こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

最高裁平成1年1月1日判決と最判平成1年1月1日

最高裁判例の呼び方ですが、
「最高裁平成1年1月1日判決」と「最判平成1年1月1日」とは、同じでしょうか?
どちらが良いとか、ありますか?

投稿日時 - 2019-05-13 11:39:31

QNo.9616146

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

意味としては同じですからどちらでもいいですが,最判は最高裁判決を省略した言い方です。書ける文字数に余裕があるのなら最高裁平成1年1月1日判決の方がいいのではないですか。
なお,平成1年1月1日という日付はありませんので実際にはあり得ない表記だということはわかっていますよね。平成元年は1月8日からです。

投稿日時 - 2019-05-13 12:24:13

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

最決・・・最高裁判所が出した決定
最判・・・最高裁判所が出した判決

これじゃ足りない回答ですが

判決・・・重要な中身の実質的判断を
     法律で定めた手続を経てくだされる裁判所の判断
        ↓
     法律で定めた手続きを経て

決定・・・手続的なことや比較的軽微な中身について
     簡易な手続でくだされる裁判所の判断
        ↓
     簡易な手続き

まだ足りないか?

判決・・・口頭弁論に基づく
決定・・・口頭弁論を経ないで


口頭弁論とは?


質問者様が、僕を訴えた・・・このとき
お互いの主張を 証拠 に基づいて
立証していく、こと。

所詮裁判は、自分に有利な証拠の多い方が真実。
僕も、質問者様も
自分に有利な証拠を出し、それをみんなで考える。

簡単には、これが裁判、と思いますが
この場合は、時間がかかります。

なので

口頭弁論を必要としない 決定 という形式の裁判が
認められています。

最後に
判決・決定・命令・・・この3つ。
命令だけが、ちょっと違います。

今回のご質問
この3つを鑑みれば、難しく考えなくても
わかります。 

投稿日時 - 2019-05-13 12:21:46

あなたにオススメの質問