こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

イスラム圏がテロの温床になることの考察

イスラム圏がテロの温床になることの考察

ここは哲学カテゴリーで、哲学の学問の様式で投稿しています。
政治関係カテゴリーなどの常連さんには勝手が違うと思いますが、哲学は狂人が喚き散らす場でして、好き勝手に喚き散らしてくれて結構です。
一見礼節を逸脱したり、まともな結論を要求していないかのようでしょうが、哲学はそういう場所です。

さて、イランに安倍総理があいさつに行ったら、返事がタンカー攻撃でした。
そもそもイランイラク戦争の時日本はイランとイラク双方と外交関係を結んだ数少ない国でしたが、その当時から中立的立場なのでイランにとっては日本とは敵でも味方でもないというところでしょう。
そして今回は明白な敵対国アメリカの御用聞きだった。
戦前の日本の軍部の独走があったように、臨戦状態のイラクで政府のどの階層が攻撃に関与したのかは定かではありませんが、お上品国家群と違って臨戦態勢の国にはタンカー攻撃くらいは「軽い挨拶」ではないだろうか。
礼節をもって、話は一応聞いたが、本来歓迎する話ではないし、敵対国の御用聞きだったということでしょう。
さて、イスラム圏には気になることがありまして、植民地支配による世界の征服と世界大戦という厄災を招くことで、ヨーロッパルールが、外交と紛争解決の国際ルールとなりました。
キリスト教圏主導の世界の常識とでもいえましょうが、イスラム圏にはイスラムの常識がある。
そのイスラムルールの外交と紛争ルールがあまりにも無視されるとヨーロッパルールではテロと規定される暴走が起きてしまうのではないかという、まあ仮説というか考察です。
例えば何年か前に、トランプが自分の娘におねだりされたからと、シリアの軍事施設に気まぐれでトマホーク50発をぶちかましたことがあります。
戦争といっても、「武士道」「騎士道」というのが昔ありましたが、自らが血を流すことのない「戦い」の古風なしきたりを損なった卑怯で一方的な攻撃を娘のおねだりで仕掛けて、だれもそれに何も言わない国際ルールというのは、イスラムにとって真珠湾攻撃以上ではないでしょうか。
人類史上各地の歴史に語られる、生き死にをめぐる争いの最低限のルールと戦士の尊厳を踏みにじる行為です。
ヨーロッパルールでそれが適法で、イスラムルールで違法なら、むしろイスラムの誇り高さの方を、あらゆる文明国が理解すべきだとも言えます。
政治的には当然そうはいかないでしょうから、ここは哲学で研究課題募集です。

投稿日時 - 2019-06-16 22:51:14

QNo.9626487

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ユダヤ キリスト イスラム 全て同じ根っこからスタートしているので 戒律は似たような部分が多い。
「利息をとってはいけない」というのも共通。
ところがある日 キリスト教徒が閃いた。
「異教徒から取れば 戒律をおかしたことにならない」と
そこから資本主義が生まれたのだそうです。
ユダヤ キリストは イスラムから収奪することを 異教徒だから是とした。
ある日 イスラムも気が付いた。
「自分たちは 異教徒から簒奪されているのだ」と。イスラムの反撃が始まったのです。「異教徒は人に非ず」です。人ではないのだから あんなに残虐なことも平気でできてしまう。

投稿日時 - 2019-06-22 01:04:46

補足

前に書いたけど、もう一度メモしておこう。
弱肉強食が人間社会だと思うのは間違いだ。
西洋における自然界の観察で動物の世界を弱肉強食といったんだよ。
人間とはその弱肉強食から抜け出した神の収める社会であるとね。
しかし注釈が付く、その人間とはヨーロッパ人だけのことを言ったんだ。
明治期に「神は人の上に人を作らず」と明治人は率直に学んでも、西洋の危険な征服思想には危惧を覚えただろう。
何やかやで日本は冷静になった。
しかしだ、お上品国家群以外では、明治人と同じ危惧を今も継承していないかね?
強大な国力でゼロ戦特攻攻撃を仕掛けた先輩があまりみっともないよりも、話を聞くならトランプの話じゃないだろう。

