こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本ってどんだけガキがいれば少子化にならないの!?

普通に、うざいほどそこらじゅうにガキ持ち世帯いるよね。
国民の7割が被害を受けている 近所トラブルのトップも相変わらず子供の騒音だし。

先進40か国でアメリカ以外の先進国はほとんどは日本の子供の半分以下。
先進国で日本の子供の数より多いのはアメリカだけ。
けど、アメリカの国土は日本の約10倍なので
子供のが日本の倍いても、
子持ち世帯が近くにいる率は日本の方が5倍にもなる。


たぶん昭和の人が生みすぎてしまって、さらに平均寿命が伸びすぎてしまって
高齢者や中年層と比較して子供の率が低いって事なんだろうけど

じゃあ、日本みたいな国ってどんくらいガキがいれば少子高齢化にならないの?
団塊ジュニアとかに合わせてたら、今でも総人口は過密気味なのに
毎年200万もガキが生まれないと同じにならないのだから総人口が2億ぐらいになってしまうけど。

投稿日時 - 2019-06-13 13:59:15

QNo.9625452

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

子供は少ないです。子供が歩いているのを見た日、そのへんで遊んでいる子供を見た日、年間何日もありません。
出生率が横ばいならまだしも減少し続けているということはどういうことか考えてみてはどうでしょう。
日本では広すぎるので一家族を仮定して考えるとわかりやすいです。
ひいおじいちゃんは10人兄弟、おじいちゃんは6人兄弟、おとうさんは3人兄弟ご相談者は一人っ子、ご相談者の孫はゼロ.......ご存知のようにゼロからは何も生まれません。これが未来です。
参考までに、「子供」というもが苦手な立場での回答です。

投稿日時 - 2019-06-17 13:25:03

ANo.10

子供は過去のあなたであり老人は未来のあなたです。子供を嫌うのは老人を嫌うのと共通の心です。

投稿日時 - 2019-06-16 10:09:43

ANo.9

過疎化した市町村の児童数を数えてみて下さい

投稿日時 - 2019-06-15 20:39:32

ANo.8

質問者様の年齢は存じませんが、回答者が子どもだった昭和30年代から40年代前半と比較すれば明らかに子どもの数は激減していますね。回答者が通った小学校は1学年5クラス、中学校は1学年13クラスありましたし、一クラスの上限の人数も現在より多く50人近くいたのです。その当時児童が1200人以上いた小学校のサイトを見ると、最近は500人未満にまで減っています。

結論から先に申しあげますと、「少子化にならない」=「人口の減少が止まる」とするなら、現在の日本では「当面不可能」です。去年(2018年)1年間に日本では、91万8397人が生まれ、136万2482人が死亡しました。この差の44万4085人がいわゆる「自然減」です。全国の都道府県で出生数の方が死亡数より多いのは沖縄県だけでした。(厚生労働省:人口動態統計(概数))これからも出生数と死亡数の差は開く一方です。

人口問題と言えば、よく「1人の女性が一生のうちに産む子どもの数」である「合計特殊出生率」(以下「出生率」と略記)が持ち出されて、「約2.1あれば人口は増減しない」と書かれていますが、それはあくまでも長期的に見た場合のことです。現在の日本のように、子どもを産む世代の女性の数自体が減り続けている場合には、仮に今後ずっと出生率が2.1を維持したとしても、数十年にわたって人口は減り続けます。

またこの出生率は、あくまでも「1人の女性が」であって「既婚の1人の女性が」ではない点に注意が必要です。日本のように結婚した男女間以外で生まれる子ども(婚外子)の比率が極めて低い国(外国には婚外子の比率の方が高い国もあります)では、未婚率や晩婚率が上昇すれば、少子化に直結します。

仮に女性の半分しか結婚しないような世の中になり、しかも婚外子が増えないとすれば、大まかに言えば、既婚の女性全員が4人ずつ子を生んではじめて出生率が2になる計算になりますが、いくらなんでもそれは「無理な計算」です。これからの日本は少子化・高齢化ががさらに進んで行くことを前提に、その悪影響を少なくするようになんとかやっていくほかありません。

投稿日時 - 2019-06-14 17:24:39

ANo.7

社会問題研究サークル居酒屋軍団は末期高齢者なのでもうあれですが、このサークル軍団が最近言っていることをきくと…と言いますか、わたくしはいつも口で負けるので聞き役でございまして、そんな自己紹介はさておいてサークル軍団所見は少子化などどうでもええわと言っています、そりゃそうですよねえ、もう国の爺たちは死んじゃって今や自分らが爺婆ですからねえ、困ったものですねえ、適当なワハハ世間話みたいなこと言っちゃってですよ、そんないい加減な事より結論としては少子であっても近隣アジア諸国の労働者をどんどん入れて日本は国を運営するので問題ないそうです、ただしに日本精神同一が日本の少子若者たで成されていなければいづれは亡国となるという見解です、その前に今の香港次は台湾次辺りは日本が中国共産党に飲まれてしまうので今の若者はいまのうちに馴染んでおくことことが良いでしょうとのことでして、しかしかたや日本愛国超ド級精神右翼諸君は日本固有精神同一性無きいわゆるアイデンティティ無しあやふや野郎野女どもをぶった切りたいぐらいに発狂しそうで、それでも亡国なろうとも日本精神を外国人に調教しなんとか国くに持たぬ国無き日本精神だけでも世界に広めようとする活動もあるようで最近はテレビでも日本のすばらしさを世界に宣伝しまくっていますので、そこいらもお考え含め精神安定ですごし情報集めに精を出していただけたら幸せとは何だろうかということも考えなくともよく動物のようにエサを食って生きていけばいいのだという結論に達る場合もあり子孫繁栄は個人個体の遺伝命令にてなっているのだ、祖損残した者が価値これ自然界では常識と明らめ…諦めでなく明らめる事もできるというのが社会問題研究サークル軍団の最近のお話からしてそうもいましたので、まあ結局子を産まないのは血が濃くなりすぎたか子をÞくりたがらない思考遺伝子が働いている一代限り気づかぬお幸せ自然淘汰個体なのだということを社会問題研究サークル軍団もいけニッチしておりましたので、こんなご報告でも何かの屋kに建てたなら幸いですが、長文なので適当にパスすることも戦後教育の成れの果てエ作成果でございますから、これは掘り下げると長文になるのでここいらで区切りご報告させていただきこれにて本日は失礼いたします。
<(_ _)>

