こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Windows10 アップデート 時間がかかる

富士通パソコン FMVWC2F17D
メモリ8GB HDD 1TB i7-7700HQ 2.8GHz
購入時からWindowsアップデートに悩まされています
回線はADSLです
大きなアップデートでは8時間程度の時間がかかります
これが毎回続くのかと思うと頭が痛いです

この前に使用していたパソコンでは最初の更新に3日間占有されました。
その間パソコンだけでなく、回線のスピードが大きく低下し、家中のパソコンが影響を受けました
インプレースアップデートという方法があると聞き、試しました。
多少改善されますがあまり差はありません
現在1903の更新があるようです
「またか!」と言いたいところです

私以外にこのようなことで悩んでいる人はいないのでしょうか
8時間もかかるのは私だけですか?

投稿日時 - 2019-07-17 23:04:49

QNo.9636464

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

根本解決は回線をADSLから光に変えれば通信速度も向上して言われている問題も解消すると思います。

>8時間もかかるのは私だけですか?
Win10の大型アップデートの場合は4GBを超えるような容量のダウンロードが行われますから回線速度が遅いと時間が掛かっても特におかしくはないです。

負担はWindowsUpdateが勝手に更新プログラムをダウンロードしないように止めたりして必要な更新プログラムは外出先のフリーWi-Fi等に接続して
https://www.catalog.update.microsoft.com/Home.aspx
からオフライン用・スタンドアロン用の更新プログラムをダウンロードして適用するって方法もあります。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
大型アップデートに関しては上記からISOイメージファイルをダウンロードするって方法もあります。
ただ面倒なのでおすすめはしませんけど。

投稿日時 - 2019-07-17 23:22:03

お礼

回答ありがとうございます
フリーWi-Fiでダウンロードするというのは気がつきませんでした

これはあくまでも我が家のADSLよりもフリーWi-Fiの方が速いという大前提ですよね

フリーWi-Fiの方が遅いのではないかと思い込んでました
今回のアップデートはインプレースアップデートという方法で無事終わりましたので、次回の時に試してみたいと思います
ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-07-18 22:18:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

》それとも今時Windowsなど使っている人なんかほとんどいないよ
今は全部スマホで処理するんだよ
Windowsなんか使っているのは私のようなおっさんだけだよ
というのが今のトレンドなんでしょうか

スマホのOS updateでもあるように、新機種の新機能に対応させると旧機種ではバグを起こしたり起動時間や電池の消耗を早めたりします。
同様にPC環境によっては使用出来ないOS機能は、updateする時にレジストリ設定が出来ずフリーズなんてことも一般的に考えられる事です。

そういった不満を解消するには最新機種を追いかけるしかありません。

投稿日時 - 2019-07-19 08:31:58

ANo.11

dynabook T95/NG 使用中

回線は1日115MB高速通信ができる格安SIMのOCNモバイルONEを使ってます。

これで何度かOSのダウンロードを試みましたが失敗しました。
2日くらい稼働させてたんですが。

こまめにアップデートしているなら、それほど時間はかからないかもしれませんが、自分の環境だと勝手に帯域を占有されると迷惑なので強制的に止めてます。

はっきり言ってOSのダウンロードは高速通信が出来るWi-Fiスポットに行ってやったほうがいいですよ。(何度も失敗して身に沁みました。)

ついでにアップデートも済まして、バージョンを1903の最新のものにしてください。

まあ、質問はアップデートに時間が掛かる点についてでしょうから、
イライラするならWi-Fiスポットに行ってしてくるのがいいですよ。

と思ったけど、もしかしてそのパソコンはデスクトップ?