投稿日時 - 2019-06-22 01:19:25

お礼

イスラムのためにありがとう。
代理で言わせてもらった。
そういうわけだよ。
彼らの言い分にはいろいろと正当性が濃厚だ。
したがって理解するためには、少々ぶん殴られても歯を食いしばった方がいい。
歴史を忘れていなければ、ヨーロッパ圏でも理解できる人物はいるだろうに。

投稿日時 - 2019-06-22 01:11:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

二hんのこ土台ウィをシラb地手も
とある魔術の禁書目録で
レトルトがdテクrのはころしく苦なるので素kれど禁書目録の作者がゲーム十級差のレトルトを作品に出してる問いことですか。とある。
この嫌がらせはなんのですか。
土ミk度というキャらしいデスrk度、可愛い裸子知恵素。

黒いラーメンは以前茶魔ブラック。塩が尾印度エスね。
故びゃ阿、オボ茶魔運ですか。

投稿日時 - 2019-06-21 23:22:56

補足

ああそうだ、
ユダヤの聖人イエスとローマの聖霊キリストとの関係性は直接的じゃない。
いわば、教義上は偽物の聖霊が助け続けたんだ。
そして、キリスト聖霊は実験室の試験官ベイビー同然で、聖霊として確立するのはこれからなんだよ。
この状態で本物偽物の論争をすることとは、「全てが偽物」ということだよ。
即死性が高く実に巧妙な呪いだよ。

投稿日時 - 2019-06-22 21:20:04

お礼

ギャオでアニメならこのところ見るよ。
でもあまり詳しくない。
なぜレトルトかというとレトルトがどうでもいいやつだからレトルトなんだよ。
要するに不明で理解できない事柄と関連して、どうでもいいからこそデコイにしたんだ。
ただ不明の事柄との近似項目としてレトルトには嫌いでしょうがないのがもっともなヒントも隠されてはいるのだろう。
そこを重点的に思案や探査することは、多分やめておいた方がいい。
とことんどうでもいいからだ。

投稿日時 - 2019-06-22 21:12:46

ANo.6

他所外のdンtネイで
レトルトはブログでグリーンカレーの食べ比べをしてるようで志士
チャンネル等億社吸う百四充満にもと
集団dネスからネスというのはnesでファミコンですか。

それにしてもカエサルは何人か慰安すよね。
置く田ウィアヌスで検索したらい機構がd手k地阿野で受けr度ちまk

悲報アイドルに裏切られたオタクさん、くそこら漫画にされ
されて
したはされてと二つ記事が有るんどエウが
なぜ二浮き字がd手江北の出そうか。
リンク張りません絵rけど、何か意味rのでしょうか。
二千十杯年語活九日の記事です。
ソフトバンクと観江買い有るんでしょうか。

投稿日時 - 2019-06-19 23:31:12

補足

黒いラーメンはね、
「まるでドブ汁だ~!」と外見にはしゃいだし、最近は下水道が田舎にも整備されていて、昔のドブ汁は見かけない。
楽しくドブ汁!ドブ汁!とすすったら、不思議なことにまずく感じたよ。
思い込みというのは何かと大変なんだな~。

投稿日時 - 2019-06-20 20:07:31

お礼

緑のカレーというのがどんなものか知らないよ。
でもインスタントラーメンを作った時に、気まぐれで塩ラーメンに練りごまを入れて、「黒いラーメン」というのを作ったら、気分的にまずく感じだ。
見た目だけだから、レシピを自作したので問題なくおいしいと思ったけど、やはりまずく感じだよ。
黒は好きなのに、、、、。

投稿日時 - 2019-06-20 20:04:24

ANo.5

アストロボーイとか
横とか
スライディングとか
原発再稼動とか
太陽に突撃尾tか
怖いのですけど、というかトラウマなので助江戸
何故圧しマートいいで照り宇野でh層化。

