

おそらく相手側は事故は初めてではないと思います。少なくとも二度目でしょう。そういうことを知っていますからね。
だから、よく事故るやつなんですよ。事故による免停を何度も喰らってもどういうわけか運転をやめない人はたまにいます。世の中、そういうやつもハンドルを握っているんですよ。世の中の車がすべて自動運転になるその日まで、そういうドライバーが根絶することはないのです。

さて今回の事故ですが、おそらく質問者さんのケガへの対応は、彼氏の自動車保険の「人身傷害保険」で対応することになるかなと思います。つまり彼氏の保険が一時的に立て替えることになり、その後彼氏の保険会社がその保険金の8割を相手の保険会社に請求するということになるかなと思います。ですから、質問者さんの治療費等々に関する窓口は彼氏の保険会社の担当者となると思います。
そしてそのほうが現実的です。なぜなら、もしこれを相手の保険会社に払ってもらうということになれば、8割しか出てこないからです。それも示談が成立すればであって、彼氏が俺に2割は納得いかねえとか相手が俺が8割は納得いかねえとなると示談が成立しませんから相手も支払いに応じず、そうなると質問者さんが全額立て替えて、示談成立後に相手の保険会社に請求するという流れになってしまうからです。

慰謝料は4200円×通院日数の2倍です。これ以上欲しければ、弁護士を立てて請求するか、彼氏の保険会社に対して執拗なクレーマーになって相手が根負けするまで戦うかです。ネットでたまに「私は弁護士を立てずに弁護士基準の慰謝料を勝ち取りました!」と自慢する人がいますが、あれはいわゆるクレーマーです・笑。

>謝らない加害者側がほとんどなのでしょうか?

そこできちんと謝れる人は、普段から安全運転を心がけているので自分の過失が8割にもなるような事故は起こしません。8:2の事故というと、一時停止無視とかそういうやつですよね。最初から一時停止をしないやつだもん、無責任なやつに決まっているじゃないですか。
ちなみに私は、見通しが悪い交差点に来た場合はこちらが優先道路でも徐行することがしばしばあります。そういうやつと事故りたくないからです。

投稿日時 - 2019-10-14 18:54:01

ANo.4

保険会社の対応等々は他の方が書かれてる通りで、その他のご質問については、
(1) 自動車運転処罰法違反になり7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金という罰則があります。
自動車事故はどちらか一方が悪い訳では無く、双方の運転者の過失によって生じたモノとされるので、双方の運転者に罰が科せられます。

(2) 自賠責保険の慰謝料算出基準が一つの目安になります。
慰謝料=治療日数(入院、自宅療養、通院等)×4200円
が自賠責保険の算定基準で、他にも休業補償等々が加わるので、この計算式で出てくる金額の2倍くらいが損害賠償(治療費等の損害)以外に受け取れるお金の目安と言われています。

(3) 損害賠償は損害額を双方の保険で補填するので、実際の損害額以上の補償は受けられません。
慰謝料は事故に対する謝罪の気持ちをお金で出すモノですから、双方の加害者からそれぞれ支払われます。

(4) 警察に人身事故として事故の届けが出れば、必ず事情聴取や実況見分が行われるので相手にも知らされます。(相手も呼び出されると言うのが正しい言い方ですね)

投稿日時 - 2019-10-14 13:48:43

交通事故が発生したときに同乗者が死傷すると、交通事故の相手に対して損害賠償請求することができます。
また、それだけではなく自分を乗せてくれていた運転者に対しても損害賠償請求が可能です。
交通事故は、事故の相手と運転者の両者によって引き起こされ、同乗者のあなたが怪我をしたものだからです。


>車同士の事故の割合は向こうが8、彼氏が2

この場合は、お互い過失があり、お互いの不法行為が成立します。
したがって、この事故で怪我をされたあなたは相手と彼氏から損害賠償請求することができます。
相手だけが悪いわけではないことを認識しましょう。

投稿日時 - 2019-10-14 11:39:23

59歳 男性
事故大変でしたね
保険会社が処理するので、当事者には保険会社から余計な事を
言わないように指示されます
被害者からの感情を考えると嫌な思いをします
確実に相手が悪いと決まっているなら、相手にも苦情を
言うべきですが、貴女が運転していたのでは無いですよね?
貴女は両方の運転手からの被害者です
保険会社も役所みたいな感じです
決して感情的にならず、平然とそんな扱いでは困るを言って
相手を説得する方法にして下さい
相手も人間なので感情を出すと自分が思う様になりません
下出、下出を徹して下さいね

投稿日時 - 2019-10-14 11:18:18

ANo.1

残念ですが、そういうものです。保険会社は「余計なことは一切言わないように」という指示を出しています。保険会社は商売ですから少しでも支払額が少ないようにしようとします。保険会社を通さずに勝手に謝罪したりされたらまずいのです。

投稿日時 - 2019-10-14 10:50:32

あなたにオススメの質問