こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

マクロ経済学の投資理論について質問です。

マクロ経済学の投資理論について質問です。
「ある企業が限界的な投資を行う場合、1単位の投資財から将来にわたって毎期2円の収益が期待できるとする。1単位の投資財の価格が10円、資本のレンタルコストが0.1であるとき、この投資によるトービンのqの値として正しいのはどれか。」という問題を解く際、

「限界のq=投資の限界効率/利子率」に当てはめて、

「q=2/0.1=20」と考えたのですが、正解を見ると
「q=2/10×0.1=2」とありました。

問題文中で、限界効率については実数値2で書かれてるのに、レンタルコストは実数値じゃないっておかしいのでは?と思ってしまいました。

「レンタルコスト」という単語は「掛け算しろ」という意味を含むものであると覚えれば良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-06-08 13:37:20

QNo.9623984

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

回答2に関して追加説明です。あなたには勘違いがあるようです。
投資の限界効率をあなたは2と書いているが、0.2が正しい。投資財の収益の流れの現在価値を、投資財の価値に等しくする収益率と定義されるので、
10 = 2/(1+r) + 2/(1+r)^2 + 2/(1+r)^3 + ・・・
を解くrのことです。ところが、この方程式の右辺は
右辺=(2/(1+r))[1 + 1/(1+r) + 1/(1+r)^2 + ・・・]
  =(2/(1+r)){1/[1- 1/(1+r)]}
  = 2/r
よって、上の方程式は
10 = 2/r
r = 2/10 = 0.2
となる。これがこの投資の限界効率です!
2(円)は限界効率ではなく、1単位の投資が生み出す各期の収益額です。限界効率には円という単位は付かない!

投稿日時 - 2019-06-12 10:07:09

ANo.2

回答1への追加です。

>限界のq=投資の限界効率/利子率」に当てはめて、
「q=2/0.1=20」と考えたのですが、正解を見ると・・・

と書いておられるが、
投資の限界効率=2/10=0.2
レンタルコスト=0.1
だから、
「限界のq=投資の限界効率/利子率」に「正しく」当てはめるなら、
q = 2/0.1 = 20
ではなく、
q = 0.2/0.1 = 2
となるはずでしょう!

投稿日時 - 2019-06-10 08:45:57

ANo.1

問題文のコンテクストで考えると、レンタルコスト0.1には円という単位がついていない。もし0.1円なら、はっきり0.1円と、ほかの2円や10円と同じように、円という単位がはいるでしょう。私は、混乱を避けるために、問題文としては0.1と書くより、「資本財1単位のレンタル料は毎期10円」と書いた方がよかったとは思います。

話は少し違いますが、レンタルコストの代わりに、金利コストは0.1と書いてあったら、あなたは0.1円と解釈するのでしょうか?

投稿日時 - 2019-06-10 05:54:10

あなたにオススメの質問