こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

願望から世界を考えるのは欺瞞ではないか?

願望で世界が決まると考えている人がかなりいるように思います。
例えば、「もし神が存在しないとしたら、人々の倫理感は失われ、社会が崩壊する。だから、神は存在する」と述べる人がいます。あるいは似ていますが、「私は死ぬことが不安だったが、神の存在を信じてから、心の平和を得た。だから、神は存在する。」

でも、神が存在するか、しないかは、人間の社会や個人の不安と関係なく、最初から決まっていることであり、その人の願望は関係ないと思います。願望によって、世界が決まることはないと思うのですが、どう思いますか?

投稿日時 - 2019-05-25 23:09:18

QNo.9620056

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

まず、神の存在は証明されていません。
哲学者ニーチェいわく、神とは「弱い人間が作ったもの」と言っている。

近代、現代となり、神の存在に頼らなくても
人間は以前の悲惨な生活はなくなり、それなりの
生活ができるようになりました(ヨーロッパ、アメリカ、日本など)。
だから「神は死んだ」とニーチェは言っている。


では、実際に神がいると仮定して、それを人間が証明できそうなのか?

現代の科学とこれからの科学では
そもそも神の存在というのは証明できないでしょう。
すでに、「真理とは人間の知覚範囲」と哲学者のカントは言っています。
物理学では不確定性原理、
物理的にも観測できない(つまりわからない)という範囲が
わかってしまいました。
数学ではゲーデルの不完全性定理のもと、数学的にも
証明できないものが存在するとわかっています。
つまり、人間が証明できる範囲が理論的に物理的にもすごく狭いんです。
これでは、(全能だと思われる)神の証明なんて、
人間にはムリでしょ。

となると、そもそも「神がいるかいないか」という議論も、
証明できないから意味がない。

だから、神がいるから社会が崩壊しないとか、
神の存在を証明できないので意味がない論理と願望だと思います。

つまり、「神がいて社会秩序が保たれる」ともいえるし、
「神がいなくて社会秩序が保たれる」とも言い切れる。

投稿日時 - 2019-05-30 16:05:12

貴方が聞いた、もし神が存在しないとしたら、人々の倫理感は失われ、社会が崩壊する。だから、神は存在するや、私は死ぬことが不安だったが、神の存在を信じてから、心の平和を得た。だから、神は存在する。と言っている人が現実にいるならそれは、ただのこじつけでしょう。
神の存在の絶対性を表しているわけではないから。

投稿日時 - 2019-05-25 23:28:29

お礼

回答ありがとうございます。例えば神については、あるともないとも言えない。質問文の例をそのまま言う人はあまり多くないかもしれません。しかし、「安心できるから、社会の秩序に必要だから、私は神の存在を信じる。」と言い、神の存在を前提として、話す人は結構いると思いますよ。

投稿日時 - 2019-05-26 12:21:51

あなたにオススメの質問