こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

欧米では癌患者は減っているのに…は本当?

 この頃、欧米では癌患者は減っているが日本では増えているということ聞いたり新聞で読んだりします。日本では増えていることは分かるよな気がします。それは高齢化、長寿化しているからと思います。アメリカやヨーロッパでは減っているとは本当でしょうか?

投稿日時 - 2019-06-20 23:12:00

QNo.9627674

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ご質問に書かれているとおりなのですが、ガンは細胞のコピーミスで日常的に起きていて、健康な人でも日に数千のガン細胞が生まれています。
毎日犯罪が起き犯罪者が生まれているのに、日本が無法地帯にならないのは、警察があるからですが、それと同様に、体の免疫機能が働くので、ほとんどのケースでガンが増え続ける状態にはなりません。

ガン患者が増える理由は三つです。
ガン検診を広く行ってガン患者を見つける。
免疫力が劣る人が多くなる。
ガン以外で死ぬ人が減る。

減らすには、ガン患者を完治させる以外には、
ガン検診を高額なまま放置する。
医者の初診料自体を高額なまま放置する。
医療機関にかかれない人の死因を把握しない。
があり、アメリカとかですか。

投稿日時 - 2019-06-22 16:40:56

お礼

ありがとうございます。免疫力の低下、以外での人が減っている、なるほどですね。

投稿日時 - 2019-06-23 18:35:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

米国、euでは核実験の回数減少と共に減ってると言いますね。日本も減少してるとか。日本のは中国の核実験での黄砂が原因だったとか。
韓国では癌が近年増加。放射能廃棄物をアスファルトに混ぜたからと言われてますね。福島原発よりソウルのほうが高いとか。

次は食生活。ピロリ菌など、衛生改善で胃ガンの死亡率が大幅に低下。医療技術、早期発見の公共充実も役立ってるかと。

他の方も書いてますが、統計方法で変わります。地域、部位、症状、死亡率、発祥率で。

記憶では患者比率でデンマークが1位、アメリカが5か6位、韓国8位、ドイツ、英国が20前後、日本が48か49。中国は統計してないのか未記載。

まぁ、結論として1950年代付近のデータからは米国、eu一部では「減ってる」と言えるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2019-06-22 01:00:09

お礼

ありがとうございます。統計の取り方、見方ですね。

投稿日時 - 2019-06-23 18:39:19

ANo.4

和食が輸入されて 癌が減った。
といったことも言われているような気がする。

投稿日時 - 2019-06-21 23:10:06

お礼

ありがとうございました。では、なぜ日本では増え続けているのか。という問いかけはならないでしょうか。

投稿日時 - 2019-06-23 18:28:21

ANo.3

具体的なソースがわからないので、想像ですが。
実際は絶対に欧米で実際の死亡者数が減少するなどあり得ないと思います。
ただ、増加傾向が日本に比べ減少してるとか、特定のガンでの死亡者数が減っているとか(例えば肺がん)、そういった言葉のトリックが絶対にあると思います。

日本でも、ガンにかかったら薬は飲むな。とか肺がんの原因はタバコではなかった。とか本当は嘘なのに平気で好き勝手にデーターを捻じ曲げて紹介して、何かの陰謀説みたいにして書いているマッド医者がいます。それと似たようなものではないか。と推察します。

投稿日時 - 2019-06-21 02:04:38

お礼

ありがとうございます。比較したり、特定したりですね。あり得るですね。

投稿日時 - 2019-06-21 09:58:17

ANo.2

野生のネズミはまず癌になっていませんが、捕まえて実験室で飼っていると必ず最後は癌で死ぬそうです。つまり野生では癌になる前に天敵などに襲われて生きてはいられないということですね。かつて生活困窮者が集まっていることで有名な地域ではがんになったと聞くと友人が祝杯を挙げたというはなしがあります。欧米での話は案外寿命が短くなっているということかなと思います。

投稿日時 - 2019-06-21 01:48:10

お礼

ありがとうございます。長寿ですね。

投稿日時 - 2019-06-21 10:00:10

ANo.1

統計の罠かもしれないですね。一定の年齢以上の人であれば、「全く癌細胞が無い」などということはまずあり得ないことなのだそうです。技術の進歩で昔であれば見つけられなかったような小さな状態のうちに見つけられるようになりました。日本は国民皆保険制度のおかげで多くの人がその恩恵を受けることができますが、多くの国では検査を受けるだけで何か月も待たされるのが普通で、果たして見つけられるかどうかは分からないのです。癌細胞が命に関わるほど大きくなるのには時間がかかることが多く、それまでに別の原因で死亡してしまえばガンで死んだことにならないからです。

投稿日時 - 2019-06-20 23:18:03

補足

私もそうでないかなと思ってました。何か怪しいと。ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-06-20 23:48:20

あなたにオススメの質問