こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳をお願いいたします。

At 11:02, realising that so sharp a turn would open the range too much, Beatty ordered "Course NE" to limit the turn to 45° and then added "Engage the enemy's rear", to clarify his intent that the other ships, which had now left Lion far behind, should pursue the main German force. With Lion′s electric generators out of action, Beatty could only signal using flag hoists and both signals were flown at the same time.
The combination of the signal "Course NE"—which happened to be the direction of Blücher—and the signal to engage the rear was misunderstood by Beatty's second-in-command, Rear-Admiral Gordon Moore on New Zealand, as an order for all the battlecruisers to finish off Blücher. The British battlecruisers broke off the pursuit of the German squadron and attacked Blücher, with most of the British light cruisers and destroyers joining in. Beatty tried to correct this obvious misunderstanding by using the order from Horatio Nelson at the Battle of Trafalgar "Engage the enemy more closely" but this order was not in the signal book and Beatty chose "Keep nearer to the enemy" as the closest equivalent. By the time this signal was hoisted, Moore's ships were too far away to read Beatty's flags and the correction was not received. Despite the overwhelming odds, Blücher put the British destroyer HMS Meteor out of action and scored two hits on the British battlecruisers with its 21 cm (8.3 in) guns. Blücher was hit by about 70 shells and wrecked. When struck by two torpedoes from the light cruiser Arethusa, Blücher capsized at 54 25' N. Lat., 5 25' E. Long and sank at 13:13, with the loss of 792 crew. British ships began to rescue survivors but were interrupted by the arrival of the Zeppelin L-5 (LZ-28) and by a German seaplane, which attacked with small bombs. No damage was done but the British ships put on speed and withdrew to avoid further aerial attack, leaving some of the survivors behind. By this time, the rest of the German ships were too far away for the British to catch up.
Lion made 10 kn (19 km/h; 12 mph) at the beginning of the 300 nmi (560 km; 350 mi) return voyage, escorted by Indomitable. Beatty contemplated leaving a flotilla of destroyers to guard Lion and sending the rest to the German Bight, to make a night attack on the German ships but the damage to Lion caused more problems. As it crept home, the ship suffered further engine-trouble from salt water contamination in the boiler-feed-water system and its speed dropped to 8 kn (15 km/h; 9.2 mph). Lion was taken in tow by Indomitable, an operation which took two hours, in which the battlecruisers were exceedingly vulnerable to submarine attacks.

投稿日時 - 2019-09-16 22:57:27

QNo.9657592

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>At 11:02, realising that ~ flown at the same time.
⇒11時2分に、急な鋭角的転回で射程が開きすぎることに気付いたビーティは、転回を「コースNE(北東)」45°に制限するよう命令し、「敵の後衛部と交戦する」ことを追加して、ライオン号を大きく置き去りにした他の船艦がドイツ軍の主力本体を追跡するように、という意図を明らかにした。ライオン号の発電機が動作しなくなったため、ビーティは旗揚げ機でしか信号を送ることができず、この両方の信号が同時に流れていた。

>The combination of the signal ~ and destroyers joining in.
⇒信号「コースNE」―たまたまブリュッヒャー号の方向であった―と後衛部と交戦するようにという信号の組み合わせが、ビーティーの副司令官であるニュージーランド号のゴードン・ムーア少将によって全一体の命令として誤解された。英国の巡洋戦艦はドイツ軍の戦隊の追跡を中断し、ほとんどの英国軍の軽巡洋艦と駆逐艦が参加してブリューチャー号を攻撃した。

>Beatty tried to correct this obvious misunderstanding by using the order from Horatio Nelson at the Battle of Trafalgar* ~ about 70 shells and wrecked.
⇒ビーティは、「トラファルガーの海戦」*におけるホレイショ・ネルソンの命令「もっと敵に近づけ」を使ってこの明白な誤解を修正しようとしたが、この命令は信号帳になく、ビーティは最も近いものとして「敵により近い位置を維持せよ」(という信号)を選んだ。(しかし)この信号が上げられるころ、ムーアの船隊は遠く離れていてビーティの旗を読むことができず、修正は届かなかった。圧倒的な勝機にも関わらず、(逆に)ブリュッヒャー号は英国駆逐艦HMSメテオ号に傷害を与え、21センチ(8.3インチ)の砲で英国軍巡洋艦に2発当てた。(しかし)ブリュッヒャー号は約70発の砲弾に見舞われて、破壊された。
*Battle of Trafalgar「トラファルガーの海戦」:ナポレオンが配下の派遣軍を使って英国軍をカリブ海方面に引き寄せ、そのすきに本隊がロンドンを突こうとしたが、その意図に気づいた英国軍のネルソン提督がこれを追尾して英国軍の大勝に導いた(ただし、ネルソン自身は戦死した)。

>When struck by two torpedoes ~ for the British to catch up.
⇒軽巡洋艦アルツーサ号から2発の魚雷に攻撃されたとき、ブリュッヒャー号は北緯54度25分、東経5度25分で転覆し、13時13分に沈没し、792人の乗組員を失った。英国軍船艦は生存者を救助し始めたが、ドイツ軍の硬式飛行船ツェッペリンL-5(LZ-28)号の到着と小爆弾攻撃によって中断された。損害はなかったが、英国軍船艦はさらなる攻撃を避けるために速度を上げて撤退し、生存者の一部を残した。この時はもう、英国軍が残りのドイツ軍船艦に追いつくには離れすぎていた。

>Lion made 10 kn (19 km/h; 12 mph) ~ vulnerable to submarine attacks.
⇒ライオン号は、インドミタブル号の付き添いを得て10ノット(時速19キロ/12マイル)の速度で、300海里(560キロ; 350マイル)の里程の復航の途についた。ビーティーは、ライオン号を守るために駆逐艦の艦隊を残し、残りをドイツの湾に送り、ドイツ軍の船艦に夜間攻撃を加えることを考えていたが、ライオン号の損傷がより多くの問題を引き起こした。本国を目指して徐行で進むにつれて、この船艦はボイラー給水システムの塩水汚染によってエンジン不調にさらされ、速度は8ノット(時速15キロ/9.2マイル)に低下した。(ついに)ライオン号はインドミタブル号にけん引されるに至って、2時間かかったが、その間中これらの巡洋戦艦は潜水艦攻撃に対して非常な脆弱性を露呈した。

投稿日時 - 2019-09-21 21:45:04

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-09-23 19:17:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)