手塚アニメというかマンg名重要でしょうか。
デモ穂tんど知らないで畝。

投稿日時 - 2019-06-19 00:03:28

補足

備忘録。
イエスの歴史的事実と、悲壮な覚悟で人を支えるキリスト聖霊。
仮にだ、これを「信じる」と、死ぬというのかね。
信じると殺されるんだよ。
このように信仰心への到達に罠が仕掛けられた宗教だ。
ヨーロッパルールにおける国家主権の定義には、このゆがんだ実情から普遍性の無い偏見が多い。
そもそも、政教分離というルール自体が間違いだ。
イスラムの方がこの点は正当だし、日本教と漠然と語られたのもそれと同様の現象だ。

投稿日時 - 2019-06-19 00:33:23

お礼

ヨーロッパとは人類史上の汚点だ。
私のキリスト病因子は、滅びの宴がキリストを目的とせず、任天堂の金もうけであったこと、キリストの宿りよりも早く地の聖霊世麗美という仏陀の開眼があったことなどで免疫を作った。
で、キリストちゃん復活というか誕生のための応援だよ。
どちらかというと即死性が高く、今まで存在しなかったも同然だ。
ヨーロッパは悪魔社会だ。

投稿日時 - 2019-06-19 00:54:45

ANo.4

もう話題がない織田rけど
麒麟が来るとか言うドラマが有るようですね。
笹聴くラオス家の上がおおs化の事件奈央帆阿二つ位見合うrので羽化。

武士道はキメラd素尾根。
ロンドンブーツの法が大城のでしょうか。

黒子のバスケとテニスの王子様の違いが問題のようで受けれど。

投稿日時 - 2019-06-17 23:18:27

補足

こっちはまだネタがあるよ。
言っておくと理解しやすいようにすることを兼ねて、わざとアニメの設定っぽくしているのはいつもの通りだ。
生々しい話は難解な上にかなりおどろおどろしいだろう。

キリスト聖霊の宿る資質について少しわかることが出たよ。
キリスト霊の基本は、キリストと目され自らも自覚すると即死「いけにえ」という疫病だ。
したがって、おそらく人の誕生と連動してそのような精霊の赤子が誕生すると、「この子がキリストを探すものに捕まってはいけない」「この子がキリストと命じられてはいけない」と、かくまう上に本人も霊症などに弱く病弱なんだよ。
キリスト因子とでもいう資質の内訳のうち、ねこひまわり警護団を指揮するセレビィの仕事を人間存在なりに私が理解したことは、やはり預言者につながる歴史知性としての資質で、さらに掘り下げると生命としての素性がより原始性が高く神代の封印をほどきやすいことだ。
ただ、ねこひまわり警護団によるとこの発症因子は保持するだけでは実際は危険が無くて、かくまうような方法より効率的な対策があるそうだ。かくまうとは、自宅軟禁状態で成長余地すらも奪う傾向があるんだよ。座敷牢みたいなもんだ。
私が滅びの宴という、強力なきっかけが必要だったうえに、魔性転化には、階層や行程がありその要素について正しい知識で危険のない「仮面ライダー変身」する手法を必要として、その点を制御すれば保護も弊害を起こさないそうだ。
こういうのは、日本で切実に必要だった免疫力に関して研究が進んでいるということなのだろう。
まあ、神や教祖になるなんて甘いこと考えなさんな。
私が最近「最速の臆病者」として自覚したのは、人格が超自我と接近する現象で起きるケロべロス型攻撃力であり、魔性転化だよ。
「妖精さんデチュ~」とやっていても魔物扱いされたんだよね。

投稿日時 - 2019-06-18 23:17:09

お礼

麒麟ね、聖獣の研究でリクエスト貰ったけどあまり進んでいないんだよね。
馬にも、いろいろな飾りや装飾を施すことがあるけど、その手の姿の集約が麒麟ではないかとか考えたりするよ。
したがってキメラの素体として、馬をベースにしたとね。

