こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

安倍がイラクに訪問中に日本の船が攻撃されたのを、ア

安倍がイラクに訪問中に日本の船が攻撃されたのを、アメリカがイラクの仕業や。って言って湾岸戦争の時みたいに、戦争する口実を作った。とネットであって、そこは理解できるんですが、何故アメリカは戦争したいんですか?

投稿日時 - 2019-06-16 23:25:24

QNo.9626496

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No1です。
…先回答では失礼しました。
その質問内容によっては回答そのものが閲覧者に誤解を与えかねないと、常々配慮を心がけている次第です。

改めて回答します。

「イラクの仕業」
…これは、たしか米軍が最初に発した情報だったかと思います。
(憶測以外の根拠は示されてない筈です。)

その後トランプ自身が、
「戦争するつもりは無い」という意味の発信を行ったようです。

以下イラン、日本、アメリカの関係について、

☆「イラン対日本」は
石油を介した経済で深い繋がりがあります。
日本はイランの石油を生命線の一つと考えていますが、イランは日本を政治的に対立する欧米の一員と捉えています。

☆「イラン対アメリカ」は
過去の湾岸戦争の経緯から強い敵対関係にあります。
アメリカは様々なテロ被害を、イランのイスラム原理主義に端を発するとして憎悪を抱き、
イランはアメリカをイスラム攻撃の主導者と見ています。

☆「日本対アメリカ」は
日本は世界大戦な敗戦国という立場からアメリカの配下に付き、経済だけでなく政治的にも深い関係を保っています。
日本はアメリカの軍事力を戦争抑止力として利用してますが、
アメリカは日本を浮沈空母に見たてて共産圏に対する抑止力として利用してます。

アメリカは世界の覇権を維持することで、政治、経済、軍事、全ての面で国力の安定を図ろうとしてます。

覇権を維持する為に、敵対勢力による侵蝕によって国力が衰退することを非常に恐れています。

戦争はいずれの当事国も多大な損失を被ることから、それを実際に望む国は有りません。

ただ、イスラム国家の中には「目的の為に暴力的手段も肯定する」原理主義を容認する考え方もあり、
アメリカは、その中の一つとして敵対するイランを非常に危険視しています。

そのように危険な国家が存在する以上、アメリカも「最終的な対抗手段」として軍事的行動も「選択肢として残す」という姿勢は崩していません。

そういう考えの上に立っているのが米軍の姿勢なのですが、

あくまでも戦争は「最終的な手段」であり、
『自ら「戦争を仕掛ける」つもりは無い。』
…だが、「ナメてると大ケガするぞ。」

…そういう「威嚇」の姿勢が、
米軍やトランプの発言にも現れています。

投稿日時 - 2019-06-18 17:55:28

お礼

いえいえとんでもない、お気になさらず。
3.11の時に復興資金援助してくれていたりなのでイランとは関係を悪くしたくないですよね。
中東は親日が多いみたいですが。
今回のアメリカの言動は1種のパフォーマンスということですね。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-19 18:58:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

アメリカは世界最強の国で居続けなければならない
そのためには戦争をして強い事を誇示する必要がある
だから戦争がしたいのです

投稿日時 - 2019-06-17 13:49:25

お礼

なるほど…回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-17 20:26:19

ANo.3

イランですけれど、1978年のイラン革命で親米の王様が倒されて、そのときのいざこざのイランアメリカ大使館人質事件でアメリカ軍が大使館の人質を救出しようとして大失敗して世界中に大恥を晒してしまったので、それ以来ずっとイランとアメリカは仲が悪いのです。

投稿日時 - 2019-06-17 12:27:49

お礼

そんなことがあったんですか。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-17 20:27:49

ANo.2

イラクじゃなくてイランね。トランプは一方的にイランとの核合意から離脱し、同盟国も巻き込んだ経済制裁を課してイランと話し合おうともしなかった。出口のない敵対関係にイランを追い込んでしまい、結果一番可能性のある解決策が戦争になってしまったということだと思います。とは言えトランプは戦争をしたがってはいない。長期にわたる中東出兵駐留で多額の出費と国民からの批判があります。でもそんな中でも追い込まれたイランがイランと友好関係にある武装組織を使って武力行動を取り始めていたので、アメリカが本気で攻撃するというポーズは示す必要はあったのだろうと思います。とは言えアメリカのイラン制裁には同盟国内にも反対の声が根強く、同盟国にアメリカが攻撃をする正当性を示して起きたいのだと思います。これまでのところアメリカ政府が言っているイランイスラム革命防衛隊によるタンカー攻撃を事実として認定しているのはイギリスだけでそのイギリスもそのことで国内批判が起こっています。イラク戦争の問いのトラウマがあるので、今回はアメリカが思うようにはいかないでしょう。

投稿日時 - 2019-06-17 08:26:18

お礼

→イラクじゃなくてイランね。
誤字ってましたすいません。
親日のイラクがわざわざ安倍が来てる時に攻撃なんかするかと思いましたが、トランプって馬鹿なんですかね。
回答詳しくありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-17 22:39:54

ANo.1

戦争を「したい」というのは、どういう事でしょうか?
「戦争したい」という発言は、どこにも無いと思うのですが…。

「戦争したがってる」と根拠無く決め付けるのは個人の勝手ですが、
それを事実として扱うには確たる根拠が必要です。
「発言」など(憶測を挟まない)直接的な事実があるなら、それが示された時点で考えてみたいと思います。

目的の為には戦争も選択肢だとするのは、世界の覇権争いの場では常識と考えられるので、
「手段」としては可能性を否定できませんが、
戦争が「目的」となれば話は別だろうと思います。

「なぜ~したいんですか?」という質問だと、決定的な「目的」であるという前提が必要です。
それを前提とするべき確証が必要です。

『「戦争」を手段として行使するための口実作り』ということでなら、
全く理解できないという訳でもないのですが…。

「戦争したがってる」という煽り目的とも思える話題や憶測が有るのは知ってますが、
それを事実とする確証は得られていません。

投稿日時 - 2019-06-17 01:44:35

お礼

語弊を招く表現でした、すみません。今後気をつけます。
戦争をする意味について質問するべきでした…
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-17 23:29:23

あなたにオススメの質問