こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

残りデータ容量が少なくなれば処理能力や動作速度は落

残りデータ容量が少なくなれば処理能力や動作速度は落ちる?
パソコンにしてもスマホにしても、外付けディスクにしても。

例えば200 GBあるデバイスで190ギガバイト使用し後14GBの残りしかないものは、あと50ギガバイトの残りしかないデバイスに比べて処理や動作は遅くなるのでしょうか?

今はMacを使用しており、昔ウィンドウズを使っているときに、デフラグツールなどをするときは容量が大きい方が早かったと言う記憶があるのですが。

しかし容量と言うものはただのデータを保管するものであって、パソコンの処理に関係するものではないと思うのですが、ご回答いただけると幸いです

投稿日時 - 2019-06-27 17:20:14

QNo.9629633

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

Windowsは裏でOS部分を自動デフラグしていますから、ファイルシステム上のフラグメントが原因でパフォーマンスが下がることはありません。

SSDに関してはファイルシステム上のフラグメントの影響というのは無視できるレベルですが、ファイルシステムがフラッシュメモリに対応しているレベルで、最適化された設計になっていない仕様の物であれば、フラッシュメモリ内で発生するフラグメントが原因でパフォーマンスが段々下がります。
これはOSを問いません。
空き容量が多ければ発生しにくいと言えますが、SSDのメーカーやコントローラーのメーカーに依存する特許が関わる要素ですから、OSだけで判断できる物でもありません。

投稿日時 - 2019-06-27 19:47:36

ANo.6

>>残りデータ容量が少なくなれば処理能力や動作速度は落ちる?
誰が言いふらしたのかいまだに誤った情報が流れてる

まずwindows10では
ディスク領域不足警告
https://www.partitionwizard.jp/partitionmagic/low-disk-space-warning.html
がでます

無視してたとえ0になっても止まることはありません

なぜそのような間違った情報が流れたかというと
WINDOWSではHDDやSSDを仮想メモリとして使います
遅くなるのは 物理メモリーが足らないためです

増やせば軽くなります

またHDDはレコードみたいなものでランダムアクセスに対しては非常に遅くなります
SSDはメモリーなので ランダムアクセスしても速度が変わりません

ゆえに
windows10(64bit版)では
SSDと物理メモリー8Gつんでれば
たとえCドライブの領域が0になっても遅くなることはありません

遅くなるって言ってるやつには新しいの買えよと笑ってあげましょう

投稿日時 - 2019-06-27 19:44:15

ANo.5

:>例えば200 GBあるデバイスで190ギガバイト使用し後14GBの残りしかないも
:>のは、あと50ギガバイトの残りしかないデバイスに比べて処理や動作は遅くな
:>るのでしょうか?
ハードディスクの空き容量をスワップ用に利用するとして、
搭載しているRAM容量が8GBであれば殆ど変わりはありません。
 むしろディスクの残容量が少なくなるまでデフラグを行っていなければ
ファイルの分散書き込みによる処理速度の低下は考えられます。
 ただし、ディスクがSDDなら殆ど影響はありません。

投稿日時 - 2019-06-27 19:32:47

ANo.4

マックの場合ソフト、OS自体が分割されてますので、
メモリの転送速度、cpuの処理速度だけに影響されます。
なので動作速度には影響は少ない。

Windowsはソフト、OS本体をHDに読み込みし、
必要なデータに分割して動作しますので、空き容量
が少なくなると処理が低下する。

*Macのソフトを選択し右クリックすると
パッケージを開く項目が有りますが、
Windowsソフトには有りません。

投稿日時 - 2019-06-27 18:20:46

ANo.3

WDY

メインメモリだけで展開出来れば速度は変わらないですが
仮想メモリを使用するものになると空き領域の場所を探す時間が掛かります
特にHDDの場合空き領域の場所にシークを移動させ書き込みソフトの内容を取り出す為にシークが動きます。
これを繰り返す為HDDだと特に分かりやすく速度に差が出ます。
最近はSSDを使用されている方が多くいると思いますが
SSDであっても空き領域の場所を探し書込むのでHDD程ではな無いですが
空き領域の場所を探す時間が掛かります。

要は仮想メモリの場所が早くみつかれば速度が落ちないという事なので
メインメモリの領域の一部を仮想メモリ化する対応をすれば
記憶領域が一杯でも速度は速いままを保つ事が出来ます。

メインメモリの一部を仮想メモリ化しているマシンを見たところ確かに早かったですが、そういう変わった対応をしているひとは既にPC自体が早いので
ミリ秒単位で早くなってもなぁと参考にはなりませんでした。

投稿日時 - 2019-06-27 17:52:06

ANo.2

体感できるほどのパフォーマンスに影響するのは、大別して
・オンメモリで処理できず、ハードディスクへのスワップが頻発する状況
・断片化が相当に進んでスムーズな読み書きができない状況
の2つです。

質問文のように、たとえ使用率は高くても、
絶対的な空き容量としてハードディスクにギガ単位で容量の空きがあり、
必要充分なメモリを積んでいるのであれば、体感できるほどの差は出ず、
ベンチマークソフトを使っても誤差の範囲だと思います。

投稿日時 - 2019-06-27 17:43:40

ANo.1

個人的経験ですがストレージの残り容量が少ないのが処理速度、動作速度に影響は殆どないかと。ただあまりギリギリの残り容量だとブラウザのキャッシュなど一時的に保存するデータ用の領域が不足すると速度に影響が出ることはあります。

投稿日時 - 2019-06-27 17:25:19

あなたにオススメの質問