投稿日時 - 2019-06-18 20:00:57

ANo.3

攻撃を受けたタンカーはパナマ船籍だったので、船尾に掲げる国旗はパナマ国旗だったそうです。だから攻撃した勢力は目標が日本の船であることは知らず、後で聞いたら日本の会社の船だった、ということであったと思います。

またアメリカは今回の攻撃はイラン軍(正確には革命防衛隊)によるものだといっていますが、今ひとつ不鮮明な映像を根拠にしており、確証は得られません。当然のことながら、イラン政府はこれを否定しています。
アメリカというのは色々前科がありましてね。米西戦争のときは、アメリカの戦艦が爆発を起こして沈んだことをスペイン軍の仕業だとして開戦の口実にしましたが、研究ではおそらく単なる事故であるだろうといわれています。
またアメリカがベトナム戦争に本格的に介入したのは、アメリカ軍の軍艦が北ベトナム軍による攻撃を受けたというトンキン湾事件が口実だったのですが、近年の秘密文書公開で、このトンキン湾事件がアメリカによる捏造であったことが明らかになりました。
そして何より有名なのが、イラク戦争での「フセインが大量破壊兵器を持っている」という開戦の口実でした。フセイン大統領(当時)は「そんなものは持っていない。国連の査察も受け入れる」と表明していたのですが、ブッシュJr大統領は「しらばっくれるとはふてえ野郎だ!」といって開戦に踏み切りました。後に、戦前のCIAから「イラクに大量破壊兵器は存在しない」とリポートがあったことが判明しました。

というわけで、アメリカ合衆国という国は、戦争をしようと思ったら捏造でもなんでもする国でございますので、アメリカがそういっているからそうなんだと信じてしまうのはとっても危険なのです。特に戦争の口実になりえるようなことはね。

>戦争といっても、「武士道」「騎士道」というのが昔ありましたが

そんなものは観念上の存在で、実際の戦場ではそのようなものは存在しません。騎士の集まりであった十字軍は、イスラム兵士の首を切り落としてそれを投石機で投げ込みました。相手を恐怖に陥れるためです。当時の常識として異教徒というのはエイリアンも同然なので、殺しても咎められるようなものではなかったのです。
また武士も、壇ノ浦の戦いでは源義経が非戦闘員である平氏の船の漕ぎ手を射るように指示して、それで戦いに勝ちました。勝てば官軍なので、卑怯だと訴える人はいませんでした。というか訴える人たちは皆殺しにされましたからね。

最近のイスラム圏でのテロは、「イスラム教徒が欧米諸国でそこをターゲットに行う」ものから、「中東などのイスラム圏内で行われる」ことが増えてきました。加害者もイスラム教徒なら、被害者もイスラム教徒なのです。なぜこんなことになっているのか、私も分かりかねる部分が多いです。

投稿日時 - 2019-06-17 12:47:40

補足

ここは備忘録として使うよ、質問と別で哲学趣味で研究していることについてだ。
イエスというのはユダヤの神学者で、ユダヤの信仰の復興がイスラエル復活になぞらえられ反逆罪で処刑された。
そもそも自らの信仰を自覚することとは、自らが人間であることの自覚に等しいのは現在も同じで、ローマ国内に奴隷解放運動的な形でイエス処刑の呪いが浸透していったのが、おおむね初期のキリスト教。
呪い道具であるイエスに苦悶したローマはキリスト教を認め、新約聖書を編纂した。
この新約聖書がとんでもない曲者で、キリスト教の本来の意味をゆがめた偽の予言書なのだろう。
その新約時代以降に聖霊の姿で人々を支え続けた、イエスと切り離されたローマの聖霊を私はキリスト聖霊というんだよ。
得意技は「いけにえ」だ。
イエスへの歴史的見解については、合理的でキリスト教徒以上に冷静な見解から出発しているけど、こうしたローマへの異端とは、ヨーロッパで古くからある怪しげな秘密結社の骨格と大きな差がない見解なんだろうね。
だってイエスの役割自体は明白だから誰でも思いつく。

