こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

定年後の再就職について

来年、定年(60才)になります。今は就業中ですが、定年後の転職活動を始めるつもりでいます。就業中の仕事も継続できますが、違う分野での転職を考えています。
今、頭の中では、来年の転職先の内定を早く決めたいという思いがあります。
今は、人材不足で採用されやすのではないかと思いますが、どうでしょうか?

投稿日時 - 2019-05-23 08:53:55

QNo.9619210

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

〉今は、人材不足で採用されやすのではないか

事務職、総務、並みの管理職などは、バブル崩壊後並みに求人は少ないです。
逆に、介護や輸送などの肉体労働、技術者、接客などはご質問のように人手不足です。

今の職種を離れ、どこに就職しようとするかで大きく違うのではないでしょうか。

投稿日時 - 2019-05-24 16:34:57

ANo.7

>今は、人材不足で採用されやすのではないかと

思い違いも甚だしいですね。

企業が求めている人材(採用されやすい)は20代~30代の若い人材だけです。

40代以上に付いては非常に高度な特殊技術や専門的な技能や能力を備えた極々一部の限られた人だけになります。

50代~60代の人材を求めている会社など皆無に等しいです。
その年齢の人材を求めている業種が無いわけではありませんが、危険キツイ汚いの3K職場か或いは労基法無視の不当労働条件と低賃金の職場だけです。

今の仕事を継続できるなら現職場での継続雇用をお勧めいたします。
もし転職できたとしても絶対に現状以上の条件で働ける就職口は絶対に無いと断言しておきましょう。
(貴方がずば抜けた技能や技術などの特別スキルを身に付けていなければです)

投稿日時 - 2019-05-23 13:43:51

ANo.6

多いのはやはりサービス業でしょう。もちろん、健康であることが第一条件で、通院中で頻繁に休まなければならなかったり、体に故障を抱えているような人は難しいです。定年退職者、特に男性の場合は元管理職だったりした人など妙なプライドを持っている人も多いので、自分の子供くらいの歳の人の言うことにおとなしく従えるかも重要です。

投稿日時 - 2019-05-23 10:45:14

ANo.5

確かに人材不足であるが、やはり適正、作業能力、を求められるので、延長雇用が無難です。
派遣・単発・アルバイトでは需要はありますが。

投稿日時 - 2019-05-23 10:24:27

ANo.4

〉人材不足で採用されやすのではないかと思いますが、どうでしょうか?
年々増加傾向にあります
平成30年の定年(60歳)後の再就職率は13%を超えています。
(継続雇用を希望され雇用された人は82.1%)

投稿日時 - 2019-05-23 09:16:11

ANo.3

今の仕事を継続雇用した貰う方が良いです。
60歳での就活は厳しいです。

投稿日時 - 2019-05-23 09:10:54

ANo.2

   東京は圧倒的に仕事の種類も多いです
  他の地域差が有りますが仕事は有ります
  何でもやるとかよりはお仕事を決めて10社から
  選ぶつもりでとか 参考まで

投稿日時 - 2019-05-23 09:05:08

ANo.1

業種や職種によります。
3Kは採用されやすいですが、高齢の方には体力的に厳しいので無理かもしれません。

投稿日時 - 2019-05-23 09:00:03

あなたにオススメの質問