こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

何故世界はトランプに従わないとダメなんですか?

何故世界はトランプに従わないとダメなんですか?

投稿日時 - 2019-05-23 19:59:54

QNo.9619373

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

アメリカが覇権国家で世界を牛耳っているから。

投稿日時 - 2019-05-24 17:35:46

お礼

その通りですよね!
それが中国の台頭で立場が揺るがされて来てるので、焦りが露骨に表面化して来たという事ですね。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-24 19:03:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

>幕末に4隻の黒舟に嚇かされ、不利な通商条約を結ばされました。
>太平洋戦争では東京を始めとする日本の主要都市にB 29爆撃機により焼夷弾を落とされ焦土と化した日本、
>更にとどめとばかりに長崎・広島に原爆を投下
>アメリカは世界一野蛮な国です!

そう思っていた時期が私にもありましたが、歴史を紐解くと、日米関係が良好なときのほうが日本は豊かで平和だったんですよ。
日露戦争が終わった辺りから昭和初期頃まで、日米関係は良好でした。日本は石油のほとんど、くず鉄の100%をアメリカから輸入していて、映画などの文化も多くやってきました。世界の喜劇王チャップリンが来日したこともありますし、ベーブ・ルースを始めとしたメジャーリーガーが来日したこともありました。特にメジャーリーガーは凄くて、ほぼ当時の全米オールスターに近いメンツです。それが船に乗ってはるばる太平洋を渡ってきたのですから、よく当時のメジャーもそれを認めたなと思います。
そしてその時期が、戦前の日本の一番豊かな時期でもあったのです。
戦後の日米関係はご存知の通りで、日本は奇跡的な復興を遂げました。

日本はアメリカの属国と揶揄されることもありますが、経済的には、属国であったほうが国民は豊かで平和に暮らせるというのは事実としてあります。

アメリカが嫌いでも、一度でいいからアメリカに観光に行くことをお勧めしますよ。あの国のスケール感を目の当たりにすると、この国と100回戦争しても勝てるわけがないと痛感します。シボレーサバーバンというバカでっけえ車があるんですけど、アメリカで見ると普通の大きさに見えますからね。トレーラーなんて「節子、これ車やない。機関車や」って思いますもん。
大学が平屋建てだから、正面だけ見て「しょぼい大学だな」なんて思っていると、どこまでもどこまでも建物が奥まであって「どんだけ広いねん」と思いますし、その隣にあるフットボール場は芝生のフットボール場がフツーに2面くらいあるし。小さな大学でも図書館はびっくりするほど広くて蔵書も山ほどあるし。
そいでもってゲットーなんて想像を絶するようなヤバい雰囲気の黒人さんが山のようにいて、そいつらが血走った目でこっちを睨みつけてきますからね。なんもかもスケールが違う。

投稿日時 - 2019-05-24 20:15:53

ANo.11

>アメリカ大嫌い!!

そうですよねえ。。。私のアメリカの友人たちは移民か移民が多い職場で働いてる人達なのでトランプ大キライだし、排他的な考えも大キライな人ばかりな人ばかりですが。まさにアメリカと世界を分断させる大統領です。
安倍さんは国益のためにトランプに反対しないでうまくやろうとしてるようですが、国民としてはちょっと恥ずかしい。

投稿日時 - 2019-05-24 13:48:20

お礼

回答ありがとうございます!
幕末に4隻の黒舟に嚇かされ、不利な通商条約を結ばされました。
太平洋戦争では東京を始めとする日本の主要都市にB 29爆撃機により焼夷弾を落とされ焦土と化した日本、
更にとどめとばかりに長崎・広島に原爆を投下
アメリカは世界一野蛮な国です!
アメリカに媚びる事で生き延びられると勘違いする日本は、まるで暴力団にみかじめ料を払わされてる、水商売のお店と変わりありません!
恥ずかしいです。
そもそもアメリカは移民で成立してる国なのに、白人至上主義がのさばり有色人種をマイノリティと激しく差別しており、どこが民主主義国家なのか?
どこが自由主義国家なのか?
ふざけないでよ!!
アメリカ↓ トランプ↓

投稿日時 - 2019-05-24 15:43:47

ANo.10

従ったほうが利益になると思うところは従う。
そうでないところは従わない。
安倍は 貿易不均衡でと言われたからと言い訳に使えるから従っているように見せているだけ。そうすれば 〇〇〇億円の軍備費を使うことができるから。
その何パーセントかは トランプと安倍の懐に入る仕組みになっているという とてもおいしいお話なのです。

投稿日時 - 2019-05-24 11:10:50

お礼

回答ありがとうございます。
お尋ね致します!
推測ですか?
事実ですか?

投稿日時 - 2019-05-24 15:25:39

ANo.9

アメリカ国内以外で従っている国などはありません。
トラブルを回避する為に予防線を張っている企業は多いですけど中国に対する対応はアメリカ国内からも批判が多く出ています。
簡単に言うとトランプ大統領がアメリカ国民や世界中を自分に従わそうと強気で色々画策していると言う状況です。
正にリアルジャイアンって感じですね。

投稿日時 - 2019-05-24 09:09:13

お礼

回答ありがとうございます。
気違いに刃物という言葉がありますが、まさにトランプに権力ですね!

