こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

80歳近い父親が最近たまに幻覚や幻聴が

きこえるようになりました
病院ではアルツハイマー型認知症と診断されましたが
わたしはレビー小体型認知症だとおもいます
医者が幻聴、幻覚をみおとしてないでしょう


物忘れ、同じものを買ってくる、道に迷う
電卓の使い方がわからない、感情が乏しい
イライラする、耳がものすごく遠く電話でききとることもインターホンの音もわからず
親戚の姪のこともわからず、会話が噛み合わない、テレビの内容が理解できない、
なんでもないようなことで感動する
確かにこれだけだったらアルツハイマー型認知症かもしれません

でも人をみたり声がきこえたりするのは
レビー小体型認知症じゃないでしょうか
誤診じゃないでしょうか
幻覚がみえてることはいってあります
最近では幻聴まできこえるようになってしまいました

私の祖父も痴呆でしたがやはりなにかみえると頻繁にいっていました

私は5年前から統合失調症になりました
父親も統合失調症になってしまったんでしょうか
だとしたら急いで統合失調症の薬を飲ませなければなりません
統合失調症は恐ろしい病気です
わたしは2年前から症状がよくなり
幻聴がきこえなくなりましたが
よくなる前は365日24時間幻聴が聞こえ続け思考の乗っとりもありました
普通の人には絶対にわからない苦しみです
一般の人の想像をはるかに越えた地獄を経験しました
父親がそんなおもいを決してさせたくありません
気違いになってしまいます

脳をMRAやスペクトで診断してもらうのがいいんでしょうか
精神病院に父親をいかせましたが
脳神経外科にいかせたほうがいいでしょうか

残り少ない人生これ以上ボケがすすまないように幻聴、幻覚が絶対みえないように
老衰で100歳近くでしんでほしいんです

私もひどい腰痛だし働かなければならないし
父親を介護する余裕などありません
だからといって介護施設にいれるお金もありません

脳梗塞の母親が働いていて父親の面倒もみてくれています
わたしが仕事で軌道にのって
貯金ができたら母親に仕事をやめさせて
毎日父親のそばにいてほしいとおもいます

万が一の場合は二人をきちんとした施設にいれられるよう腰痛もなんとかいい病院をみつけながら働いていこうとおもっています

生命保険もなにもかけていないので
いま二人がどうにかなってしまったら生活できません
いまはお金雀の涙しかない状況なんです

父親の脳を正確みてもらうにはなんという機械がある病院にいけばいいでしょうか

母親も脳に動脈瘤がありどうなるかわからないのです

投稿日時 - 2019-07-17 00:02:52

QNo.9636158

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

個人的に母の介護をしてきたものとして 人が居たと言ったり 声が聞こえたと言う事に不思議に感じないです
単なる思い込み レビー小体型認知症を併発していなくても表れる症状と思います

アルツハイマーはMRIでの脳の萎縮が中心なので 見れば判断できる事と思います 私が見ても頭蓋骨や脳の隙間が広かった
ただ 合併症の可能性はあるかも知れません

医師の判断しだい?
https://kaigo.homes.co.jp/manual/dementia/basic/lewy/
こちらにはアルツハイマーと同じ治療という情報もあり 何を優先させるか?かも知れません
副作用を考えると治療を増やさない方が良さそうにも感じます

個人的には幻聴や幻覚が無くなっても他の不祥事をしでかしてくれるだけで介護が楽になる訳ではない 今の介護状況しだいですが一部だけ治療を始めようとは考えないです

1人で13年近く両親の介護をしていましたので 特別な事ではない時代かも知れません 動けない父と元気な認知症の母 やるしかなかったです

投稿日時 - 2019-07-17 07:08:12

レビーなら幻視幻聴を見ません。とにかく夢を見て怒鳴りちらします。わたしもアルツハイマー病だと思います。また、お母さんの
動脈瘤ですが早期に医者に掛からないと、大動脈などで動脈瘤破裂すると即死です。血液サラサラの薬を飲むか瘤の大きさによってはとってしまう方が良いです早期発見が治療の方針です。幻視幻聴はアルツハイマー病、特有です。どちらにせよ認知症が、合併症なのか検査。

投稿日時 - 2019-07-17 01:24:32

ANo.2

お気持ちは分かります。でも実際の医療を少しだけ説明させてください。
まずレビー小体型認知症とアルツハイマー認知症の鑑別は必要ですが、
症状的にはあなたがおっしゃっているとおりレビー小体型認知症には幻視、幻覚がる。良いときと悪い時の差がアルツハイマー病と比べて激しい。パーキンソン様症状。画像的にはMRI(鑑別が出来ない事もある)
ここで重要なのは認知症の場合、アルツハイマー認知症、レビー小体型認知症と脳血管型認知症の鑑別が重要。アルツハイマー型とレビー小体型は治療は同じです。(効果がレビー小体型認知症の方が出にくい)
専門医の世界で一番気をつけないといけないのはレビー小体型認知症の幻視、幻覚に対して統合失調症等の抗精神病薬はむしろ使うと悪化する事が多い。
ですからレビー小体型認知症とアルツハイマーとの鑑別ではなく統合失調症との鑑別での誤診の方が絶対してはいけない事なのです。認知症と精神病は交わっているようにみえて実は微妙に治療法が違うのです。金銭的余裕の問題を抱えていらっしゃる状況で、レビー小体型認知症の確定診断はそれほどの意義が少ないと思います。

投稿日時 - 2019-07-17 00:57:01

ANo.1

ドクターショッピングになるかもしれないけれど、病院を替えてみるのもいいかも。

事によっちゃ幻聴幻覚は霊的現象かもしれないし。

投稿日時 - 2019-07-17 00:08:43

あなたにオススメの質問