ならWi-Fiスポットには行けないですね。
どうしても不満なら、光回線を契約するしかないと思います。

なんにせよ、1903にしたら設定 → 更新とセキュリティ → 更新の一時停止 で、約1か月間更新を強制的に止めておけますので、そうするのが良いかと。

最近Homeエディションでも使えるようになった機能です。
1903より前のバージョンでは使えないので、1903にしてください。

約ひと月後、同様の手順で【再び】延期出来るそうですが、俺は以下の手順で強制的に止めてます。



● Windows update (自動更新)を無効にする方法。

スタートメニューで右クリック → タスクマネージャーを起動 → サービスタブ →

サービス管理ツールを開く → Windows update を右クリック → プロパティ → 全般タブ

→ スタートアップの種類 プルダウンメニュー内 → 無効 → 適用




● Windows update (自動更新)のスケジューラを無効にする。

スタートメニュー → Windows管理ツール → タスクスケジューラ を起動 →

左メニュー内のフォルダツリー

タスクスケジューラライブラリ → マイクロソフト → Windows → Windows update →

Scheduled Start → エクスポート(バックアップ)する。


クリックして選択 → 右メニュー内 操作 → エクスポート → 保存 。

Sih も同様に保存。(俺の環境では該当するもの無し)

Scheduled Start 右クリック → 削除 → 確認画面ではいを選択。 で完了

以下のサイトにあるソースコード(パッチ)をコピペして、サイト内で説明している要領で
設定しておくと、勝手にUpdateが始まることはなくなります。(ちゃんと設定出来てたら。)

詳しくはこちら↓
https://itblogdsi.blog.fc2.com/blog-entry-275.html




!! 自動更新を止めるとOS標準のセキュリティ関連の更新も自動更新されなくなるので、

こまめにチェックして手動で更新すること。

上記の方法で強制的に止めていると、【設定の更新から更新しようとしても更新できなくなる】ので、Updateの有効化をする必要があります。

俺は別途ウイルス対策ソフトを入れて、そっちの定義ファイルを更新することで、ある程度のセキュリティは保っていますが、それでもOSで発見されたセキュリティーホールは補修されないでしょうから、OSのアップデートは定期的にやらないといけないと思っています。

そんな感じで、アップデートは都合が良い時に手動でするようにすると良いのではないでしょうか。

パッチまで充てて止めなくてもいいと思いますけどね、普通の人は。
HomeでもUpdateの延期できるようになったんだし。

俺がどうしてここまでしているかって言うと、、、 不具合があるパソコンだから、勝手にドライバーの更新とかされると、下手するとOSのクリーンインストールを余儀なくされるので、仕方なくです。

今まで何度クリーンインストールしたことか。20回くらいしてますから。

最近ようやくまともになってきた感じがするけど、念のためにしています。
ついでに手動でしょっちゅう復元ポイントを作るようになりました。(笑)


● Delivery Optimization を無効にする方法

Delivery Optimization は、配信関連のサービスで勝手に通信していることが多いので、以下の手順で機能を停止すると無駄な通信がされなくなるので良いと思います。


スタートメニュー → Windows管理ツール → サービス → Delivery Optimization 
→ 右クリック → プロパティ → 全般タブ 
→ スタートアップの種類 を無効 →サービスの状態 で停止 → 適用 → OK


他に無駄に通信させない試みとしては、設定 → ネットワークとインターネット → データー使用状況 → バックグラウンドデータ
で常時制限したり、

バックグラウンドアプリ を必要最低限なものにしておくと、無駄な通信が抑えられて良いと思います。

何が通信しているかを調べるには、タスクマネージャーやリソースモニターから調べてください。

以上、長くなりましたが参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2019-07-18 18:59:40

お礼

回答ありがとうございます
ちょっと濃いお話です
わたくしにはなじまないかも

でも、他の方からの回答にもあるように発見がありました
フリーWi-Fiは我が家のADSLより速いのか?

