こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

交流回路計算

初歩的な交流回路計算なのですが、添付の図のRは、直流回路計算同様、4×30=6×Rより、R=20Ω と求めてもよろしいのでしょうか?

投稿日時 - 2019-09-15 19:46:23

QNo.9657110

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>添付の図のRは、直流回路計算同様、4×30=6×Rより、R=20Ω と求めてもよろしいのでしょうか?

この交流回路の場合はいいでしょう。

交流回路の場合は
交流電源Eの位相を基準に取ると
XLとRにに流れる電流IL, IR の位相は, それぞれ 90度遅れ, 同位相であるから
IL= -j 4 A, IR= 6 A ,
E= R * IR = 6 * R ,
E= j XL * IL= j 30 * (-j 4)= 120 V
= 6 * R ,
∴ R= 120 / 6 = 20 Ω

と同じ R が求まります。

投稿日時 - 2019-09-16 19:55:41

お礼

なるほど。 コイルはj XL と表すんですね。確かに、計算の結果は直流で考えた場合と同じですね。大変、参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-09-17 08:03:36

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>添付の図のRは、直流回路計算同様、4×30=6×Rより、R=20Ω と求めてもよろしいのでしょうか?

「添付図」では、回路素子 R と XL、その通過電流 6A と4A を「絶対値」で表示してある。
これから R の値を求めるだけなら、「直流回路計算同様、4×30=6×Rより、R=20Ω と求めてもよろしい」。

「交流電源」の出力電流は、「絶対値」 6A と 4A の単純和じゃないので、要注意。
  

投稿日時 - 2019-09-15 22:33:35

お礼

なるほど。やはり、位相が絡んでくるわけですね。どうも、このあたり苦手なのですが、この回路に限っては、直流同様の計算でいいとわかり、ホッとしました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-09-17 08:06:17

あなたにオススメの質問