こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を訳して下さい。

Abbas Hilmi, the reigning Khedive, who had opposed the British occupation, was out of the country when the war started. When the British declared the Protectorate on 18 December 1914 they deposed Abbas Hilmi and promoted Prince Hussein Kamel as the Sultan of Egypt. The population agreed to these changes while the outcome of the war was unknown and the fighting continued.
From 2 August 1914 when the Ottoman armies mobilised, Brigadier General Zekki Pasha commanding the Ottoman Fourth Army at Damascus was planning to attack the Suez Canal, with the support of Djemal Pasha Commander in Chief of Syria and Palestine. The first hostilities occurred on 20 November when a 20-man patrol of the Bikanir Camel Corps was attacked at Bir en Nuss 20 miles (32 km) east of Qantara by 200 Bedouin. The Bikanir Camel Corps lost more than half their patrol. By December El Arish was occupied by an Ottoman force and the defence of the Suez Canal was organised. There had been a pre-war suggestion that a force of camels could hold Nekhl just to the south and in the centre of the Ottoman Empire and Egyptian frontier. The difficulty of supporting such a force of camels from bases on the western side of the Suez Canal was recognised when the decision was made that "the obvious line of actual defence of the eastern frontier of Egypt is the Suez Canal." The 100 miles (160 km) long canal had a railway running along its whole length and was supplied with water from the west, while only brackish wells were to the east. The length of the canal included about 29 miles (47 km) of the Great and Little Bitter Lakes and Lake Timsah, which divided the three sectors organised for the defence. These were,
Suez to the Bitter Lakes
Deversoir to El Ferdan
El Ferdan to Port Said, with headquarters and a general reserve at Ismailia while small detachments guarded the Sweet Water Canal and the Zagazig supply depot on the main Ismailia to Cairo road.

The northern stretch of the canal was shortened by 20 miles (32 km) by cutting the Canal bank at Port Said on 25 November to flood a portion of the desert which stretched to El Kab. Another major cutting in the Asiatic bank was made on 2 January north of Qantara and minor inundations between Qantara and Ismailia followed.
On 15 January 1915
Sector I Headquarters at Suez
30th Indian Brigade (the 24th and 76th Punjabis, the 126th Baluchistan Infantry and the 2/7th Gurkha Rifles)
1 Squadron Imperial Service Cavalry Brigade
1 Company Bikaner Camel Corps
half a company of Sappers and Miners
1 Battery Royal Field Artillery (RFA)
1 Indian Field Ambulance
These troops were deployed at the Esh Shat, Baluchistan, El Kubri, Gurkha, Shallufa, Geneffe and Suez posts.

投稿日時 - 2019-09-28 19:29:25

QNo.9661554

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>Abbas Hilmi, the reigning Khedive, who had opposed the British occupation, was out of the country when the war started. When the British declared the Protectorate on 18 December 1914 they deposed Abbas Hilmi and promoted Prince Hussein Kamel as the Sultan of Egypt. The population agreed to these changes while the outcome of the war was unknown and the fighting continued.
⇒英国の占領に反対していたケディブ現政権のアッバス・ヒルミは、戦争が始まったときに国外に出ていた。英国が1914年12月18日に保護領化を宣言したとき、アッバス・ヒルミを退位させ、フセイン・カメル王子をエジプトのスルタンとして昇進させた。戦争の結果はまだ予断を許さず、戦いは続いていたが、住民はこれらの変更に納得した。

>From 2 August 1914 when the Ottoman armies mobilised, Brigadier General Zekki Pasha commanding the Ottoman Fourth Army at Damascus was planning to attack the Suez Canal, with the support of Djemal Pasha Commander in Chief of Syria and Palestine. The first hostilities occurred on 20 November when a 20-man patrol of the Bikanir Camel Corps was attacked at Bir en Nuss 20 miles (32 km) east of Qantara by 200 Bedouin. The Bikanir Camel Corps lost more than half their patrol. By December El Arish was occupied by an Ottoman force and the defence of the Suez Canal was organised.
⇒オスマン方面軍が動員をかけた1914年8月2日から、ダマスカスのオスマン第4方面軍を指揮するゼッキ・パシャ准将は、シリアとパレスチナの首長であるジェマル・パシャ司令官の支援を得て、スエズ運河を攻撃する計画を立てていた。11月20日、ビカニルらくだ軍団のうちのパトロール隊20人がカンタラの東20マイル(32キロ)のビル・エン・ヌスでベドウィン隊200人によって攻撃されたとき、最初の敵対行為が起こった。ビカニルらくだ軍団は、パトロール隊員の半分以上を失った。12月までに、エル・アリシュがオスマン軍に占領されたので、スエズ運河の防衛隊が組織された。

>There had been a pre-war suggestion that a force of camels could hold Nekhl just to the south and in the centre of the Ottoman Empire and Egyptian frontier. The difficulty of supporting such a force of camels from bases on the western side of the Suez Canal was recognised when the decision was made that "the obvious line of actual defence of the eastern frontier of Egypt is the Suez Canal." The 100 miles (160 km) long canal had a railway running along its whole length and was supplied with water from the west, while only brackish wells were to the east. The length of the canal included about 29 miles (47 km) of the Great and Little Bitter Lakes and Lake Timsah, which divided the three sectors organised for the defence.
⇒オスマン帝国とエジプトとの国境の真南の中央部として、ネクルをらくだ隊1個軍団で維持できるだろう、という提案が戦前になされていた。「エジプト東部国境の現行の防衛線は明らかにスエズ運河である」という確定がなされたときに、スエズ運河の西側の基地からこのようならくだ軍団を支援することは困難であるということが認識された。この100マイル(160キロ)にわたる運河には、全長に沿って走る鉄道があって西から水の供給がされたが、東にあるのは塩水井戸だけだった。運河(の途中)には、約29マイル(47キロ)にわたる大小ビター湖とティムサ湖が含まれており、そのため防衛用に組織された地区は3つに分割されていた。