ということですね。
もしそうであるならば試してみる価値はあると考えました
ただ、今回の1903のアップデートは無事終了しました
いわゆるインプレースアップデートという方法で、DVDにデータを書き込み
そのDVDを基にアップデートを2台のパソコンに行いました
主に使用しているパソコンはデスクトップですが、ノートパソコンを持ち出してフリーWi-Fiにてデータをダウンロードするという方法を次回試してみたいと思います。

フリーWi-Fiはセキュリティーに多少の問題ありと聞きますが、データのダウンロードならなんとかなると考えます。

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-07-18 21:32:45

ANo.10

ADSLの速度が異様に遅いのでしょうかね?
会社は未だに初期のADSLのままですがwindows10 1903のアップデートによるダウンロートは1時間もかかりませんでしたよ。

投稿日時 - 2019-07-18 13:04:19

お礼

回答ありがとうございます
耳寄りなお話です

多くの方から回答いただきました
そのすべてがADSLではだめでしょう
でした

そうでもないというのであれば、プロバイダーに確認を入れてみたいと思いました。

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-07-18 21:35:49

ANo.9

個別ダウンロードを説明したサイトです。

https://tipstour.net/windows10-update-download-error

投稿日時 - 2019-07-18 12:30:18

お礼

回答ありがとうございます
リンク先を見ました

結論!
ここまでしないとアップデートが完了しないの?
という感想です

マイクロソフトはこのOSをどうしようとしているのでしょう
今やWindowsは人間ならば誰しも使わなければならないもの
に等しいポジションにあると思うのです
ということは誰もが使えるものでなければいけないのです

それがこのような手順を経ないとアップデートが完了しないというのであれば、このOSは万人のものとは言えません。
私のような物好きのためだけに存在するマイナーなOSであるということを世界中に宣言しなければいけません。

と思うのですが
マイクロソフトの人聞いてないかな?
返事はしなくていいですよ

それとも今時Windowsなど使っている人なんかほとんどいないよ
今は全部スマホで処理するんだよ
Windowsなんか使っているのは私のようなおっさんだけだよ
というのが今のトレンドなんでしょうか

ちょっと言い過ぎ?

投稿日時 - 2019-07-18 21:52:22

ANo.8

すみません
MediaCreationTool1903.exe のダウンロード先が欠落していました

下記のページの
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
ツールを今すぐダウンロードの部分からダウンロードです
18MB程度の小さなデータなので、これのダウンロードには時間はかかりません

投稿日時 - 2019-07-18 12:20:52

お礼

ありがとうございます
これは試しました
このおかげで今回のアップデートは意外にスムースに進んだのでした

投稿日時 - 2019-07-18 21:54:18

ANo.7

ADSL回線は来年度以降から順次廃止されるので、否応がなしに回線は切り替える必要が出てきます

最後までADSLの新規受付していたyahooBBでさえ場所によっては来年3月から回線廃止されてしまう地域が出てきます
https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2019/20190510_03/

ここまでは余談ですが
ADSL回線でもWindows10のアップデートは行えますよ

まずは下記のページを開いてツールを今すぐダウンロードをクリック
MediaCreationTool1903.exe をダウンロードしてください

これを起動します
途中で 「実行する操作を選んでください」 の画面になるので
別のPCのインストールメディアを作成するの方を選択して次の画面に

言語・アーキテクチャ・エディションの選択画面では自動でそのPCに適した物になっているのでそのまま進むか、複数のPCを持っていて64bit/32bitバージョンがあるなら両方を選んでください

使用するメディアの画面になったら
ISOファイルとしてPC内の自分がわかる場所にファイルを保存してください
ファイル名はWindows.isoという名前で保存されます
ファイルサイズは両方bitバージョンとして保存すると約6.8GBになります

そのサイズをダウンロードするのにADSLだと時間がかかり光だと短時間で済むという話です

単bitバージョンとしてダウンロードすればADSL回線だと2時間とかかかる事はあるでしょう

ダウンロードしたWindows.isoのマウント方法はわかりますか?
ファイルを右クリック→プログラムから開く→エクスプローラを選択するか
ファイルを右クリック→出てくるメニューにマウントがあればそれを選択する事でもOKです