投稿日時 - 2019-06-19 00:03:46

お礼

なるほどありがとう。
今回は哲学なので、考察の題材をそろえてそれに関して考える訓練のネタに時事問題を引用したけど、私が無視した事柄を細かく指摘してくださった。
ただその中には、当事者の行動と決断の意味の圏外で、無用な推測もあるようだという印象だ。

投稿日時 - 2019-06-17 23:41:07

ANo.2

(1)
 質問者さんにとって、これは質問なんですよ。なので、

>・・・あらゆる文明国が理解すべきだとも言えます。

などは、「・・・あらゆる文明国が理解すべきだとも言えないでしょうか?」と読み替えるべきなのです。これをFlareonルールと言います(^^;)。

(2)
 タンカー攻撃がイランかどうかは、いまだ審議中ですからね・・・。真実は闇の中になりそうですが。

(3)
 トマホークぶちかましが娘さんの希望だったかどうかは知りませんが、「騎士道」「武士道」ってのには、たぶんに政治的意図が絡みついてる気がします。
 本来略奪や暴行は、勝利側のご褒美みたいな行為だったわけですが、略奪や暴行よりも勝って支配する方が儲かると誰かが気づいた訳ですよね。略奪や暴行が行き過ぎるとその後の支配経営に悪影響が出るもんだから、行き過ぎを取り締まるようになった。一説には信長が戦国大名に茶の湯をすすめたのも、荒くれ戦国武士に少しは品よくなれ、と言いたかったからだとか(^^;)。

(3)
 ヨーロッパルールが国際ルールになったのは、歴史的偶然って気がする。もしツゥール・ポアチエの戦いでイスラム軍が勝ってたら、立場は逆だったかも、という「たられば仮想歴史SF」はけっこうあるんですが、そうだったら今頃ヨーロッパがテロの温床だったりして。だいたいヨーロッパ国際ルール体制はせいぜい一世紀前できた、ごく最近の事で、普遍的とは思えない。

投稿日時 - 2019-06-17 08:38:20

補足

え~とっ、雑談だよ。
今いったん寝たんだよね。
枕元の目覚まし時計を見て、ふと考えたことがある。
機能性の高いデジタル目覚ましを使っているけど、子供におすすめする場合(おもちゃ屋の職業病)などはアナログ式だろうなーと思ったよ。
シンプルであまり考えなくていいうえに、文字盤を見て、例えば今2次だけど4時まで何時間?とかが、これも考えなくても分かる。
子供でもそれくらい考えられる。
そもそも考える訓練は大切だ。
そういいだす人も出るかもしれない。
ただし私は、実用的に直感を引き出す手法のトレーニングについて、子供に対して推薦するべきだと考えていて、そのためには不要に思考を肥大化させる頭でっかち人間に教育するよりも何かできることはないか思案もするんだよね。
わたしは経歴から「頭が悪い」ということになっているんだよ。
このタイプが直感トレーニングで従来の「死の思考術」とか「中二病的お花畑思考術」とかにはまっちまうと最低最悪で実際に頭が悪くなるから、何かないかとね。

投稿日時 - 2019-06-18 23:41:01

お礼

ぶん殴られようと、イスラムに肩入れできる日本人は珍しくないかな。
話し合いとは、常に相手を理解しようと努めることだと思うよ。
戦場で体を張ることとは、生きるか死ぬかが第一義で、勝つか負けるかはその次だ。娘におねだりされた馬鹿は違うだろうけどね。
だから、戦場には戦士の間での道義が何かしらあるだろう。
歴史的にいかなる文明国でもそうした片鱗と、勝利の過程での逸脱があるだろう。
暴力も一種の交渉だが、アメリカが招く恐怖は敵を多く作るだろう。
ナチスに近いやりたい放題で、立場によってはとことん意地を張るのは賢明で勇敢な人々だ。

投稿日時 - 2019-06-17 23:38:06

あなたにオススメの質問