こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

形状面積・太さから共鳴周波数を推定するということ?

ベロの位置を変える=長さが変わるということ?(https://okwave.jp/qa/q9625866.html)に関して質問した者なんですが、

(https://okwave.jp/qa/q9625866.html)
↑上記のページにて

>1。これは大まかなイメージでいうと、「ベロの位置を変える=長さが変わる」ということなんでしょうか?

>いいえ。

>2。要するに、「声道の断面積」というのは「声道の長さ」を組み合わせたようなものなんでしょうか?

>いいえ。

という回答がありましたが、では

(1)「ベロの位置を変える=長さが変わる」ではない。ということですが、「ベロの位置を変える」というのは、分かりやすい例えにすると、どんなイメージになるんでしょうか?「面積が変化する」ということなんでしょうか?
笛で例えるとどんな風になりますか?

「面積」では「共鳴周波数」を推定することは難しいと思いますが、「口腔の面積」からどうやって「共鳴周波数」を推定するのでしょうか?
具体的にわかりやすく教えて下さい。

(2)「声道の断面積」というのは「声道の長さ」を組み合わせたものではないということなんですが、「声道の断面積」というのは「声道の太さ」のことを指すのでしょうか?
そもそも「太さ」から「共鳴周波数」を推定することは可能なんでしょうか?

笛ではどうやっても例えることはできないのですか?
「声道の断面積」こと自体を分かりやすい例えで教えてください。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-06-16 00:13:34

QNo.9626195

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(1)-1 ベロの位置で声道全体の長さ計算すれば分かる、あまり変わらない?
(1)-2 笛よりトランペットなど金管楽器で例えるほうが分かり易い。
(1)-3 口腔の面積でなく内容積?は空洞共鳴に関係するはず。
(2)-1 声道の太さとは断面積の声帯から出口までのそれぞれのはず。
(2)-2 声道の太さで声道長さ管共鳴に僅か影響+空洞共鳴周波数では?

結局、(1)声帯は絃振動、(2)声道長さは開管共鳴と(3)閉管共鳴、
   (4)声道内容積と唇厚みと開口面積の空洞共鳴、の計算では?
母音以外に息を出す時のスピードや雑音(バズ)子音の影響もあるはずです。

{母音 ロボット}で検索すると参考記事がありました。
http://www.takanishi.mech.waseda.ac.jp/top/research/voice/index_j.htm
https://www.gavo.t.u-tokyo.ac.jp/~mine/jikken/speech_interface/kaisetsu.pdf

簡単に言うと、声帯の影響が1番大きいと思います。
それに声道共鳴(閉管、開管共鳴)の影響で特定の周波数が凸凹のフォルマントの母音が形成されるはずです。
それにプラスして、声道断面積の違いや空洞共鳴(ヘルムホルツ共鳴)も僅かに加わり個人の音色違いが表れるのでは?
それ以外の種々の要因は未だ解明されていないと思います。

投稿日時 - 2019-06-16 10:20:42

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

 #1です。補足です。

>「ベロの位置を変える=長さが変わる」ではない。ということですが、「ベロの位置を変える」というのは、分かりやすい例えにすると、どんなイメージになるんでしょうか?

 母音の場合ですが、母音の定義は声道が閉塞されていないということですから。声道の長さは、各母音とも同じです。

 母音の分類の一つは高さで、舌の表面が低いと広母音、舌の表面が高いと狭母音になります。狭母音同志だと「声道の断面積」同じです。

 しかし狭母音には、下記の37ページのB図で示されるように、「イ」のように舌の前部が高いものと、「ウ」のように舌の後部が高いものがあります。 
 http://www.seijo.ac.jp/graduate/gslit/orig/journal/english/pdf/seng-37-01.pdf

 したがって声道の「長さ」と、「断面積」だけでは、前母音と後母音の区別をするには不十分なことがわかります。

>「面積が変化する」ということなんでしょうか?

 いいえ。

>笛で例えるとどんな風になりますか?

 笛の音は、長さと太さで決まっているので、例えられないわけです。

>「声道の断面積」というのは「声道の太さ」のことを指すのでしょうか?

 いいえ、上記でわかるように、声道の「形」です。

投稿日時 - 2019-06-16 08:46:57

ANo.1

1。(1)「ベロの位置を変える=長さが変わる」ではない。ということですが、「ベロの位置を変える」というのは、分かりやすい例えにすると、どんなイメージになるんでしょうか?

 下記などを御覧ください。
 https://eigonokai.jp/phonetics/5-%E6%AF%8D%E9%9F%B3%EF%BC%9Ai%C9%AA%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%9F%B3%E3%80%81i%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%9F%B3/

 面積が変化する」ということなんでしょうか?

 いいえ。

 笛で例えるとどんな風になりますか?

 笛では例えられません。

2。「声道の断面積」というのは「声道の長さ」を組み合わせたものではないということなんですが、「声道の断面積」というのは「声道の太さ」のことを指すのでしょうか?

 いいえ。

 そもそも「太さ」から「共鳴周波数」を推定することは可能なんでしょうか?

 はい。

 笛ではどうやっても例えることはできないのですか?

 はい。

投稿日時 - 2019-06-16 02:46:31

あなたにオススメの質問