こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

障害年金について質問です

今回、1月更新で初めての更新待ちだったんですが、本日、年金機構からハガキが届きました。

中身は年金振込通知書と書いてあって、令和元年6月から令和2年4月まで振り込みます
って書いてあります。

次回の診断書提出日とか何級とかが記載されてないのですが、これが 更新通知書なのでしょうか?

ご回答お待ちしています。

投稿日時 - 2019-06-05 14:24:28

QNo.9623190

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

年金振込通知書は、あくまでも「振込見込額」が示されたものです。
障害状態確認届(いわゆる更新時診断書)を直前までに提出し、かつ、その結果がまだ知らされてきていない人のときは、振込は確定していません。
あるいは、来年度分(令和2年度分/来年6月振込以降)の支給が始まるまでに提出月が来る人(誕生月が来年5月までにある人)も同様です。

障害状態確認届の提出後、等級がいままでと変わらない場合には、下記の画像のような「次回診断書提出年月のお知らせ」といったハガキが届きます。
提出後、4か月目で確定する(提出月を「1か月目」として数えます)といった決まりがあるので、通常、提出後3か月以内に届きます。

こちらをごらんください(JPEGファイル) ⇒ https://bit.ly/2Mtb5Lr

等級が下げられたり、支給停止になってしまったときは、このハガキではなく、支給額が変わる旨の通知書(新たな年金証書はなし)が届きます。
確定や届く時期は、前述したハガキと同様です。
提出月から4か月目の分から、支給額が変わります。
たとえば、8月更新(8月が提出月)だとすると、8・9・10月‥‥と数えて11月分で確定しますので、12月振込分(10月分・11月分です)から反映されて、以後、支給が減ります。

更新の際に送られてくる診断書用紙が、障害状態確認届です。
年金用診断書のことですが、新規請求のときに用いたものとは様式の一部に違いがありますので、必ず、送られてきた診断書用紙を使うことになっています。
なお、法改正があったので、今年8月以降に更新月が来る人は、更新月の3か月前から書いてもらえます(それまでは「更新月の1か月前」)。
たとえば、8月更新(8月が提出月)だとすると、この3か月は6・7・8月と数えるので、既に用紙が送られ始めており、この3か月以内の実診察時の障害の状態を医師から記してもらえば可です。

法改正の内容に関しては、以下をごらん下さい。

こちらをごらんください(PDFファイル)⇒ https://bit.ly/2JWMOeH
こちらもごらんください(PDFファイル)⇒ https://bit.ly/2XrRAUH
 

投稿日時 - 2019-06-05 16:58:38

お礼

ご回答ありがとうございました。

分かりやすい説明ありがとうございます。
今日、届いたハガキはそういうものだったんですね。

一昨日、年金ダイヤルに電話した時は6月中に届くという話でした。
もう少し待つことにします。

投稿日時 - 2019-06-05 17:26:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

通常の流れについては、No.3 さまが詳しく書いて下さっている通りです。
障害年金の認定が日本年金機構に新しく設けられた障害年金センターに一元化(それまでは、障害基礎年金だけは地方にある下位機関で認定していました)されたことと、No.3 さまがおっしゃっている法改正による方法変更が年明けから始まったこともあって、現在、認定審査がかなり遅延しています。
遅延については、No.4 さまが書いて下さっている通りです。

1月が更新月(障害状態確認届という更新用診断書の提出月)の人の場合は、2月・3月・4月と数えて、もしも級下げや支給停止になってしまうようなときには、5月分から適用されることになります。
したがって、各偶数月の定期支払(振込)は前々月分と前月分ですから、5月分は4月分と合わせて6月の振込です。
つまり、もしも等級が下がってしまったり支給停止になってしまったりしたときは、6月に振り込まれる額から変わります。
なお、このようなとき(級下げや支給停止になるとき)には、その振込日の直前に認定結果(変更通知書として)が届けられることになっています。

No.4 さまのお書きになっていることは、等級不変であった場合のこと。
質問者さまの結果がどうなるかはまだ不明ですから、No.4 さまと同じようになるかどうかはまだ何とも申し上げられませんけれども、仮にNo.4 さまと同じ結果になるとすれば、先頃届いた年金振込通知書の通りとなります。

認定の遅延に関しての特例措置などは、一切ありません。
これも No.4 さまが書かれておられる通りで、すべての方に共通します。

いろいろと不安になったり疑心暗鬼になってしまうお気持ちは、たいへんよくわかります。
しかしながら、日本年金機構に問い合わせたところで要領を得ない回答しか返ってこなかったりと、何とも心もとないものもありますよね。
と言いますか、しくみなどの周知がほんとうにいい加減(たとえば、遅延があってもきちんと広報されない)だと思います。たいへんわかりづらいですよね。
お役所仕事と言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが、何とも困ったことだと思わざるをえません。

投稿日時 - 2019-06-06 19:03:36

お礼

ご回答ありがとうございました。

本日、通知が来て、引き続き受給できるようになりました。

投稿日時 - 2019-06-08 13:10:27

ANo.4

私も今年の1月に障害年金の更新の手続きをしました。
全く同じ状況で、年金機構と年金事務所に問い合わせたので、あくまで私の場合になってしまいますが、参考にしていただけたらと思います。

5月初旬に年金機構に電話した際は、
更新審査中→6月に振り込まれる金額は等級が下がった場合、1ヶ月分は変更あり(支給停止の場合は1ヶ月分しか振り込まれない) 更新の結果の通知は6月になってしまうとの事

昨日、元々の等級であろう金額の振込通知書が届く

本日、(6月6日)年金機構と年金事務所に問い合わせた結果

6月分に関しては、その振込通知書に書かれている金額が振り込まれる事は確定している。
更新の結果は出ているが、結果をお伝えする事は出来ない。
更新の結果は7月に発送予定。(内容は言えないが次回更新月の案内との事)
審査が遅れている事についての特例措置として6月に2ヶ月分振込される事は無い。

これ以上の情報は聞き出せませんでしたが、状況からみて、次回更新月の案内の発送、6月分の金額から、あくまで予想ですが、無事に同じ等級で更新されてることが想像できます。

審査が6ヶ月もかかるのは私も不安でたまりませんでしたので、気持ちは凄く分かります。どのサイトを見ても、年金機構に問い合わせても結果が届くまで待つように言われるだけですものね。

目安の3ヶ月はとうに過ぎ、6月の振込金額も分からないのは不安ですが、参考にしていただけたらと思います。

投稿日時 - 2019-06-06 09:30:07

お礼

ご回答ありがとうございました。

自分は本日、通知が届きました。2年更新でした。
shi2929様も、いい結果が訪れるといいですね。

投稿日時 - 2019-06-08 13:08:49

ANo.2

令和2年の4月近くになったら、「診断書」を提出するのか?級は変わらないにしても何らかの通知が来ます。その時にその手続きに従って下さい。

投稿日時 - 2019-06-05 15:45:28

ANo.1

https://uranaru.jp/topic/1034861
読んで下さい ・・・  更新手続き お忘れなきように

参考URL:https://uranaru.jp/topic/1034861

投稿日時 - 2019-06-05 14:51:49

お礼

自分が知りたい情報は、そのページには載っていませんでした・・・。

投稿日時 - 2019-06-05 17:05:02

あなたにオススメの質問