こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を和訳して下さい。

Paraphrasing the Irish Nationalists' "England's misfortune is the bitter enders' opportunity," the "bitter enders" and their supporters saw the start of World War I as that opportunity, particularly since England's enemy, Germany, had been their old supporter. The outbreak of hostilities in Europe in August 1914 was an enormous surprise, but the government of the Union of South Africa was well aware of the significance of the common border South Africa shared with the German colony of South-West Africa. Prime Minister Louis Botha informed London that South Africa could defend itself and that the imperial garrison could depart for France; when the British government asked Botha whether his forces would invade German South-West Africa, the reply was that they could and would.
South African troops were mobilised along the border between the two countries under the command of General Henry Lukin and Lieutenant Colonel Manie Maritz early in September 1914. On 19 September 1914 another force occupied the German port of Lüderitz. The Commandant-General of the Union Defence Force, Brigadier-General Christiaan Frederick Beyers was opposed to the South African government's decision to undertake offensive operations. He resigned his commission on 15 September 1914, writing "It is sad that the war is being waged against the 'barbarism' of the Germans. We have forgiven but not forgotten all the barbarities committed in our own country during the South African War", referring to the atrocities committed during the Boer War. A nominated senator, General Koos de la Rey, who had refused to support the government in parliament over this issue, associated himself with Beyers. On 15 September they set off together to visit Major JCG (Jan) Kemp in Potchefstroom, who had a large armoury and a force of 2,000 men who had just finished training, many of whom were thought to be sympathetic to the rebels' ideas. Although it is not known what the purpose of their visit was, the South African government believed it to be an attempt to instigate a rebellion, as stated in the Government Blue Book on the rebellion. According to General Beyers it was to discuss plans for the simultaneous resignation of leading army officers as protest against the government's actions, similar to what had happened in Britain two years earlier in the Curragh incident over the Irish Home Rule Bill. On the way to the meeting de la Rey's car was fired upon[citation needed] by a policeman at a road block set up to look for the Foster gang. De la Rey was hit and killed. At his funeral, however, many Nationalist Afrikaners believed and perpetuated the rumour that it was a government assassination, which added fuel to the fire. Their anger was even further inflamed by Siener van Rensburg and his controversial prophecies.

投稿日時 - 2019-05-26 01:50:00

QNo.9620120

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>Paraphrasing the Irish ~ they could and would.
⇒アイルランド民族主義者の「英国の不幸は苦いエンダーにとっての機会」を言い換えて、「苦いエンダー」(終わり渋る人)と彼らの支持者たち、特に彼らの昔からの支持者で英国の旧敵であったドイツは、第一次世界大戦の始まりを好機と見た。1914年8月のヨーロッパでの敵対行為の勃発は非常に驚きであったが、「南アフリカ連合」政府は南西アフリカのドイツ植民地と共有している南アフリカの共通国境の重要性をよく認識していた。ルイ・ボタ首相はロンドンに対して、南アフリカは自衛することができるし、帝国守備隊はフランスに向けて出発することができる、と伝えた。英国政府が、ボタの部隊はドイツ南西アフリカを侵略するかどうかを彼に尋ねたとき、その返答は、可能でありそのつもりであるとのことであった。

>South African troops ~ during the Boer War.
⇒南アフリカの軍隊は、1914年9月上旬にヘンリー・ルキン将軍とマニー・マリッツ中佐の指揮の下、両国の国境に沿って動員された。1914年9月19日、別の部隊がドイツのリューデリッツ港を占領した。連合国防軍司令官である准将クリスチャン・フレデリック・ベイヤーズは、攻撃的な作戦を引き受けるという南アフリカ政府の決定に反対した。彼は1914年9月15日に委員会を辞任して、「戦争がドイツ人の『野蛮さ』に反対して行われているのは悲しい。彼らが『南アフリカ戦争』中に我々の国で犯したすべての蛮行を我々は許したが、忘れてはいない」と書いた。これは「ボーア戦争」中に犯された残虐行為を指していた。

>A nominated senator, ~ Blue Book on the rebellion.
⇒この問題に関する議会で政府への支援を拒否した上院議員コース・ド・ラ・レイ将軍は、みずからベイヤーズに与した。9月15日に彼らは一緒に出発し、ポチェフストロームにいるJCG少佐(ジャン)ケンプを訪問した。彼は、訓練を終えたばかりの大きな装甲部隊と2,000人の兵士を持っていた。その多くは反政府勢力の考えに同情的であると考えられていた。彼らの訪問の目的が何であるかは知られていないが、南アフリカ政府は、反政府勢力に関する政府青書(議会報告書)に述べられているように、反政府勢力を扇動する試みであると信じられた。

>According to General Beyers ~ and his controversial prophecies.
⇒ベイヤーズ将軍によれば、それは、アイルランドの国内法案に関するカラフ事件で2年前に英国で起こったことと同様の政府の行動に対する抗議として、軍を主導する将校の同時辞任の計画について議論するためであった。集会に行く途中、ド・ラ・レイの車がフォスターギャング(一味)を探すために設置された道路区画で、警官によって狙撃された〔要出典〕。ド・ラ・レイは射殺された。しかし、彼の葬儀では、多くの南アフリカ国民党が、それは火に油を注いだ政府の暗殺行為であるという噂を信じて、その状況が続いた。彼らの怒りは、シエナー・ヴァン・レンスバーグと彼の物議を醸す予言によってさらに燃え上がった。
※この段落、よく分かりません。誤訳の節はどうぞ悪しからず。

投稿日時 - 2019-06-02 11:38:04

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-02 21:31:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)