こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

老眼鏡を使って望遠鏡は作れますか

凸レンズなら使えるのでしょうか。

投稿日時 - 2019-06-23 16:52:52

QNo.9628494

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

老眼鏡のレンズは凸レンズですので、望遠鏡の対物レンズにすることができます。ただし眼鏡のレンズは単レンズでいわゆる色消しレンズではないので、色収差が出ます。

回答者は小学生のころ駄菓子屋で売っていた10円の虫眼鏡のレンズと、これもなぜか同じ駄菓子屋に一袋いくらで売っていた凹レンズとを組み合わせて、紙筒のガリレオ式望遠鏡を作ったことがあります。やはり色収差がでましたが、辛うじて月のクレーターが見えたときには「天にも昇る気分」でした。(ややおおげさか)

ご質問を拝見して、100円ショップで老眼鏡を購入し、55年ぶりに紙筒の単レンズ望遠鏡を作ってみました。眼鏡のレンズは湾曲していますし一般に真円ではないので、光軸を合わせるのが少し面倒ですが、+2.0の比較的長めの焦点距離の老眼鏡のレンズを使い(口径24ミリの円形に絞り)、接眼レンズには天体望遠鏡用の焦点距離40ミリのアイピースを使ったところ、それなりの見え方でした。見え方の感じを示すために接眼レンズに後ろからコンパクトデジカメで撮影した画像を添付します。コントラストが低く、色収差もありますが、実験としては興味深いと思います。(サイズを縮小し、倒立像を正立像に反転させた以外の画像の加工はしていません)近所の小川で撮影した野鳥です。

余談ですが、老眼鏡のレンズで望遠鏡を自作することは昔はよく行われていたようで、池谷・関彗星の発見者として知られる関勉氏の著書(「未知の星を求めて」)にも、戦後間もないころ高校生だった関氏が「老眼鏡の玉一個と虫眼鏡」で「自作第1号機」となる天体望遠鏡を自作したという記述がありました。

投稿日時 - 2019-06-26 12:31:28

お礼

これは素晴らしい映像ですね。値千金の像ですね。私も同じようにできればと思い、さっそく準備を始めています。追加のお写真も大変参考になりました。

投稿日時 - 2019-06-26 13:42:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

No.2です。老眼鏡望遠鏡(?)で撮影した場所から、デジカメ単独(35ミリ判90ミリ相当)で撮影した同じ鳥の写真を、添付します。かなり拡大していることがわかります。

投稿日時 - 2019-06-26 12:38:45

お礼

うらやましいご境地ですね。私も元気をいただきました。

投稿日時 - 2019-06-26 13:46:29

ANo.1

老眼鏡は焦点距離がかなり長いので対物レンズとして使うことは出来ます。
これに焦点距離の短い(1c以下)を組み合わせれば一応望遠鏡となる。
ただ望遠鏡は対物レンズが大きくないと視野が暗くなって望遠鏡としての性能は良くない。
通常の望遠鏡の対物レンズは最低でも直径6cm以上ですから4cm程度の老眼鏡では明るさは半分以下で倍率を高くすると直接目で見るよりも10倍以上暗くなるでしょう。

投稿日時 - 2019-06-24 11:15:37

お礼

少しでも拡大された像が見えればと思います。何とか作ってみたいと思います。

投稿日時 - 2019-06-24 13:22:05

あなたにオススメの質問