こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

zunehmend immer mehr

zunehmendも immer mehrと同じような意味で使われるようですが
両者の間に、なにか、意味あるいは使い方の違いはあるのでしょうか。

なにかご存知の方がいらっしゃいましたら、ご助言いただけますと嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-05-24 21:46:14

QNo.9619714

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

immer mehr は副詞句ですが、
zunehmend は動詞 zunehmen の現在分詞なので、
形容詞、副詞両方の使い方があります。形容詞として、

mit zunehmender Geschwindigkeit
加速しながら

のような使い方ができます。
副詞として使う場合、zunehmend 一語を
immer mehr と同義で使うことはできます。

Es verursachte zunehmend Probleme.
Es verursachte immer mehr Probleme.
それはより多くの問題を引き起こした。

zunehmend は書き言葉で多く使うと思います。
上の二つの文に関しては、それ以外に大きな違いはないと考えてよいのですが、
zunehmend は本来「増加して」の意味なので、

Es ist immer mehr zunehmend.
それはいよいよ増加している。

という言い方も可能です。

また、zunehmend は、それ一語で「いよいよ」「ますます」、
あるいは「目に見えて」「明らかに」の意味なのに対し、
immer mehr は、二語合わせて「いよいよ」「ますます」です。
immer のあとには別の形容詞の比較級を置くこともできますが、
zunehmend もあとに形容詞を置くことができます。

immer stärker, zunehmend stärker より強く

形容詞の原級を置いた場合は、immer は「常に」の意味しかないので、
zunehmend+形容詞の原級とは当然意味が違います。

immer gut 常によく
zunehmend gut 前よりよく

また、ややレベルの高い事項になりますが、
zunehmend gut と zunehmend besser はどちらも文法的に正しく、
ニュアンスに若干の違いがあります。
zunehmend gut の場合は、gut ではない状態からだんだん gut になること、
一方 zunehmend besser と言った場合は、
besser の状態が zunehmen(増加)したことになるので、
もともとよくなってきていた状態がさらに先に進んだことを意味します。

投稿日時 - 2019-05-25 21:57:38

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2019-06-01 07:40:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)