こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ背景制作において3Dレイアウトを活用できない?

最近のアニメは背景レイアウトが崩壊し始めているらしいと聞きますが、
背景レイアウト作成なら3Dでレイアウトすれば、パースが破綻しにくく、クオリティも維持できると思いますが、なぜ、アニメの背景制作において3Dレイアウトを活用できないのでしょうか? 

作成するのが大変なんでしょうか?

投稿日時 - 2019-06-21 20:25:45

QNo.9627897

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

背景レイアウトを、3Dで作ったら、どれだけの物量になるのか考えてみれば、わかると思いますが。

100棟あれば、100棟分の3Dデータを作りこまなければならないわけです。

また、それらをパースに合わせて動かすとなったら、メインのキャラクターの数十倍の負担が、背景のために発生することになります。

投稿日時 - 2019-06-21 21:35:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

50代♂
> 作成するのが大変なんでしょうか?
作品を作るのは簡単だけどそのソフト自体の開発に今のままでは
金が掛り過ぎる。

そのソフトの特許料を世界的なお金持ち (資産家) が独占中でさらに
商業使用に置いてのみソフト使用に厳しい制限規定を設けている。

投稿日時 - 2019-06-22 12:57:21

ANo.3

 コスト削減が異常だと批判されるぐらい少ない予算での制作を余儀なくされるテレビアニメでは、画家が描いた背景画でもコスト削減しなければならないので、枚数制限が厳しいのに、3DCGの背景画なんて製作していたら、予算が足らないでしょうね。人件費が全てというアニメ産業では、CG化するほど人減らしになるので嫌われるだけでしょう。

 本来ならば、ディズニーのように全て3DCGで製作出来る環境を作り上げて、3DCGでアニメ制作をおこなうようにすべきなのに、2次元アニメ制作を残す事ばかり考えて、完全な3DCGを嫌がるわけで、そんなアニメ業界がテレビアニメ制作を続けられるわけが無いでしょうね。

 作成が大変なのではなくて、お家の事情でしょうね。日本では珍しくありませんが、頻繁に製作変更が飛び込んで来て、アニメ番組にセルの追加や変更が加わるので、3DCGでは、それに対応出来ないからでしょう。番組放送直前まで番組内容の追加や変更が続く環境下で3DCGなんて出来るわけがありません。製作体制を変えない限りは無理でしょうね。

 テレビ局が政治状況や社会状況によって、アニメ番組の内容を変えたがるので、放送直前に手描きで書いて、色を塗って作った数秒間の追加ショットを加えて、放送に間に合わせろとか、そういう事が多いようで、製作時間がかかる3DCGでは無理な相談でしょうね。

 声優の声だけ先に入れて置いて、アニメを後から作る事もあるわけで、抜けている個所が多いアニメもあり、そこに何が入るのかは番組放送直前に決まるとか言います。そんな製作体制で3DCGが作れますかね。

投稿日時 - 2019-06-21 21:42:31

ANo.1

背景がのっぺらな3Dのアニメなんて、観る気になりませんが...

最近のアニメは背景レイアウトが崩壊し始めているらしいと聞き
>>情報源を提示して下さい、
Web上のネタはフェイクもあることをお忘れなく。

投稿日時 - 2019-06-21 21:18:21

補足

>Web上のネタはフェイクもあることをお忘れなく。

なんで、これがフェイクだと思うんですか?

投稿日時 - 2019-06-22 00:51:48

お礼

>Web上のネタはフェイクもあることをお忘れなく。

なんで、これがフェイクだと思うんですか?

投稿日時 - 2019-06-22 00:51:53

あなたにオススメの質問