こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドイツ語のan was

Rosetta Stoneのドイツ語を聞いていたのですが、何を考えてるのみたいな文章に、An was denkst du?という例文が出てました。人の場合は、an wenで良いかと思うのですが、物の場合はworanとかになると認識していたのですが、an wasも意味は分かると思うのですが、正式に使って問題ないのでしょうか?
もしそうならば、関係代名詞、たとえばdamit,daranの代わりにmit dem, an derとかも使えるのでしょうか?

投稿日時 - 2019-06-03 19:17:17

QNo.9622721

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>mitやbeiの場合もDativのwemではなく、Akkusativのwasを使うのは、物と人を区別するためなのでしょうか?

まず、was には wem や wen のような格変化がないので、
mit was や bei was の was も文法的には Dativ です。
物や事を示す場合は womit や wobei がスタンダードで、
was は口語におけるその代用ということになります。
尋ねる時点で、最初から物・事と人を並べて言うことがありますが、
その場合も、口語では An was und wen denken Sie? となることが多いです。
(この場合はどちらも Akkusativです。)
スタンダードなドイツ語なら、Woran und an wen denken Sie? です。
語順は、was と wen なら口語ではかなり自由で、
an was und wen/an wen und was どちらも同じくらい見られますが、
スタンダードの方は、どちらかというと woran が先に来ることが多いと思います。

Dativ の例を挙げるなら、

Womit und mit wem hat es zu tun?
Mit was und wem hat es zu tun?
それは何と、誰とかかわりがあるのか?

なお、質問から少し離れますが、
bei+疑問詞に、さらに wo を加えて三つ並べた場合などは、
ネットで見る限り、興味深いことに、語順に特定の傾向が認められます。

Wo, wobei und bei wem fühlen Sie sich wohl?
どこで、どのような時に、また誰のところにいるときに一番気分がよいですか?
(Wo, bei wem und wobei… という語順は見られない)

Wo, bei wem und was fühlen Sie sich wohl?
どこで、誰といるとき、またどのような時に一番気分がよいですか?
(Wo bei was und wem… という語順は一件しか出てこない)

wobei が bei wem より先に来るというのは、wo(r)- +疑問詞が、
前置詞+疑問詞より先に来るスタンダードの語順の傾向と思われますが、
bei wem und was の語順になるのは、an + Akkusativ の場合と違い、
Dativ が明示できる wem が先に来る方が自然ということではないかと思います。
mit の場合も同様で、mit wem und was という語順の方が、
mit was und wem という語順よりやや多くみられます。

投稿日時 - 2019-06-04 22:16:15

お礼

詳細な回答をありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-05 15:57:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

>an wasも意味は分かると思うのですが、正式に使って問題ないのでしょうか?

Woran denskst du? も An was denkst du? も
文法的には正しく、意味も基本的には同じです。
しかし、An was… の方はくだけた表現の口語で、
woran の方が書き言葉で守られるスタンダードな表現です。

例えば、相手の言ったことが聞こえなかったり理解できなかったりしたとき、
Wie bitte? と聞くのは構わないが、特に親しくない相手の場合、
Was?(何?)と聞くのは失礼だ、という説明を見ることがあると思いますが、
それに多少似ていると言えなくもありません。
ただ、an was の形は口語でかなり多くなり、
必ずしも親しい者同士の会話だけで許容されるというものでもありません。
内容がいささか固くなりますが、下のような医学的な問答の例も出てきます。