投稿日時 - 2019-05-24 10:40:27

ANo.8

世界はトランプに従ってなどいません

投稿日時 - 2019-05-24 09:08:18

お礼

確かに従ってはいない国もありますが、少なからず影響は及んでいる事と思います。
回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-05-24 10:38:03

ANo.7

Huaweiに関して言うと、トランプは絡め手で日本や米国内外の企業がHuaweiと取引停止せざるを得ないようにしています。
Googleの様なアメリカ企業は政府の許可なくHuaweiと取引することを禁じられ、許可が降りる可能性は無いと言われています。日本企業などはHuaweiと取引するのは勝手ですが、その企業はアメリカ企業と取引できなくなります。英国のARM社はHUAWEIがスマホの心臓部であるSOCを開発するための基本的な特許のライセンスを行っているのですが、その一部にアメリカの特許を使ってライセンスを受けているため、HUAWEIとの取引を停止せざるを得ませんでした。
こうなるともはやまともなスマホは作れず日本のキャリアも販売停止せざるを得ません。無理して継続してもユーザーに迷惑かけえる上、アメリカとビジネスできなくなる。
恐ろしい話です。Toyotaみたいな企業がアメリカの技術をはるかに凌駕したら対象になったって不思議じゃないってことです。
ちなみにイランの石油輸入禁止も同じような構造。制裁発動はアメリカ単独ですが、イランから石油を輸入した企業のみならず決済に関わった銀行までアメリカで事業ができなくなる。これに反発したEUしは、アメリカと関わらない銀行を作ってイランからの石油輸入を助けようとしました。しかしながらなんらかのビジネス上の制裁を恐れた民間企業が輸入に踏み込めず今のところ利用されていないようです。
確かに国家間で結束すべきですがHuaweiに関してはGAFAや ARMなども結束すべき。彼らが従わなかったら世の中ひっくり返るくらいのことが起こります。それと大統領令止められるのはアメリカと議会なのでアメリカ人も責められるべき。メキシコとの国境の壁建設に関しては憲法違反を盾に大統領礼を出させませんでした。今回の件はアメリカ国内でも反発はあっても、それなりに指示してる人が多いようです。

投稿日時 - 2019-05-24 08:37:55

お礼

詳しい解説頂きましてありがとうございます!
しかしトランプのやってることは、暴力団の脅迫以上の卑劣極まりない行為ですね!
アメリカは最早自由主義国家の旗を自ら降ろしてしまいましたね。
こんな事がまかり通るなんて。。。
今私は声を大にして叫びたい
アメリカ大嫌い!!

投稿日時 - 2019-05-24 10:33:34

ANo.6

どこぞでブログへかけ とか言われてしまったが
>>トランプに従わない
正確には従ってはいません
まずトランプ氏の頭の中は 60年代から70年代のアメリカ人です
日本で言えば バブル期どんどん という頭の持ち主です

幸運にもトランプ政権設立時にシェールオイルが自国内で生成できるようになったので
現在のアメリカはほかの国に頼らなくても自国ですべて賄えるようになってしまった

そこでイケイケどんどんになってるわけです

大混乱は起きるでしょう
前回は 世界恐慌→世界大戦 という流れになるかは不明です

もしトランプが次期選挙で落ちても イケイケどんどんは
収まらない可能性はあります

日本はどうなるかというと
固体電池という切り札
日本経済神話(戦争になろうとすると日本株や国債が売れる)
短期的には良い方向ですが 中国が倒れると 影響は測りしえないでしょう

投稿日時 - 2019-05-24 03:55:38

ANo.5

 米国と距離を置く外交を続けていると、突然、戦争に巻き込まれる事があって、要するに謀略ですけどね。だから、怖がる国が多いのです。米国と貿易関係を結んでいる国は、貿易関係が破綻して経済的な損失を受けるのを恐れて、トランプ外交に従っている国が多いようですね。

 トランプが中国バッシングをやっているのは、中国が米国のハイテク技術を盗み出して自国技術の向上に使うのをやめないので、それが米国の国益に反すると判断したのが原因でしょうね。中国が技術開発投資に使っているお金が大きいので、米国企業が追い抜かれる危険があるのを警戒しているのだと思います。

 俗に言うブロック経済に陥りかけているわけですが、太陽活動の低迷が続いて、小氷期に入ったのが原因のようで、米国の政策も自然現象には逆らえないようです。日本バッシングになる前の前段階で、取引相手国を叩いてから日本を叩こうと考えているように思えます。

 トランプ大統領は現実的な人なのだそうで、優柔不断な人と考えた方が良いかもしれませんね。ハイテク産業から中国脅威論が強くなっているので、中国との貿易関係を見直しているのだと思います。