新しくドライブが追加されるので、追加されるドライブ内のsetup.exeをクリックしてアップデートしてください

ここからアップデートしても端末によっては2時間とかかかる事があります
61%程度で止まったようになったりしますが、決して電源落とすことはしないでそのまま放置してください(最大でも3時間はかからないので、その程度までセットアップが終わらないなら正常にアップデートできていないと思った方がいいです)

ダウンロードで2時間程度
セットアップで2時間程度かかると思ってもらえば良いでしょう

このようなオフラインアップデートで行えば、回線使うのはデータをダウンロードしてくる最初の2時間程度だけなので言っているような8時間や数日かかってもアップデートが終了しないなんて事は起こりません

注意点としては、アップデートの際に使っているアカウントが初期化してセットアップしてしまう人が見受けられ、アップデート後にマイドキュメントやダウンロードフォルダー内のデータが全部無くなったと泣きつかれる事があるので、自分のアカウントで使っているユーザー用のフォルダー内のデータ(マイドキュメントやダウンロードフォルダー・お気に入り等)のバックアップは事前に行っておく事をお忘れなく

投稿日時 - 2019-07-18 12:07:16

お礼

回答ありがとうございます
この方法で今回のアップデートは意外にスムースに終了できました
ただ、それでも4時間程度の時間は見ておかなければならないわけですね

この方法を実際に実行できる人はどのくらいいるでしょう
我が家では私以外にはできそうもありません
各家庭に管理者が必要ということになってしまいます。

こんなアップデートがこの先も続くのか?
何かもっといい方法がないかと思ってしまうのです

投稿日時 - 2019-07-18 22:05:10

ANo.6

>本当に20分でダウンロードが終了するのですか 信じられません。

先日Windows10のクリーンインストールをやりました。インストールメディアのダウンロードは20分ぐらいで終わりました。インストールは1時間で終わりました。アップグレードならこの半分以下ですみます。

>であるならば、よくWindowsを動かすための条件が書いてありますよね
CPUはこれ以上 メモリはこれ以上 この条件のなかに光回線を入れなければいけなくなるんでしょうか

Windowsを動かすためだけなら価格の安い低スペックのPCで十分です。高性能機よりレスポンスは落ちますが、普通に実用的に使えます。そうでなければ売れません。データのダウンロードやブラウジングレスポンスはなんと言っても回線速度です。これが遅ければどうにもなりません。Windows10は大量のダウンロードを伴うバージョンアップを前提にサービスされています。以前使われていた光がADSLなみの遅さと言われますが、どんな光回線なのでしょう。よほどおかしな回線ですね。普通にNTTの光フレッツを使えば、最低でも20GB、平均で50~70GBは出るはずです。料金はプロバイダ料込みで5000円ちょっとです。ADSLに比べてそれほど高いものではありません。ADSLはまもなくサービスが終了します。

投稿日時 - 2019-07-18 11:33:58

お礼

回答ありがとうございます
プロバイダに問い合わせが必要かもしれないと思い始めています
ADSLは秒読み段階ですが、過去の経験から光に乗り換えしにくい状況にあります
サービスが中止になったらその時は乗り換えるしかないのですが、その時まで何か逃げ道を探そうと思っています

他の方からの回答で、ダウンロードの時だけフリーWi-Fiを使えば?という提案がありました
これは意外でした、いままでフリーWi-Fiはほとんど使ったことがないので、気がつきませんでした。
我が家のADSLよりもフリーWi-Fiの方が速いという大前提ですよね。
今回のアップデートは済んでしまったので、次回試してみたいと思います

投稿日時 - 2019-07-18 22:13:15

ANo.5

回線問題もありますが、一部のupdateのダウンロードが進まないという問題があります。

進まないupdateを手動でダウンロードすることで回避出来ることもあります。

個別にダウンロードするサイト
http://www.catalog.update.microsoft.com/Home.aspx

投稿日時 - 2019-07-18 08:30:17

お礼

回答ありがとうございます
回線が原因なのでしょうか
我が家は光からADSLに変更して今に至っています
変更した理由は料金が高い割にはそれほど早くなかった
というより同じ程度のスピード位にしか感じられなかったからです