療法士志願者と医師の質疑
In der Regel nimmt der Arzt eine 24-Stunden-Blutdruckmessung vor. (…) Ferner sollten auch die Nieren und die Schilddrüse untersucht werden.
基本的に、医師は血圧の24時間測定を行います。(中略)ほかには、腎臓と甲状腺の検査を行わなければいけません。
An was denken Sie denn bei der Schilddrüse?
甲状腺に関しては、いったい何を考える(=何が起きる可能性を想定する)のでしょうか?
An eine Hyperthyreose nach Jodgabe oder Morbus Basedow.
ヨード投与後の甲状腺機能亢進症またはバセドウ病です。

woran を使った場合でも an was を使った場合でも、
特定の物や事を具体的に名詞で挙げる回答と、「こうこう、こういうこと」という
事情全体についての文による説明回答の両方が想定できますが、
特定の物や事を端的に一語で回答してほしい場合などに、
それを意識して強調的に an was を使うということも考えられなくもありません。
上の例でも、ズバリ an + 名詞の回答になっています。
また、an was の方が口語的、直接的であることから、
強い問題提起であったり、責任を問うような場面であったり、
からかう場合などに出やすい傾向があるような印象も持っていますが、
残念ながらここまで解説したものは見当たらないので、あくまでも印象です。

ドイツのシュピーゲル誌には、
口語では wo(r)- という形の状況語(Umstandswort)が、
単純に避けられる傾向が増えているらしいことも紹介されています。
下の記事では、まだ若いラジオレポーターが、初めてするインタビュー中で、
ことごとく前置詞+ was の形を使っている様子が書かれています。
https://www.spiegel.de/lebenundlernen/schule/zwiebelfibel-an-was-erkennt-man-schlechten-stil-a-376735.html

wodurch の代わりに durch was、wobei の代わりに bei was、
womit の代わりに mit was、worum の代わりに um was を使っています。
普段からそういう話し方をしていたのでしょう。
現在口語では、woran と an was の使われかたはほぼ半々といったところですが、
たとえ口語であっても、一応 woran の方がエレガント、
かつ教養のある人の話し方ということにはなっているようです。


>もしそうならば、関係代名詞、たとえばdamit,daranの代わりにmit dem, an derとかも使えるのでしょうか?

この二つは関連付けられません。文法事項が違います。
先の方で問題になるのは was という疑問詞の直接的なニュアンスです。
damit や daran は、すでに言及されている特定のことや物一つを示すこともありますが、
先行する文の「内容全体」を指すことも多く、これは mit dem や an der に置き換えられません。

Mein Freund ist schon seit langem sehr krank. Ich denke immer daran.
私の友人はもう長いこととても具合が悪い。私はいつもそのことを考えている。

上の文は、Ich denke immer an der. とは言えません。

Wir hatten eine schöne Reise. Wir erinnern uns immer daran.
私たちは素晴らしい旅をしました。私たちはいつもそのことを思い出します。

上の文の場合、daran は eine schöne Reise を指していると取ることができます。
これを an die に置き換えると、die は指示代名詞なので、
daran を使った客観的な叙述と比べると、
「特にそのこと」、という強調的なニュアンスになります。
ただ、その場合は前に出さないとおかしいでしょう。

Wir hatten eine schöne Reise. An die erinnern wir uns immer.
私たちは素晴らしい旅をしました。そのことを、私たちはいつも思い出します。

damit と mit dem で一つ例を作ると、

Wir nahmen ein Taxi und fuhren damit nach Hause.
私たちはタクシーを使って、それで家へ帰った。

上の場合は客観的な叙述に過ぎません。

Gott sei Dank steht da gerade ein freies Taxi! Mit dem können wir endlich nach Hause fahren.
ありがたいことにちょうどあそこに空車のタクシーが止まっている。あれに乗ればやっと我々は家へ帰れる。

この場合は、ちょうど運よく見つけた「あのタクシー」を強調的に指示しています。
つまりこちらの方は、waran と an was のケースとは違い、
文法的機能とニュアンスの違いによる使い分けです。

投稿日時 - 2019-06-04 16:14:59

補足

mitやbeiの場合もDativのwemではなく、Akkusativのwasを使うのは、物と人を区別するためなのでしょうか?

投稿日時 - 2019-06-04 20:10:24

お礼

ありがとうございました。単純に人は前置詞+疑問代名詞、物にはwo+前置詞しか駄目だと思ってました。普段はこだわって使う環境にはないのですが、例題等が出てくると非常に気になってしまいます。

投稿日時 - 2019-06-04 20:05:37