投稿日時 - 2019-05-23 23:22:20

お礼

他国のハイテクノロジーを盗むということは、いまに始まったことではなくアメリカだって軍事・産業スパイを他国に潜り込ませてるでしょう!
日本国内の企業間同士でも産業スパイは暗躍してます。
例えば第3のビールやノンアルコールビールの発売はほぼ各社同時であったり、自動車技術やデザインでも似たような車種がほぼ同時期に発売されたりしております。
裏で違法な談合が無ければ、産業スパイが暗躍している証拠ではないでしょうか。
日本は明治以降多くの近代的産業技術が西欧からもたらされ、それを真似そして日本流に進化させて、自動車産業を筆頭に各産業も世界にひけを取らない国へと発展致しました。
他国の先進的な技術を学んだのです!
当時の欧米各国の寛容さが無ければ、今の工業国家日本は成立してないでしょう。
それは農業技術でも古く大陸から稲作文化が日本に伝えられています。
そして現在日本は途上国に農業技術支援を行ってます。
アメリカのトランプ政権の様に何でもかんでも世界で一番で無ければ気が済まない。
これって危険な思想ですね!
世界が平和で豊かになれば、人類にとって幸福なのですから。。。
自分さえ良ければ他人はどうでも良いという利己主義は、いつの日か必ず排斥される運命にあると私は信じております!
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-24 10:09:44

ANo.4

アメリカは、地球上の、自由と平和を求めるための、警察の役割を行っています。
それ以外に、アメリカは、世界中から、いろんなものを買っています。
つまりお客様なのです。

この二つのこと、どちらかに、依存しているために、トランプさんに従っているのです。

今回の原因は、中国にあります。
中国は、軍事的に、経済的に、世界侵略を目指しています。
それを阻止するために、代表として戦っているのです。

私たちの、平和のために戦ってくれているのが、トランプなのですが、
そのせいで、経済的に損をする人々がいますが、仕方がないのかもしれません。

投稿日時 - 2019-05-23 21:51:00

お礼

回答ありがとうございます。
>アメリカは地球上の自由と平和を守るための警察の役割を行っています。
果たしてそうでしょうか?
宗教・国家の政治制度・慣習などなど、それぞれの国々にはそれぞれの歴史的背景があります。
米国人と物の価値観や宗教や制度の違いがあって当然だと思いますが、何かあると難癖を付けて軍事介入に踏み切り、その国を破壊して残された現地で宗教対立や民族対立が残り政情不安が常となり、被害を被ってるのはその国の民衆です。
イラクに大量破壊兵器があるとのCIA の嘘情報を利用してイラクを破壊した結果、イスラム国などのテロ集団が起こり隣国シリアを巻き込み一大紛争地域になってしまいました。
リビアもそうです。
アメリカがカダフィ政権を倒した後、内線状態です。
実はアメリカは世界をアメリカナイズさせようとして、紛争の種がある地域があると時には政権側に時には反政府組織に資金や兵器を援助して
アメリカ側に着く傀儡政権を誕生させようと企んでいる事は、過去の地域紛争を振り返ると事の真実が明らかになっております!
仮に中国が政治・軍事・経済に於いて世界制覇を企んでいたとしても、それはアメリカにとって代わろうとする野望なので、別に不思議ではありません!
むしろそんな中国と良好な関係を結ぶ事の方が懸命だと私は思います。
現在の中国は、かっての共産党による社会主義国家でしたが、今や経済は自由主義経済志向なので、他国を無闇に侵略して属国にしても世界から非難を浴び、結果損得勘定を計算すると得は少ないと思います。

投稿日時 - 2019-05-24 09:28:13

ANo.3

のび太がジャイアンに従うのと同じようなものです。
そして、この世界にはドラえもんが居ません。

投稿日時 - 2019-05-23 20:23:30

お礼

各国首脳が知恵を出し合い協力して、今こそジャイアンの恐怖外交に終止符を打たせる時に来てると思います。
回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2019-05-23 21:36:40

米国の白人層には、すべてに於いて米国は世界一という信念が強くあります。
トランブ大統領も支持層からの熱烈な期待に支えられているのです。
米国は常に世界制覇をする国という考え方から、トランプ氏は、政治、経済、軍事、科学技術など、
あらゆる面で世界制覇の意欲が強大で、これに逆らう国は最悪、軍事攻撃さえ覚悟しなければなりません。
現に、米中間の緊張は高まるばかりで、一触即発の事態さえ想定されるのです。

投稿日時 - 2019-05-23 20:20:06

お礼

アメリカの軍事力がいくら強大と自負してても、中国には核弾頭搭載の大陸間弾道ミサイルが有り、照準はワシントンに合わせて有りますよね!
ロシアも同様です!
日本の米軍基地も標的でしょう!
これほど科学が進歩した世の中と世界経済の相互依存性を考えると、アメリカファーストなどと前時代的発想は脳に悪い寄生虫が宿ってるとしか思えません。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-23 21:33:06

そんな国際ルールはありません

投稿日時 - 2019-05-23 20:14:51

お礼

確かに国際ルールは無くても、現にファーウェイと取引関係のあるパナソニックなどの日本の企業は、トランプの意向に従う旨の発表を行っております。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-23 21:21:37

あなたにオススメの質問