こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

活性酸素による生体内標的分子

「活性酸素、フリーラジカルによる生体内標的分子としては、脂質、核酸、蛋白質などが重要である。」とはどういう意味でしょうか?

過剰に発生した活性酸素が脂質や、核酸、蛋白質等の生体内分子を標的にして酸化させるという意味でしょうか?この文の重要とは一体何なのか分からず理解できません。

投稿日時 - 2019-05-11 11:57:56

QNo.9615523

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

活性酸素、フリーラジカルによる生体内標的分子としては、脂質、核酸、蛋白質などが重要である。

確かに教科書などに書いてある文章としては拙い,中途半端でいい加減な文面ですね。この一文でいろいろな言葉を省略してなんとなく伝えてる感じです。
要するに,活性酸素やフリーラジカルが体,細胞に悪影響を与えることが知られているが,その標的分子ってのは脂質や核酸やタンパク質です。そしてそれらは悪影響も,その原因も今も継続的に研究されていて重要な知見です。と,正直これでもまたあやふや。要するにかき出すとメチャメチャ多くなる。脂質の例としてはオルガネラの膜などがありミトコンドリアがダメージを受ければその細胞は死んでしまうので,定期的に分解を繰り返しているということが分かっていますし,フリーラジカルで核酸がダメージをうければ,それが染色体のDNAであれば遺伝情報に傷が付くことになるので,修復機構が働きますが,それでも修復できなければ,癌化したり細胞が死んでしまったりします。
このような重要な発見を含んでいる内容だということなのですが,書いた人が悪いですね。

投稿日時 - 2019-05-11 16:04:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問