こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

行政書士 行政不服審査法について

いつも勉強にご協力くださってありがとうございます!!
着々と、勉強すすんでます…が、過去問まだまったくやってない!あせります~!始めたのが遅かったからですね、なんとか巻き返したいものです!

質問です。

行政不服申し立てについてです。

多数人が共同して不服申し立てをしようとするときは、三人を超えない総代を互選することができます。
総代は、各自、他の共同不服申立人のために、不服の取り下げをのぞいて、当該不服申し立てに関する一切の行為をすることができます。

とテキストにありましたが、
なぜ"不服のとりさげを除いて"
なのでしょうか?

理由がテキストになかったので、考えてみましたがわかりませんでした。

よかったら一緒に考えてください!!ヨロシクお願いいたします!

投稿日時 - 2019-06-21 12:22:39

QNo.9627798

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

●法学・法律理論的に、”原告 対 被告の関係では、ないでしょうか。

●最終的な行政責任は、”国(国家)です、つまり、告訴状”訴える側は、法人又は、個人団体でも、原告:法人又は、個人グループで、被告:国(国家)です。

●・どう、考えても”◇◇公務員以外の方々でしょう”行政不服審査法 じたいが国の一般法であり、総務省管轄 平成26年6月改正された 行政救済法です。

●訴状が、提出されたら地方自治体としては、受理だけして、本庁:総務省へ、
回送とか、所管官庁様へ”付箋付きで、封書全体の転送を、するだけでしょう。

●と、言う事は”国が提訴された事実を、有耶無耶には出来ませんから、一度、
受理しましたら、原告側は”取り下げられないし、取り下げる事は、通常は、
有り得ませんでしょう。

●但し、◇◇第◇◇◇提訴、告発状の追伸とか改訂は、許可承認が、認められる
のでしょう、提訴事実の”履歴保存は、極めて、重要な事でしょう。  以上
**********************************

投稿日時 - 2019-06-21 18:37:05

お礼

おはようございます!ありがとうございました。法学や法律理論からのお話をいただき、ありがとうございました。
まだまだ、法律の世界については理解ぎむずかしい部分がおおいです。

ご意見、参考にいたします!ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-23 08:02:43

あなたにオススメの質問