こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

戦国時代の医術と武士階級の姿

今、ある戦国時代の小説を読んでいて、ふと疑問に思ったので質問させていただきました。

(1)戦で負傷を負うということも多かったと思いますが、負傷の手当のための薬もあったと思うのですが、外科手術のようなものはあったのでしょうか???仮にあったとしても、相当痛かったと思うのですが、そのことに関する知見などがありましたら教えて下さい。

(2)戦国時代の武士階級というのは、戦のために、一般庶民よりも、今で言う「障がい者」が多かったのではないかと思うのですが、大きな戦の後では、その大名家では、障がい者だらけなんていう現実もあったのでしょうか???

(3)戦傷者が多くなると、当然、戦働きのできる武士の数が減ってくると思うのですが、戦力を保つために武士を補充するようなことは行われていたのでしょうか???また、そのような方策としてはどんなことがあったのでしょうか???負けた方の武士を取り込んでしまうということも考えられるのですが、それにしても、武士の数が絶対的に減ってきませんか???「跡取り息子」で間に合ったのでしょうか???

投稿日時 - 2019-05-24 03:35:10

QNo.9619495

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>負傷の手当のための薬もあったと思うのですが、外科手術のようなものはあったのでしょうか?

傷・内科的な治療は、薬草・漢方薬・民間薬で治していました。
外科的な手術に関しては、どこまでを手術と看做すのかで異なります。
ただ、鉄砲での負傷は「直接、弾丸(玉)を小刀で取り出す」事は行っていた様です。
玉をそのままにすると、周辺から肉が腐りますから・・・。
また、指・腕・足を損傷して治療が難しいと判断すると「切断」した様です。

>大きな戦の後では、その大名家では、障がい者だらけなんていう現実もあったのでしょうか?

先ず、あり得ません。
負傷者の場合は「父に代わって。兄に代わって奉公」が基本です。
名誉の負傷では、奉公は出来ませんよね。
従って、家名存続の為に親族が代わって奉公にでます。

>戦力を保つために武士を補充するようなことは行われていたのでしょうか?

時代によって変わりますが・・・。
関ヶ原・大坂の陣までは、浪人が「一攫千金」を目的に集合していました。
宮本武蔵も、一介の浪人として参戦しています。
大きな戦では、近隣の住民に対して「労働力の提供・徴兵」を命じています。
戦いに素人の住民ですから、足軽戦闘員ですがね。
最期の大規模な徴兵は、幕末の(孝明天皇から国賊・朝敵とされた)天誅組です。
五条代官所を襲撃した後で、十津川住民を強制的に徴兵していますよ。
徴兵・食糧提供を拒否した者・郷士は、弁明の機会も無く問答無用で打ち首になっています。

>「跡取り息子」で間に合ったのでしょうか?

その為に、側室が存在しています。
親族間での養子縁組も盛んに行われています。

投稿日時 - 2019-05-24 22:11:40

補足

皆さん、教科書では学べない貴重なご回答ありがとうございました。参考になりました。

投稿日時 - 2019-05-26 04:08:20

お礼

ありがとうございました。

治療が難しいと判断すると「切断」した様です。……(T_T)(T_T)(T_T)現在のように医療が発達していないのですから悲劇ですよね。

先ず、あり得ません。……他の方のご回答でも、大きな負傷の場合はほとんど亡くなっているようですね。誰が奉公に出るかということではなくて、総体として障がい者が増えたのだろうなぁという疑問でした。

大きな戦では、近隣の住民に対して「労働力の提供・徴兵」を命じています。戦いに素人の住民ですから、足軽戦闘員ですがね。……「徴兵」の実態もあったのですね。兵站を担ったのか???実際に戦闘にも加わったのか???興味深いですね。

その為に、側室が存在しています。……なるほど。単に女好きというだけではなかったのですね。

投稿日時 - 2019-05-26 04:03:36

ANo.3

1
http://igs-kankan.com/article/2018/04/001101/
こんなものがありました。昭和の頃までは、男は痛みに耐えるのが当然だみたいなのがありましたね。戦時中の兵隊さんとかの話で麻酔なしで手術を受けたとかそういうのはザラにありますからね。第二次世界大戦ではアメリカ軍くらいですよ、負傷したらモルヒネをその場で処方されるのはね。

2と3
家康が天下とった時代、福島正則が家康の元に挨拶にいったときに、正則が連れていた家臣は戦傷が原因で足を引きずったりしていたそうです。まあなんというか、昔の言い方でいうとかたわってやつですね。
それを見た家康の近習の若い衆が、クスクス笑ったそうです。正則一行が帰った後、家康は実戦経験豊富な人ですから、近習たちにあの者は戦場で勇敢に戦ったからああなったのだ、お前たちは戦場に行ったこともないくせにその態度はなんだとたいそうお怒りになったという話が残っています。もうその頃には、家康の近習には「戦争を知らない子供たち」がいたんですね。

