こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜイラン革命防衛隊は中東アラブの石油パイプライン

なぜイラン革命防衛隊は中東アラブの石油パイプラインや石油の輸送経路を爆破して断とうとテロ活動をしているのですか?

石油の輸出が嫌いな理由はなんですか?

投稿日時 - 2019-06-14 20:37:58

QNo.9625818

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そんな活動をしている事実はない

投稿日時 - 2019-06-14 20:52:02

お礼

ありがとう

投稿日時 - 2019-06-15 08:59:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

アメリカのイラン石油禁輸の経済制裁に対抗するためです。イランにとって石油を輸出できないことは死活問題。そこでサウジをはじめとした他の親米産油国の輸出もできないようホルムズ海峡を封鎖してアメリカやアメリカの同盟国に圧力をかけたいのです。中東の主要な油田はペルシャ湾岸に集中しています。イランの敵対国でアメリカの同盟国であるサウジアラビアの油田も主要なものはペルシャ湾沿いにあります。しかしペルシャ湾の出口にあたるホルムズ海峡はとても狭く簡単に封鎖されてしまいます。そこでサウジはそのリスクを避けるためペルシャ湾側の油田からアラビア半島の反対側でより安全な紅海側の港に石油を流し出すパイプラインを建造しています。イランとしてはそのパイプラインを破壊しないとホルムズ海峡の封鎖の効果が十分に得られません。
ただしイランが直接サウジ領土内の施設に攻撃を加えるのは戦争のリスクが高いので、イランが支援するイエメンの反政府勢力でサウジの空爆にさらされているフーシ派にドローンで破壊してもらったということでしょう。
ところでアメリカにはシェイルオイルガあるのでペルシャ湾から石油を輸入できなくてもあまり困りません。石油の禁輸はアメリカが一方的に決めたことなので、EUや日本はイランからの石油を禁輸していません。しかしアメリカはイランの石油輸入に関係した企業や金融機関がアメリカ企業と取り引きすることを禁止しました。結果政府が禁止しなくても国際的な企業はアメリカとのビジネスを失いたくなくイランからの石油輸入から手を引き実質的にはアメリカから禁輸を強制されている状態です。それらの国々にペルシャ湾からの石油全体の輸出が止まれば大きな問題になり、EU,日本からアメリカを説得、圧力をかけて欲しいという事でしょう。
EUは、アメリカとの取引とは独立した金融組織まで作って、民間企業がイランの石油を輸入できるようお膳立てしました。それでも民間企業はアメリカの報復を恐れて二の足を踏んでいます。それに対して日本は大きな影響を受けるにも関わらず、リスク回避の行動を取っていません。安倍さんがイランに仲介に行ってハメネ師に会う程度。

投稿日時 - 2019-06-15 09:34:25

あなたにオススメの質問