投稿日時 - 2019-06-14 02:09:24

ANo.6

何も調べもしないで引きこもりが子供を非難しているが、先進国では誰もが知っていることだが、フランスが一番子供を生んでいる。どこの国も出生率2を目指しているのだが、フランスは1.92と2に限りなく近い。次がスエーデンで1.85。アメリカが1.82で続いている。その次がイギリスで1.79だ。
日本は1.44なので、なにもしなければどんどん人口は減っていってしまう。
とにかく、2を超えない限り人口は減るにきまっているのに、幼稚すぎて自分が何を言っているかもわからないらしい。
そのうえに質問者のような引きこもりが100万人を遙かに超えるというわけで、せっかく生まれてきてもそれこそ生まれてこなかったのと同じ状態になっている。
いや、生まれてこないよりももっと悪い。いないのなら食べることも排泄もしないが、引きこもりは生きているので食べるし、排泄もする。でも、何の役にも立っていない。
せいぜいこのような幼稚な戯言を言う程度の存在だ。
あと数十年もすると、地方ではほとんど人がいなくなるといわれている。今だって、地方では大変な勢いで人口が減っているからだ。
こうした状況を改善するのに、自民党政府はほとんどこれといった政策を行ってこなかった。地方は老人ばかりという状態なのに、何もしてくれない自民党を支持し続けている。

投稿日時 - 2019-06-13 19:54:17

ANo.5

少子化=人口減だよね。。。

関東以外で人口が増えている都道府県は愛知、福岡、沖縄しかないそうです。
大阪ですらこの5年連続で人口が減っている。

貴方はそこら中に子供が居ると言うけれど、
毎年500の小中高学校が廃校になっているのを見ると子供は減っているわけですよ。

平均寿命が延びた云々ではなくて
とりあえず死亡数と同じだけの出生数にならないとダメなんじゃない?
去年の死亡者数は135万人。毎年増えている。
去年の出生数は95万人。毎年減っている。

投稿日時 - 2019-06-13 15:54:50

ANo.4

調べるのは面倒だからしないけど、

50年前くらいは景気が良かったから、
その頃の人口、或いは人口比率ぐらいが良いのかも。
多分、人口は1億人くらいだったんじゃないかな。

昨今は多過ぎて問題になってる年寄りが、これから先はどんどん死んで減ってくんだから、
成り行きに任せていれば、総人口は増えなくても子供の人口比率は上がってくるだろうし、
そのうち丁度良くなるんじゃないかな。

人口多けりゃイイってもんじゃないと思うよ。
主食の米不足で国が慌てた時代もあったくらいだし、

やっぱり「丁度良い」のがイイんじゃないのかな。
…成り行きでイイと思うけどね。

投稿日時 - 2019-06-13 15:22:44

ANo.3

生産年齢人口(15歳~64歳)は7,592万人である。
2030年には6,773万人、2060年には4,418万人。

総務省の発表です。総人口と高年齢層を抜きにしても経済を支えていくべき労働年齢(15歳を労働年齢って考慮しているところがほとんど脳内明治時代)の現象が問題です。

死亡人口を差し引いてもこの3000万人を満たさなければ国力は落ちる一方です。赤ん坊や児童の数を増やせといってません。勤労者人口を3000万人どこかから持って来てください。できれば国民がクローン化できれば早いんですけど。

もしくはAIですよね。労働人口が少なくとも生産性が上がればいいわけです。でもサービス業や医療機関で人間はまだ必要ですから。

種を撒かねば実はならないんですから、双葉や苗の育成中を待つことができなければ収穫はあり得ません。

投稿日時 - 2019-06-13 14:50:54

ANo.2

出生率2.4位(女性が人生終わるまでに産む数で 赤ちゃんは 男性一人と女性一人が必要 0.4は出生時から整理が来るまでに死んでしまう数)
女性が赤ちゃんの埋める期間は10代後半から40ぐらいまで 約25年


https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/data/sekai-shusshou.html
現在世界中が1を切ってるので 生物としての終わりが見えてる
団塊の世代が消える40年後には 8000万人という推計は出てる

今は1億2000万人だから人口が60%にになるんだけど

それが全世界でスピードは違うけど進んでいくわけだ
外国人が来るよと言っても 人口60%ってなれば 稼ぎも減るわけだよ
100人いた会社が60人寝同じだけ稼げるかという問題

投稿日時 - 2019-06-13 14:42:40

ANo.1

女性が一生に生む子供の数を特殊出生率といいます。
男女2人で生むのだから2.0で丁度ということになりますが、
生めない人や結婚しない人がいるのでもうすこしいりますね。

周りで子供が2人いる人は珍しいでしょう。
年間の死亡者が100万人ですから100万人生まれないと人口減少に
なります。

投稿日時 - 2019-06-13 14:15:37

あなたにオススメの質問