戦国時代に残された手紙に、戦場の指揮官から他の城の武将に宛てたもので「ナントカ城に出兵しているけれど、戦いがあって負傷者が出ました」と書いたものがあるんですね。私はこの「負傷者が出ました」という部分に注目していて、わざわざ一軍の将が負傷者も報告しているくらいなのでそうそう戦死者ってのはでなかったのではないかなと推測しています。よく大河ドラマや映画で合戦の後に死者が累々と横たわっているというのがありますが、ああいうのはそうそう滅多になかったと思います。実際の出兵のほとんどは、相手の城を取り囲んで、村を燃やして田畑を刈り取って帰るってパターンなんですよ。決戦なんて滅多なことでは起きません。
当時の合戦というのは、ガチめのスポーツ大会か暴走族同士あるいは暴力団の抗争だったと思います。

投稿日時 - 2019-05-24 12:23:12

補足

皆さん、教科書では学べない貴重なご回答ありがとうございました。参考になりました。

投稿日時 - 2019-05-26 04:08:03

お礼

ありがとうございました。

http://ig……いつも興味深い資料を提供していただきありがとうございます。

戦時中の兵隊さんとかの話で麻酔なしで手術を受けたとかそういうのはザラにありますからね。……戦争経験が無くて本当に幸せを感じます。

「戦争を知らない子供たち」がいたんですね。……長く平和が続いたというのは大変有り難いことですが、私もそうですが、「戦争を知らない人間たち」ばかりになってしまいましたね。戦争の歴史から何を学ぶべきなのだろうかと考えさせられます。

よく大河ドラマや映画で合戦の後に死者が累々と横たわっているというのがありますが、ああいうのはそうそう滅多になかったと思います。……刷り込まれたイメージというのが固定してしまっています。(T_T)(T_T)(T_T)

投稿日時 - 2019-05-26 04:05:10

ANo.2

負傷したらある程度の治療はしますが、漢方薬や薬草しかないご時世です。栄養を取るにも動物タンパクが不足しています。

まず大怪我ならば外科手術も輸血もないのでそのまま死亡します。傷が化膿してしばらくしてからなくなるケースも多いでしょう。

五体満足でなければ武士として仕えられませんから、病気や怪我では引退でしょう。家督を子に譲っていたと思えますので、息子がいなければ養子も必要、いつ死んでもいい用意はしています。

障害者がそのまま居残るとは思えません。映画にもなった「武士の一分」では盲目のまま生きながらえましたが、さぞかし罪悪感を抱いたと思われます。自分の存在に無意味さを感じたら自害しているところです。

投稿日時 - 2019-05-24 08:43:34

補足

皆さん、教科書では学べない貴重なご回答ありがとうございました。参考になりました。

投稿日時 - 2019-05-26 04:07:45

お礼

ありがとうございました。

傷が化膿してしばらくしてからなくなるケースも多いでしょう。……戦場で死ぬというよりは、
戦後に亡くなるケースのほうが多かったのかも知れませんね。

いつ死んでもいい用意はしています。……武士の心構えというところでしょうか。

「武士の一分」では盲目のまま生きながらえましたが、さぞかし罪悪感を抱いたと思われます。自分の存在に無意味さを感じたら自害しているところです。……確かに、そんな場面はありましたね。相手役の坂東三津五郎でしたっけ???切腹してますよね。

投稿日時 - 2019-05-26 04:01:49

ANo.1

(1)山内一豊とか島津義弘が自ら部下の治療をしたとか、傷を縫う逸話は戦国時代に出てきますよね。中国から僧や書物は伝わるわけですし、傷を縫うという知見はあったでしょう。あとは止血のために焼くというのもあったでしょうが、動脈結紮やそれ以上のことは江戸時代にならないと出来ないと思います。麻酔に対する知識は華岡流までありませんので、酒を飲ますしかありません。
(2)もちろんあったでしょうが、戦国時代は抗生物質がありませんので深手を負うと多くは破傷風等でなくなっています。井伊直政など腕に銃弾をくらったので普通に考えれば身体障害者ですが結局二年後に死亡してますし。
(3)跡取り息子が立てられなければ養子をとってでも男子を維持せざるをえません、あるいは主家から養子をねじ込まれます。とにかく縁者の子をもらってきて養子(庶子)にし、男子の数を維持します。
武士の数の減少ですが、戦国時代なのでそもそも身分が固定じゃないです。逃散した逃亡農民があちこち渡り歩いたりその辺の山で山賊をしてます。ですので徴募すればそういった人材を集めることはできるので、数だけなら武士というか戦闘員の確保はされるでしょう。

投稿日時 - 2019-05-24 04:11:30

補足

皆さん、教科書では学べない貴重なご回答ありがとうございました。参考になりました。

投稿日時 - 2019-05-26 04:07:27

お礼

ありがとうございました。

酒を飲ますしかありません。……そして縛り付けたのでしょうね。それにしても痛かっただろうと。

深手を負うと多くは破傷風等でなくなっています。……なるほど、重傷者は生きていられなかったということですね。

戦国時代なのでそもそも身分が固定じゃないです。……そうでしたか。柔軟に考える必要がありそうですね。

投稿日時 - 2019-05-26 04:00:03

あなたにオススメの質問