>These were,  Suez to the Bitter Lakes Deversoir to El Ferdan El Ferdan to Port Said, with headquarters and a general reserve at Ismailia while small detachments guarded the Sweet Water Canal and the Zagazig supply depot on the main Ismailia to Cairo road. The northern stretch of the canal was shortened by 20 miles (32 km) by cutting the Canal bank at Port Said on 25 November to flood a portion of the desert which stretched to El Kab. Another major cutting in the Asiatic bank was made on 2 January north of Qantara and minor inundations between Qantara and Ismailia followed.
⇒このうち、スエズから大小ビター湖までと、エル・フェルダンからサイード港までをイスマイリアにある本部と総予備軍で守り、他方、数個の小分遣隊が軟水域の運河とカイロへ通じるイスマイリア本道沿いのザガジグ補給基地を守っていた。運河北側の航程部は、11月25日にサイード港で運河の土手を切断して、エル・カブまで伸びた砂漠の一部を浸水させることにより、20マイル(32キロ)短縮された。1月2日、カンタラ北でもう1つアジア堤防を大規模に切断し、カンタラとイスマイリアの間で(エル・カブの場合より)小規模な浸水が行われた。

>On 15 January 1915  Sector I Headquarters at Suez  30th Indian Brigade (the 24th and 76th Punjabis, the 126th Baluchistan Infantry and the 2/7th Gurkha Rifles) 1 Squadron Imperial Service Cavalry Brigade  1 Company Bikaner Camel Corps half a company of Sappers and Miners 1 Battery Royal Field Artillery (RFA) 1 Indian Field Ambulance These troops were deployed at the Esh Shat, Baluchistan, El Kubri, Gurkha, Shallufa, Geneffe and Suez posts.
⇒1915年1月15日(時点で)、以下の軍隊がエシュ・シャット、バルチスタン、エル・クブリ、グルカ、シャルファ、ジュネフェ、およびスエズの各哨戒陣地に配備された。すなわちそれは、スエズの第I本部地区隊、第30インド旅団(第24、第76パンジャブ隊、第126バルチスタン歩兵隊、および第2/7グルカ族銃隊)、帝国奉仕騎兵旅団1個大隊、ビカネルらくだ1個中隊、工兵・地雷工兵の半個中隊、王立野戦砲兵(RFA)1個中隊、およびインド野戦救急1個隊であった。

投稿日時 - 2019-10-09 17:52:29

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-10-13 02:34:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

英国の占領に反対していた現ケディブのアッバス・ヒルミは、戦争が始まったときに国外に出ていた。 イギリスが1914年12月18日に植民地を宣言したときに、アッバス・ヒルミを退位させ、フセイン・カメル王子をエジプトのスルタンとして昇進させました。 戦争の結果はまだ予断をゆるさないが、住民はこれらの事に納得した。
オスマン軍が動員した1914年8月2日から、ダマスカスのオスマン帝国第4軍を指揮するゼッキパシャ准将は、シリアとパレスチナの首長であるジェマルパシャ司令官の支援を得て、スエズ運河を攻撃する計画を立てていました。 最初の敵対行為は、11月20日に、バイカニルキャメル隊の20人のパトロールが、カンタラの東20マイル(32 km)のビルアンヌスで200ベドウィンによって攻撃されたときに起こりました。 ビカニルキャメル隊は、パトロール隊員の半分以上を失いました。 12月までに、エルアリッシュはオスマン軍に占領され、スエズ運河の防衛隊員が組織されました。 ラクダの軍隊がネクルをオスマン帝国とエジプトのフロンティアのちょうど南の中央に留めることができるという戦前の提案がありました。 スエズ運河の西側の基地からこのようなラクダの力を支援することの難しさは、「エジプトの東部国境の実際の防衛線はスエズ運河である」という決定が下されたときに認識されました。 100マイル(160 km)の運河には、全長に沿って走る鉄道があり、西から水が供給されましたが、汽水井戸だけが東にありました。 運河の長さには、約29マイル(47 km)のグレートビターレイクとリトルビターレイク、およびティムサ湖が含まれており、防衛のために組織された3つのセクターを分割しました。 これらが、
苦い湖へのスエズ
エルフェルダンのデヴァーソワール
エルフェルダンからポートサイドまで、イスマイリアに本部と一般保護区があり、小さな分遣隊がメインのイスマイリアからカイロへの道路にあるスウィートウォーター運河とザガジグ補給基地を守っていました。

運河の北側のストレッチは、11月25日にポートサイドで運河の土手を切断して、エルカブまで伸びた砂漠の一部を浸水させることにより、20マイル(32 km)短縮されました。 1月2日、カンタラの北でアジア銀行のもう1つの大規模な伐採が行われ、カンタラとイスマイリアの間の小規模な浸水が続きました。
1915年1月15日
スエズのセクターI本社
第30インド旅団(第24と第76パンジャビス、第126バルチスタン歩兵、第2/7グルカライフル)
1戦隊インペリアルサービス騎兵旅団
1社ビカネールキャメル隊
サッパーズアンドマイナーズの半社
1バッテリーロイヤルフィールドアーティレリー(RFA)
1インド野戦救急車
これらの部隊はエシュ・シャット、バルチスタン、エル・クブリ、グルカ、シャルファ、ジュネーフ、スエズの各ポストに配備されました。

投稿日時 - 2019-09-28 20:00:50