こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

監視用のアクセスポイントについて

【事象および状況】
昨日、ユーザー先である執務室のみパソコン側に無線アクセスポイントのSSIDは表示されているが、接続しようとしても接続できないという事象がありました。
その執務室のユーザーすべてが、無線アクセスポイントに接続できないという事象で他の執務室のユーザーは問題なく、無線アクセスポイントに接続できています。

無線アクセスポイントは個人向けではなく企業向けのもので天井に張り付けて設置されております。
その無線アクセスポイントのすぐそばに、無線アクセスポイントを監視するための監視用の無線アクセスポイントが設置されています。
結果、その執務室にある無線アクセスポイントの再起動で改善しました。

【ご教示いただきたい点】
ユーザーから障害の連絡があるまで、無線アクセスポイントに接続できない事象があることに気がついていませんでした。
無線アクセスポイントを監視するための監視用の無線アクセスポイントなので、障害を検知できてもよいと思うのですが、監視用の無線アクセスポイントでは障害を検知できないのでしょうか。

投稿日時 - 2019-08-09 07:27:03

QNo.9643969

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

業務用無線LANの設備設計施工をしています
無線の免許も所持しております

アクセスポイントを監視するアクセスポイントというのが何か普通ではない気がします
そもそもその監視用アクセスポイントは何を監視しているのでしょう?
それがわかりませんので何とも言えません

監視するのであればコントローラかSNMPでよいと思うのです
これらが正常に動いていれば気が付けたかもしれません
起業に導入するAPならばこれらは当然つけている機能です

投稿日時 - 2019-08-09 08:47:30

お礼

ありがとうございます。

大手IT企業の下請けの会社で客先常駐して勤務していますが、監視用の無線アクセスポイントの設置は大手IT企業のグループ会社が設置したもので各執務室には必ず無線アクセスポイントがあり、それに併せて監視用の無線アクセスポイントも設置されているようです。

今回のような障害は初めてではなく、以前も同様の障害が起きています。

監視用の無線アクセスポイントがあるにも関わらず、2回も障害の検知ができていないことは事実のため、確認をしてみたのですが、無線アクセスポイントを監視する無線アクセスポイントのみの回答でそれ以上の回答は得られませんでした。

・障害を検知できない監視用の無線アクセスポイントを設置している意味があるのか
・監視用の無線アクセスポイントはそもそも何を検知しているのか

そもそも業務用の無線アクセスポイントを設置する際に何かを監視するための無線アクセスポイントを設置することはよく行われていることなのでしょうか。

確かにSNMPで監視する方がよさそうですね。
現在の環境だとユーザーに障害が発生している執務室の部屋番号を確認してから、そこに設置されている無線アクセスポイントがどれであるかを紙の図面を広げて調べてExcelベースの無線アクセスポイント管理台帳を見て対応しているという状況のようです。

各執務室内の無線アクセスポイントの設置位置の図面に無線アクセスポイントの情報がパソコンで確認できるようにして、無線アクセスポイントをSNMPで監視していれば、どこの無線アクセスポイントで障害が起きたか一目瞭然でわかるので、その方が良さそうではと思っています。

安心して使える無線LAN構築法――(4) 第3回
https://tech.nikkeibp.co.jp/it/members/NCC/NETPOINT/20021126/3/

WLAN > Advanced Configuration > Global > SNMP Trapsタブ(無線SNMPトラップ設定)
https://www.allied-telesis.co.jp/support/list/wireless/uwc/rel/1.1.0/613001751a/docs/help_WirelessSNMPTrapsConfig_j.html

投稿日時 - 2019-08-09 12:55:45

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

業務用の機器ならタイマー終了やタイマー起動を、スケジューリングできる機能があるかもしれません。
始業前やお昼休みなど業務に差し障りのない時間帯に、あらかじめ再起動させてもいいと思います。
タイマー付きコンセントを利用して、似たようなトラブルを解決したことがありました。
https://www.earlyteches.com/2018/12/wifi-router-reboot-auto-timer/

アクセスポイントの有線LAN側に対して、再起動コマンドを送るという手もあるでしょう。
死活監視ソフトと組み合わせれば、状況に応じて自動的にコマンド送信もできると思います。
http://gurizuri0505.halfmoon.jp/20080610/1865
https://photo-tea.com/p/1801/router-auto-reboot/
http://myct.jp/wiki/index.php?%E7%84%A1%E7%B7%9ALAN%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%EF%BC%88WAPM-1166D%EF%BC%89%E3%82%92%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E7%9A%84%E3%81%AB%E5%86%8D%E8%B5%B7%E5%8B%95%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B

投稿日時 - 2019-08-10 10:39:52

お礼

ありがとうございます。

タイマー付コンセントは使用されてはいないようです。

執務室にあるSSIDはパソコン上で表示されているので、無線アクセスポイントはダウンはしていない状況です。
自分が対応する前に他のメンバーが始業直後にその執務室にいる客先の何名かのユーザーから問い合わせを受けていたようですが、そのことを一切、聞かされていなかったため、客先のユーザーからの催促の連絡を自分が受けて、無線アクセスポイントで障害が起きているのでと考え、システムエンジニアに無線アクセスポイントの再起動を依頼しました。

始業直後に不具合があり、ネットワークに接続できないということは、Skype for Business 2016,Outlook2016,共有フォルダも使用できないということなので、その状況事態が業務に差し障りがある状況なので、翌日の始業前、昼休みに再起動という状況ではありませんでしたので、すぐに無線アクセスポイントの再起動が必要でした。
また、他の執務室のユーザーは無線アクセスポイントに接続できないという事象は発生していないので、その執務室の無線アクセスポイントの問題になります。

自分は大分前に別の執務室のユーザーから業務中に無線が切断され、すぐに復旧を繰り返すという事象で問い合わせを受けていることがあり、その際もその執務室にある無線アクセスポイントが原因でしたので、今回の事象についても無線アクセスポイントが原因であることに気がつきました。
大分前に問い合わせを受けたところは、一般のユーザーから問い合わせを受けているコールセンターなので、無線が切断されるということは問い合わせを受けても問い合わせ内容を残せないことになるので、業務インパクトはかなり大きいものでした。

監視用の無線アクセスポイントの目的がなにかわからないのですが、それが必要で設置しているとうことであれば、そもそも障害を検知できてしかるべきで、障害を検知したら内容によっては、無線アクセスポイントの再起動を自動で行うようにしておくべきかなと思っています。

投稿日時 - 2019-08-10 19:48:46

あなたにオススメの質問