こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を訳して下さい。

General Maritz, who was head of a commando of Union forces on the border of German South-West Africa, allied himself with the Germans. He then issued a proclamation on behalf of a provisional government. It stated that "the former South African Republic and Orange Free State as well as the Cape Province and Natal are proclaimed free from British control and independent, and every White inhabitant of the mentioned areas, of whatever nationality, are hereby called upon to take their weapons in their hands and realize the long-cherished ideal of a Free and Independent South Africa." It was announced that Generals Beyers, de Wet, Maritz, Kemp and Bezuidenhout were to be the first leaders of this provisional government. Maritz's forces occupied Keimoes in the Upington area. The Lydenburg commando under General De Wet took possession of the town of Heilbron, held up a train and captured government stores and ammunition. Some of the prominent citizens of the area joined him, and by the end of the week he had a force of 3,000 men. Beyers also gathered a force in the Magaliesberg; in all, about 12,000 rebels rallied to the cause. The irony was that General Louis Botha had around 32,000 troops to counter the rebels and of the 32,000 troops about 20,000 of them were Afrikaners.
The government declared martial law on 12 October 1914, and forces loyal to the government under the command of General Louis Botha and Jan Smuts proceeded to destroy the rebellion. General Maritz was defeated on 24 October and took refuge with the Germans. The Beyers commando was attacked and dispersed at Commissioners Drift on 28 October, after which Beyers joined forces with Kemp, but drowned in the Vaal River on 8 December. General de Wet was captured in Bechuanaland on 1 December 1914, with 52 others on a farm called Waterbury. His remark when captured was: "Thank God it was not an Englishman who captured me after all". His grandson, Dr Carel de Wet [de], then Minister of Health, consecrated a monument at this spot on 14 February 1970. General Kemp, having taken his commando across the Kalahari desert, losing 300 out of 800 men and most of their horses on the 1,100 kilometre month-long trek, joined Maritz in German South-West Africa, but returned after about a week and surrendered on 4 February 1915. After the Maritz rebellion was suppressed, the South African army continued their operations into German South West Africa and conquered it by July 1915.
Compared to the fate of the ringleaders of the Easter Rising in Ireland in 1916, the leading Boer rebels got off relatively lightly with terms of imprisonment of six and seven years and heavy fines. Two years later they were released from prison, as Louis Botha recognised the value of reconciliation.
One notable exception was Jopie Fourie, a Union Defence Force officer who had failed to resign his commission before joining the rebellion, who was executed.

投稿日時 - 2019-05-26 01:51:26

QNo.9620121

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>General Maritz, who was ~ Independent South Africa."
⇒ドイツ南西アフリカの国境にある連合軍部隊司令部の長であったマリッツ将軍は、ドイツ軍と同盟した。それから彼は、暫定政府を代表して宣言文を発布した。それは、「旧南アフリカ共和国、オレンジ自由国、ケープ州、およびナタールは、英国の統制からの自由と独立を宣言し、今後は国籍を問わず、上述した地域の全白人住民が武器を手にし、自由で独立した南アフリカの長年の理想と実現を目指すことを求める」という声明であった。

>It was announced that ~ of them were Afrikaners.
⇒ベイヤーズ将軍、ド・ウェット、マリッツ、ケンプ、ベジュデンフーがこの暫定政府の最初の指導者になることが発表された。マリッツの部隊がアピントン地域のケイモエを占領した。ド・ウェット将軍下のライデンブルグ部隊は、ハイルブロンの町を占有し、列車を差し押さえ、政府の店舗や弾薬を奪った。地域住民の著名人が数人彼に加担したので、週末までに彼は3,000人の兵員を擁することになった。ベイヤーズはまた、マガリエスベルグで軍団を集めた。全体で、約12,000人の反政府勢力がその目標に向かって集結した。皮肉なことに、ルイ・ボタ将軍は、反乱に対抗するために約32,000人の軍隊を擁しており、そのうち約2万人はアフリカ人だった。

>The government declared ~ a farm called Waterbury.
⇒政府は1914年10月12日に戒厳令を宣言し、ルイ・ボタ将軍とヤン・スマッツの指揮下で、政府に忠実な軍隊が反乱軍を破壊し始めた。マリッツ将軍は10月24日に敗北し、ドイツ軍と共に避難した。ベイヤーズ部隊は10月28日にコミッショナーズドリフト(委員会同場)で攻撃されて霧散して、その後ベイヤーズはケンプと軍団を合流したが、12月8日にヴァール川で溺死した。1914年12月1日、ド・ウェット将軍は、ウォーターベリーと呼ばれる農場にいた他の52人と共に、ベチュアランドで捕獲された。

>His remark when captured ~ conquered it by July 1915.
⇒捕獲されたときの彼の発言は、「ありがたいことに、私を捕縛したのは、つまるところ英国人ではなかった」というものであった。1970年2月14日、彼の孫であるカレル・ド・ウェット博士、当時の保健大臣がこの場所で記念碑を献呈した。カラップ将軍は、カラハリ砂漠を横切って指揮をとり、1,100キロの月単位の旅で兵士800人のうち300人と大半の馬を失い、ドイツ南西アフリカのマリッツと合流したが、約1週間後に帰国して1915年2月4日に降伏した。マリッツの反乱が鎮圧された後も南アフリカ方面軍はドイツ軍南西アフリカに対する作戦行動を続行し、1915年7月までにそれを征服した。

>Compared to the fate ~ the value of reconciliation.
 One notable exception was ~ who was executed.
⇒1916年にアイルランドで開催された「復活祭蜂起」*の首謀者の運命に比べると、6, 7年の投獄と重い罰金で、主導的なボーアの反政府勢力は比較的軽度な条件で免れた。2年後、ルイス・ボタ(首相)が和解の価値を認めたため、彼らは刑務所から釈放された。
 注目すべき例外の1つは、反乱軍に加わる前に任務を辞任しなかった連合国防軍将校のジョピー・フーリーで、彼は処刑された。
*Easter Rising「復活祭蜂起」:1916年アイルランドのダブリンで起こった英国支配に対する暴動。

投稿日時 - 2019-06-02 23:01:24

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-04 17:53:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)