こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

次の英文を日本語訳して下さい。

Beatty had lost control of the battle and he judged that the opportunity of an overwhelming victory had been lost and the Admiralty—erroneously believing that Derfflinger had been badly damaged—later reached the same conclusion. Jutland later showed that the British battlecruisers were still vulnerable to ammunition fires and magazine explosions, if hit by plunging fire. Had Moore's three fast battlecruisers pursued Hipper's remaining three (leaving the slower Indomitable behind as Beatty intended), the British might have been at a disadvantage and been defeated. Blücher demonstrated the ability of the German ships to absorb great punishment; all of Hipper's remaining ships were larger, faster, newer, more heavily armed, and far better armoured than Blücher; only Seydlitz had suffered serious damage. Apart from the sinking of Blücher, the Germans out-hit the British by over three to one, with 22 heavy-calibre hits—16 on Lion and six on Tiger—against seven British hits.
The battle, although inconclusive, boosted British morale. The Germans learned lessons and the British did not. Rear-Admiral Moore was quietly replaced and sent to the Canary Islands and Captain Henry Pelly of the Tiger was blamed for not taking over when Lion was damaged. Beatty's flag lieutenant Ralph Seymour—responsible for hoisting Beatty's two commands on one flag hoist, allowing them to be read as one—remained. The use of wireless allowed centralised control of ships from the Admiralty, which cramped the initiative of the men on the spot. Signals between ships continued to be by flag but there was no revision of the signal book or the assumptions of its authors. Signalling on board Lion was again poor in the first hours of Jutland, with serious consequences for the British. The battlecruisers failed to improve fire distribution and similar targeting errors were made at Jutland.In 1929, Julian Corbett, the naval official historian, recorded 792 men killed and 45 wounded out of the 1,026 crew on Blücher, 189 of the men being rescued by the British. Seydlitz lost 159 men killed and 33 wounded and Kolberg lost three men killed and two wounded. In 1965, Marder wrote that over 1,000 German sailors had been killed or captured, for British casualties of fewer than 50 men killed or wounded. In 2003, Massie wrote that German casualties were an estimated 951 men killed and 78 wounded, most in Blücher; 153 men were killed and 33 were wounded in the fire in the two after turrets of Seydlitz. The British rescued 189 unwounded prisoners and 45 wounded from Blücher. British casualties were 15 killed and 80 men wounded. On Lion, two men had been killed and eleven wounded, most by a shell hit in the A turret lobby. Ten men were killed on Tiger with nine men wounded and on Meteor, four men were killed and two were wounded.

投稿日時 - 2019-09-16 23:00:51

QNo.9657596

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>Beatty had lost control of the battle and he judged that the opportunity of an overwhelming victory had been lost and the Admiralty—erroneously believing that Derfflinger* had been badly damaged—later reached the same conclusion. Jutland later showed that ~ disadvantage and been defeated.
⇒ビーティは、戦闘の支配権を失い、圧倒的な勝利の機会が失われたと判断したが、海軍本部も ―デルフリンガー号*がひどく損害を受けたと誤って信じて― 後に同じ結論に達した。ユトランド(デンマークの主要部をなす半島)は後に、英国の巡洋戦艦が突発的な砲火に見舞われると、弾薬や弾薬庫の爆発については依然として脆弱であることを示した。ムーアの3隻の高速巡洋戦艦が(ビーティが意図したように、より遅いインドミタブル号を残して)ヒッパーの残りの3隻を追いかけていたら、英国軍は不利な立場に転じて敗北していたかもしれなかった。
*Derfflinger:これまで、曖昧な認識で「デルフィンガー」とか「ダーフィンガー」などといいかげんに訳しましたが、ドイツ軍の船艦名ですので、「デルフリンガー号」とするのが最も妥当と気づきました。

>Blücher demonstrated the ability ~ against seven British hits.
⇒ブリュッヒャー号によって、ドイツ軍の船艦は大きな打撃を受け止める能力のあることが示された。ヒッパーの残りの船艦はすべてブリュッヒャー号よりもはるかに大きく、高速で、新しく、重装甲で、優れていた。セイドリッツ号だけが深刻な被害を受けた。ブリュッヒャー号の沈没は別として、ドイツ軍の砲弾命中(率)は―ライオン号に16発、タイガー号に6発―計22発の大口径弾の命中で、英国軍の7発に対し3対1の割合で英国軍のそれを上回っていた。

>The battle, although inconclusive ~ the assumptions of its authors.
⇒戦いは決定的ではなかったものの、英国軍の士気を高めた。ドイツ軍は教訓を学んだが、英国軍は教訓を学ぶことはなかった。ムーア海軍少将は静かに交代してカナリア諸島に送られたが、ライオン号の損傷時に引き継がなかったためにタイガー号のヘンリー・ペリー船長が非難された。ビーティの旗手ラルフ・シーモア中尉は ―ビーティの2つの指令を1つの旗揚げ機に上げて、それらを1つとして読まれてしまうようにした(張本人だが)―そのまま居残った。無線の使用により、海軍本部からの艦船の集中管理が可能となり、その場の兵士の主導性が拘束力を持った。艦船間の合図は旗によったが、信号帳や作者の想定を改変することはなかった。

>Signalling on board Lion ~ 50 men killed or wounded.
⇒ユトランドでは、最初の数時間のうちにライオン号上での信号送受信が再度悪化し、英国軍に深刻な結果をもたらした。巡洋戦艦は砲火海域分布の(点検)改善に失敗し、ユトランドでも同様の照準の過誤があった。1929年、海軍の公報史家ジュリアン・コルベットは、ブリュッヒャー号の1,026人の乗組員のうち792人が死亡し、45人が負傷し、189人が英国軍によって救助されたと報告した。セイドリッツ号では159人が死亡、33人が負傷し、コルベルク号では3人が死亡、2人が負傷した。1965年、マルダーは、英国軍で死亡または負傷した者が50人未満であったのに対し、ドイツ軍海兵は1,000人以上の死亡または捕虜になったと書いている。

>In 2003, Massie wrote ~ and two were wounded.
⇒2003年、マッシーは、ドイツ軍の死傷者について推定951人が殺され、78人が負傷したと書いた。セイドリッツ号の砲塔の後ろの2件の火災で、153人が死亡し、33人が負傷した。英国軍は、負傷していない189人の囚人と45人の負傷者を、おもにブリュッヒャー号から救出した。(その際の)英国軍の死傷者については、15人が死亡し、80人が負傷した。ライオン号では、主として砲弾の命中によってA砲塔のロビーで2人の兵士が殺され、11人が負傷した。タイガー号では10人が死亡し、9人が負傷し、メテオール号では4人が死亡し、2人が負傷した。

投稿日時 - 2019-09-24 21:24:57

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-09-28 18:48:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)