動画を見れば時々止まるし、光の早さを全く実感できなかったので、ADSLに変えてしまいました。
逆にADSLの遅さを感じたことは今までありません
Windowsのアップデートでは「光」の速さを実感できるのか?
でも、アップデート以外では必要ない。ということになると、「光」に変更するのはどうかな?と思ってしまいます

大きなアップデートがあるときだけ光に契約し直す
そんなやり方はないでしょうね

個別にダウンロードするというのははじめて聞きました。
個別にというのがいまいちピンときません。
後で調べてみようと思います

ありがとうございました

投稿日時 - 2019-07-18 10:06:28

ANo.4

Android201512さん、おはようございます。

ADSLを光に変更すべきだと思います。膨大なダウンロード量を下手に遅い速度でやっているとこんなことになります。

投稿日時 - 2019-07-18 08:09:45

お礼

回答ありがとうございます
我が家は数年前光からADSLに変更しました。
思ったほど光が早くなかったからです
同時にADSLの遅さを感じたことも今までありませんでした。

それがWindowsのアップデートではずいぶん時間がかかるのです
これは単純に回線の問題なのでしょうか
現時点ではこれからなくなるといわれているADSLをまだ使用している人は多いのではないでしょうか
その人たちはみんな私のように時間かけてアップデートをしているのか?
ちょっと信じられないです
アップデートのために数時間もパソコンにかじりつくというのはあまり現実的ではないと思うのです
多くの人にとってはパソコンはただのツールなので、できるだけ手間をかけたくないと祈っているはずです
アップデートだけにこんなに時間がかかっては使う気が失せてしまうのではないでしょうか
でも、使うのはやめられない。

光に変えれば本当に早くなるのか?
昔(2011年まで)使っていたのでその自信がありません

投稿日時 - 2019-07-18 10:26:10

ANo.3

今頃のWindowsはADSLでは運用できません。なんと言っても回線が遅すぎる。早く光にされるべきです。料金もそんなに高いわけじゃない。8時間のアップデートのほとんど(7時間)はダウンロードにかかる時間です。光なら20分です。

投稿日時 - 2019-07-18 01:04:40

お礼

回答ありがとうございます
実は2011年まで光でした
その後ADSLに変更しました
理由は光の速さを実感できなかったからです
ADSLを使い続けていて遅さを実感したこともありません

ただ、Windowsのアップデートのたびに困ってしまいます
本当に20分でダウンロードが終了するのですか
信じられません。
であるならば、よくWindowsを動かすための条件が書いてありますよね
CPUはこれ以上
メモリはこれ以上
この条件のなかに光回線を入れなければいけなくなるんでしょうか
それも時間とともに当たり前にはなっていくのでしょうが

光は使ったことがあるのに実感したことがないので、再び採用するのに躊躇してしまうのです。

投稿日時 - 2019-07-18 10:33:57

回線の問題ですね。
でも気を付けてください。
光りにするとプロバイザーによるとスピード変わらないことあります。
よく利用する、O〇N、O〇N昔からあるプロバイザーだと
利用者が多いため回線利用時間がかかることがあります。

参考URL:https://www.youtube.com/watch?v=dlGpjwoq4mE

投稿日時 - 2019-07-17 23:55:58

お礼

回答ありがとうございます
2011年まで光でした。
その時は光の速さを感じることはできませんでした
そのためにADSLに変えてしまったのですが。
プロバイダーはビックローブ
プロバイダーのせいなんでしょうかね。
そのときは本当の原因がどこにあるのかなどについて追求しなかったんですよね
もっとやっておけばよかったです

いまさら光に変えるのに抵抗があるのです
でも、光にすれば本当に早くなるのでしょうか

投稿日時 - 2019-07-18 10:43:55

あなたにオススメの質問